人と会社・企業

中小企業金融円滑化法案が閣議決定

政府は30日、中小・零細企業や個人が抱える借入金の返済を猶予しやすくする「中小企業金融円滑化法案」を閣議決定し、国会に提出しました(日本経済新聞 2009年10月31日)。
政府は公的保証制度の拡充や不良債権の基準緩和などとあわせて、中小企業や個人の資金繰りを総合的に支援します。
同法案は2011年3月までの時限措置とするようです。
本制度では、貸し手の対象となる銀行や信用金庫などの預金取扱金融機関に対して、借り手から要請があればできるだけ条件変更に応じる「努力義務」を課しています。
返済猶予にとどまらず金利の減免や返済期限の延長、債権放棄など幅広い条件変更を促すというものです。
金融機関には、条件変更に応じた金額や件数を定期的に開示させ、虚偽の報告には1年以下の懲役か300万円以下の罰金を科す模様です。
また、金融機関が返済猶予に応じる際、政府が融資額の4割を保証する「条件変更対応保証」(同)を新設します。
新制度の条件変更対応保証は、公的融資や保証協会の保証を受けていない中小企業に対する返済猶予が対象で、政府が4割、金融機関が6割を保証するというものです。
なお、政府は、通常の保証の場合が8割、金融危機対策として昨年10月から行われている「緊急保証制度」では全額を保証しています。
新制度では返済猶予にも同様の負担率を適用すると国民負担が増えることから、4割の負担にとどめたようです。
保証期間は3年で、数千億円の保証枠を用意する模様です。
本制度についてはまだまだ整備すべき点があると思いますが、有益に機能することを願っています。
本制度を活用したいと思っている企業は、資金繰りが厳しい企業です。
赤字が連続し、通常の融資ではもはや借入が困難な企業も少なくないでしょう。
ところが、財務状況が厳しい企業ほど借入には苦労します(金利や返済期間などの条件面も含めて)。
政府が全額保証する緊急保証制度でさえも、金融機関は簡単に(無条件で)貸してくれる訳ではありません。
ですから、企業側には制度を活用することが単なる延命策ではなく、将来に繋がることを示す必要があります。
つまり、日頃の業務や経営状況を見直し、この危機を乗り越えれば業績が向上するという経営計画を構築することです。
またそれは企業の社会的責任(CSR)でもあります。
なぜなら、私たち国民の税金が保証で使われるからです。
大丈夫でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
  2. 江崎書店さん、戸田書店さんでは第1位、谷島屋さんでは第4位に
  3. いい会社にしていくために・・・『人を大切に~』が第2位にランクイン
  4. 静岡新聞「今週のベストセラー」で第1位に
  5. トーハンさんの各地区で「突出して売れている本」の特集で第3位に

関連記事

  1. 人と会社・企業

    政府が子育て支援を強化

    厚生労働省は子育て世代の支援を強化します(日本経済新聞 2009年4月…

  2. 人と会社・企業

    債務返済猶予制度について

    政府が検討している『債務返済猶予制度』について今日も動きがありました。…

  3. 人と会社・企業

    経営理念・社是が社員さんのために機能していますか

    いい会社はあるべき姿や目的を常に明確にして行動するいい会社では…

  4. 人と会社・企業

    会社員の仕事観

    人材紹介大手のインテリジェンスが30日発表したアンケート調査結果により…

  5. 人と会社・企業

    イオンの業績回復

    大手企業の業績回復が目立った2010年早いもので新年も1週間が…

  6. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました

    大館駅についてから感動したふたつのこと本日、大館市の福原淳嗣市…

2009年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    谷島屋書店さんの今週の総合ランキングで第1位に掲載されました
  2. 人と会社・企業

    江崎書店さん、戸田書店さんでは第1位、谷島屋さんでは第4位に
  3. 人と会社・企業

    『人を大切~』が静岡新聞で第1位に!陸王もランクイン
  4. 人と会社・企業

    『人を大切にする~』が谷島屋書店さんの総合ランキングで第2位に
  5. 人と会社・企業

    ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
PAGE TOP