社会(政治・経済等)

東海の法人企業景気予測調査

東海財務局が19日発表した2010年1~3月期の法人企業景気予測調査によると、全産業の景況判断指数はマイナス14.6となり、2009年10~12月期に比べてマイナス幅が3.2ポイント拡大しました(日本経済新聞 2010年3月22日)。
悪化は1年ぶりのこととなります。
調査は中部4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の1459社に実施し、回答率は83.8%となります。
景況判断指数(BSI)とは、景況感が「上昇」と答えた企業の割合から「下降」を引いた値のことです。
マイナス幅が拡大したのは自動車の生産回復が一服したことが要因です。
また、調査時点が2月25日であることも着目すべきです。
これは、トヨタ自動車の品質問題に関する米公聴会直後だったため、景気への影響を懸念する見方も反映されたということが考えられるからです。
ちなみに、4~6月期の全産業の見通しはマイナス14.6となり、横ばいとみる企業が多くみられました。
企業規模別では大企業がマイナス1.5(前回は4.9)となり、3期ぶりにマイナスに転じました。
中小企業もマイナス27.1(同マイナス24.8)とマイナス幅が拡大した格好になります。
業種別では製造業がマイナス1.3(同3.9)と3期ぶりのマイナス、非製造業でもマイナス23.0(同マイナス21.0)といずれも悪化しました。
山崎穣一局長は「景気は、着実に持ち直している面と自立性が弱くて失業率など厳しい面との両面がある」との認識を示しています。
先行きについては「トヨタの品質問題の影響を注視する必要がある」と話しました。
なお、政府は15日に3月の月例経済報告を発表していますが、景気の基調判断は「着実に持ち直してきている」とし、昨年7月以来8カ月ぶりに上方修正しました(日本経済新聞 2010年3月15日)。
この結果と対照的な点は着目すべきです。
個別項目で上方修正したのは個人消費、企業収益、設備投資、住宅建設、雇用情勢の5つですが、特に企業収益は「改善している」とし、半年ぶりに上方修正しているのです。
冒頭の法人企業景気予測調査とは大分意味合いが異なります。
政府と地域の企業の判断にこのような差が生じていることは大変興味深いです。
大丈夫でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
  2. 『人を大切にする~』が谷島屋書店さんの総合ランキングで第2位に
  3. 未来工業 山田雅裕社長をお招きして3
  4. 出版記念講演会にご参会いただきまして誠にありがとうございました
  5. 静岡新聞「今週のベストセラー」で第1位に

関連記事

  1. 社会(政治・経済等)

    放送業界の状況

    日本テレビ放送網はJリーグ2部のサッカーチーム、東京ヴェルディの経営か…

  2. 人と会社・企業

    今の若者は・・・と嘆く前に私たちがすべきこと

    パソコンや携帯電話、カーナビの普及で人は考えなくなった今の世の…

  3. 社会(政治・経済等)

    3地域で景気判断の引き下げ

    日銀は15日の全国支店長会議で、10月の地域経済報告(さくらリポート)…

  4. 社会(政治・経済等)

    雇用情勢とボーナス

    さあ7月に入りました。早いもので、今年もあと半年です。生産に持ち直…

  5. 社会(政治・経済等)

    街角景気が改善

    内閣府が12日発表した12月の景気ウオッチャー調査によりますと、街角の…

  6. 人と会社・企業

    2017年も支援先の業績向上と社員さんの幸せを実感。ありがとうございました。

    2017年はとてもいい年だったと言えますよう今日は大晦日です。…

2010年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    トーハンさんの各地区で「突出して売れている本」の特集で第3位に
  2. 人と会社・企業

    ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
  3. 人と会社・企業

    出版記念講演会にご参会いただきまして誠にありがとうございました
  4. 人と会社・企業

    谷島屋書店さんの今週の総合ランキングで第1位に掲載されました
  5. 人と会社・企業

    『人を大切~』が静岡新聞で第1位に!陸王もランクイン
PAGE TOP