未来工業山田雅裕社長をお招きしての講演会

人と会社・企業

未来工業 山田雅裕社長をお招きして3

10月下旬はある企業さんの講演会で未来工業の山田雅裕社長をお招きしました。

(一般企業内部の講演会のため具体的な企業名や日時はお話できないことをご了承ください。)

昨年に続いて静岡県に講演に来ていただきました。

会場には500名近い社員さんが集まり、大変な熱気の中で講演がスタートしました。

今回も雅裕社長のお話は痛快で、話し方がますます山田昭男相談役になっていました。

「みなさんホワイト企業と褒めてくれているが、うちはそれを目的に経営したことはありません。はっきり言うと、儲かるためにやっています。」

会場からどっと笑いが漏れます。

「儲かるためには、社員が100%の力を発揮してもらわないとなりません。そのためには、社員を大切にすることがいちばんだと気付きました。」

まさに人を大切にするいい会社の本質です。

「残業禁止となってますが、忙しい時はバリバリ残業しています。だから残業を全くしないと思われると困ってしまいます。」

またもやどっと笑いが漏れます。

「ただし、昼間に力を抜いている人が残業することは一切禁止しています。」

まさに働き方の本質です。

雅裕社長はこうも言います。

「うちの会社は問題山積です」

会場にいた多くの方が「あれ?」と思われたことでしょう。

一般の方は、いい会社には問題点がないと思い込んでいます。

多くの方がいい会社は問題点がないと思い込んでいます。

それゆえ「現実は逆です」というと驚かれると思います。

いい会社こそ常に問題点が出てくるのです。

なぜなら、問題点を積極的に見つけてカイゼンすることがいい会社になるための最も原理・原則となるやり方だからです。

未来工業さんの提案制度はそのためのツールです。

社是の「常に考える」の元となるのは「なぜ?なぜ?なぜ?」と問題点を見つけることなのです。

問題点がカイゼンされた時、確実にいい会社になっています。

その総和こそが会社の成長です。

社員さんにとっては、「自分の提案が職場環境や仕事の質を高めたという自負」がやる気に繋がるのです。

会社から手をさしのべられるだけではやりがいも仕事の質も高まりきらないのです。

未来工業の社員さんは、やりがいといい会社の実現を求めて自主的に問題点を見つけています。

だから、問題点がたくさんでてくるのです。

いい会社づくりのためにぜひ常識を疑いひっくり返しましょう(逆転の発想)

一般の会社では、問題点は「見て見ぬふり」をされてしまうことが多いです。

そういった会社では、報告・連絡・相談も強制的で、上司は「部下が報連相することは常識だ」と思い込んでいます。

そして上司は部下が行う報連相に完璧を求めてしまいます。

報連相の時に、上司が部下・後輩に対して怒ってしまっているシーンにもよく出くわします。

果たしてそのような状況で、現場から真の問題点が出てくるでしょうか?

部下・後輩も人間ですから怒られたくない気持ちが働きます。

ごまかすのは当然です。

「見て見ぬふり」をすることが自分の防衛手段なのです。

本当に多くの会社でこのような状態に陥っています。

そもそも何のために報連相するのか目的を明確になっていないのです。

報連相は、より良い仕事をお客様に提供するためにいい点と問題点を吸い上げる手段なのです。

「BAD NEWS FIRST!」が機能する組織にこそ明るい将来がつくれるのです。

なお、未来工業さんは強制的な報連相は一切禁止です。

本質的な問題を吸い上げるための自主的な雑談、コミュニケーションは大歓迎です。

「提案制度」は現場の問題点を自主的に見つけることからスタートしますから「BAD NEWS FIRST!」そのものです。

そして提案の内容はどんなものでも1度受け入れられます。

批判されたり、無下に却下されたりすることは一切ないのです(これもとても重要で多くのリーダーが気付くべきです)。

いい会社づくりのためには、常識を疑うことがとても大切なのです。

「私が未来工業に入社した理由は、父が家族よりもある意味大切にしていた会社がどんなものか見てみたかったんです。」

今回の雅裕社長の講演で驚いたのは表情までも山田昭男相談役に似てきたことです。

おでこにしわが寄って話す時の表情は山田昭男相談役そのものではないかと思うほどでした。

「私は父のイズムを後に伝えていくために社長をやっています。」

こうした言葉は雅裕社長の語録として、そして未来イズムとしてこれから語り継がれていくことでしょう。

きっと相談役も天国で喜ばれていると実感いたしました。

講演会は大盛況のうちに終了しました。

会場には若い方も目立ち、とてもいい刺激を受けていたようです。

主催された会社には静岡を牽引していただかなければならないし、そうあるべきだと強く願っております。

ぜひ人を大切にするいい会社を増やしていきましょう。

その後の食事会も大いに盛り上がりました。

雅裕社長、ありがとうございました。

主催者のみなさま、ありがとうございました。

未来工業さんについては、以下の記事も参考になれば幸いです。

どうぞご覧ください。

大丈夫でいきましょう!

未来工業山田雅裕社長と主催者のみなさまと中小企業診断士富田哲弥
山田雅裕社長と主催者のみなさま
(主催者のみなさまはご覧いただけませんのでご了承ください。)

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
  2. 人と会社・企業

    いい会社にしていくために・・・『人を大切に~』が第2位にランクイン
  3. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社見つけました』が第3位&3刷
  4. 人と会社・企業

    出版記念講演会にご参会いただきまして誠にありがとうございました
  5. 人と会社・企業

    この1ヶ月間、静岡新聞「今週のベストセラー」で3回紹介されました
PAGE TOP