GODIVAの「日本は、義理チョコをやめよう」を考える

人と会社・企業

日本は、義理チョコをやめよう。

日本経済新聞に掲載されたGODIVAの広告を見て

2月に入り、バレンタインデーが近づいてきましたね。

昨日の日本経済新聞ではGODIVAの一面広告が掲載されていました。

そこには驚くような表現が書かれていました。

日本は、義理チョコをやめよう。

まさか、そういったメッセージがGODIVAというチョコレートブランドの社長から発信されるとは思いもしませんでした。

ふつうは、売上を高めるために義理チョコを推奨すると思うからです。

最後には次のように綴られています。

バレンタインデーを好きになってください
GODIVA

逆転の発想×逆転の発想

広告においてGODIVAは、バレンタインデーが嫌いだという女性がいると問題提起しています。

その理由は、誰に渡すか等の準備をすることがあまりにも大変だと言うことにあるようです。

気を使ったり、お金を使ったりすることが毎年もどかしいと思って欲しくないという願い。

GODIVAのメッセージから、義理チョコを渡す女性に対してバレンタインデーが苦痛なモノから、好きなモノへと変えたい願いが込められています。

本命のチョコはあってもいいけれど、義理チョコはなくてもいい、ない方がいいという考えに至ったとあります。

GODIVAのメッセージは、女性のためのライフスタイル提案だと言えます。

そして、そもそも論に行き着いています。

GODIVAの社長は「バレンタインデーは、そもそも人間関係を調整する日ではないといい、純粋に気持ちを伝える日である」と訴えます。

また、男性に対しても、会社のトップにもお願いがありました。

彼女たちにまずひと言「義理チョコ、無理しないで」と言ってあげてくださいというものです。

これは、男性に対するライフスタイル提案でもあります。

気持ちを伝える歓びをもっと多くの人に楽しんで欲しい、儀礼ではない心からの感情を大切にしたいというGODIVAのメッセージから、バレンタインデーをより良いものに変えていきたい想いが感じられるのです。

義理チョコをやめようという表現は逆転の発想でもあります。

チョコを送るならば、義理ではなく心を込めて送って欲しいというメッセージです。

そして、チョコをもらった男性にはもっと喜びを表現して欲しいという願いも感じられました。

逆転の発想に次ぐ逆転の発想であると言えます。

バレンタインデーとは「愛の教訓と感謝」

そもそもバレンタインデーとは何なのでしょう。

バレンタインデーを辞書で調べるといろいろな話があり、日本大百科全書の解説が最も胸に響きました。

以下、引用いたします。

バレンタインデーとは(日本大百科全書より)
2月14日。後顧の憂いを絶つため遠征する兵士の結婚を禁じたローマ皇帝クラウディウスに反対したバレンタイン(ウァレンティノス)司祭が処刑された270年2月14日の記念日と、この季節に木々が芽吹き小鳥が発情することとが結合した風習といわれる。
初めは親子が愛の教訓と感謝を書き記したカードを交換する習慣だったが、20世紀になって、男女が愛を告白して贈り物をしたり、とくに女性が男性に愛を告白する唯一の日とされるようになった。
日本では1936年(昭和11)と52年(昭和27)ころに、神戸の「モロゾフ」がチョコレートを贈る風習の移入を計画したが発展せず、一方関東で1958年、東京の洋菓子商「メリーチョコレートカムパニー」により、女性が男性にチョコレートを贈る風習が始められ、年ごとに盛んになった。

そもそもの経緯を明確にすることで、バレンタインデーのあり方も変わってくると思います。

バレンタインデーは「愛の教訓と感謝」が書き記されたカードを交換する習慣がそもそもなのです。

ですから、感謝の気持ちを持って渡せるようにしたいですし、もらった方(男性)は義理チョコだろうと感謝の気持ちを表現することが大切だと思います。

これらを敢えて組織論を持ち込んで申し上げれば、義理チョコがいかに機能していないかということが言えます。

女性にとって「渡しがいがない」のでしょう。

男性にとって喜ばれるものであれば、義理チョコのあり方も変わるはずです。

それには「義理チョコ」という表現を変えてみることも必要でしょう。

なぜなら、私たちは義理チョコというキーワードに何となくのマイナスイメージがあるからです。

例えば「ありがとうチョコ」にすればイメージがガラリ変わります。

義理とチョコというキーワード

義理という言葉と義理チョコという言葉を比べると、面白いことに気がつきます。

そもそも義理とは次のような意味があります。

① 物事の正しい道筋。人間のふみおこなうべき正しい道。道理。
② 対人関係や社会関係の中で、守るべき道理として意識されたもの。道義。 「 -を欠く」 「 -と人情の板挟み」 「今さら頼めた-ではない」
③ 他人との交際上やむを得ずしなければならないこと。 「お-で顔を出す」
④ 意味。わけ。 「苗代なわしろの代といふは、かはるといふ-也/三冊子」
⑤ 直接血縁関係のない者の間にある、血縁同様の関係。 「 -の父」

本来、義理チョコとは物事の正しい道筋であり、守るべき道理のためのチョコレートなのです。

サンクスカードやありがとうカードは、まさにそれらに該当しますが、そこにチョコレートが加わったらよりうれしいものになるでしょう。

そのような考え方をすれば、義理チョコもいいイメージになるのではないでしょうか。

さて、GODIVAの話に戻りますが、チョコレートを売る側の視点からすると義理チョコは歓迎のはずです。

しかし、GODIVAはそれを敢えて反対に捉えたのです。

バレンタインデーの「あるべき姿」を見事にメッセージに載せています。

これらによってGODIVAのブランド力は上がることでしょう。

私自身もこの広告からGODIVAは凄いと感じた訳ですからね。

人を大切にする会社の社長がこの広告を教えてくれました

実は、GODIVAの広告は長年お世話になっている社長が教えてくれたものです。

この企業は「人を大切にする会社」として静岡県内でも有名です。

この広告を教えていただいた時、社長が常に感性を磨いていることを改めて実感しました。

私自身、新聞をwebで見ることが多くなったこともあり、こういった広告は見る機会を失っています。

もしかすると、それは感性を磨く機会を逸しているかもしれないと気付かされました。

社長は、この広告をどう思うか考えるように女性社員に促したそうです。

女性社員達からも実にいろいろな意見が出てきたそうです。

そして、社長は否定することをせず、それぞれの意見を尊重するのです。

こういったことが話題になる社風がこの会社の強みでもあります。

光り輝く「人財」が差別化を産み出している会社はさすがです。

どんなことでも関心を持って考える社風となっているのです。

この会社では「サンクスカード」が大変機能していますが、今回のバレンタインデーのそもそもを考えたことで、なぜ機能するのかさらに理解が深まりました。

そもそもバレンタインデーは「愛の教訓と感謝」が書き記されたカードを交換する習慣のことです。

そして、愛とは関心を持つこと。

無関心では愛がないのです。

愛のある人たちがいい会社をつくっていきます。

みなさんにとっていいバレンタインデーとなりますように。

大丈夫でいきましょう!

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社見つけました』が第3位&3刷
  2. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました
  3. 人と会社・企業

    『人を大切にする~』が谷島屋書店さんの総合ランキングで第2位に
  4. 人と会社・企業

    人を大切にするいい会社を増やしていきましょう
  5. 人と会社・企業

    ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
PAGE TOP