ブログを100日連続で更新してPDCAサイクルを回します

人と会社・企業

ブログを100日連続して更新して気付いた点

あっという間に100日が過ぎていきました

昨年の11月5日から毎日更新してきましたブログが今日で100日目となりました。

いつも応援してくださっているみなさまには心よりお礼申し上げます。

2008年にブログをはじめて10年目に入り、おかげさまで今日で記事数は1058となります。

しかし、100日連続更新は私にとってはじめての体験です。

この経験により、たくさんの気付きが得られました。

ここでPDCAサイクルを回していきたいと思います。

仕事を通じた人生の充実に少しでもお役に立てる情報がフィードバックできればと願っております。

なぜ100日の更新を目指したのか

そもそものプランについて説明します。

最も大きな目的は、「人を大切にするいい会社を増やしたい」という願いです。

これは、これまでも不変ですし、これからも不変です。

そのために、具体的に情報を発信したいと思ったのです。

昨年夏に「静岡発 人を大切にするいい会社見つけました」という本を出版しました。

「人も、会社も、より良く変われる」というサブタイトル通り、静岡という地域の5社が日々問題点と向き合いながらより良く変わっていった様子が示されています。

おかげさまで、多くの方に手にとっていただいております。

もっといい会社にしていきたいという経営者や、働いていることに悩んでいる人や会社に対して不平、不満、欺瞞がある方々に、名前は知られていなくてもいい会社があるし、その気になれば誰でもつくれることを知って欲しいという願いがあります。

私たちはどうしてもイメージで物事を判断しがちです。

名前が知られていない会社はいい会社ではないのでは?という先入観を持っている方が未だ認められます。

名前が知られていなくてもいい会社があるという現実を受け止めて欲しいのです。

そこから一歩踏み出して、働く誰もが当事者となっていい会社づくりに取り組めるような世の中にしていきたいのです。

そうしていけば、もっといい世の中になっていると思うのです。

みなさんが勤めている会社も、本当はいい会社かもしれません。

いい会社になる要素がありながら生かされていないのかもしれません。

実際に本では、人も、会社も、より良く変わっていくことが示されています。

それは可能なことなのです。

そうした想いを少しでも多くの人々と共有したいと思い、ブログを更新しようと思ったのです。

そのためにブログをWordPressに変えてみました

以前のソネットさんのブログには大変お世話になりました。

これまでも「大丈夫でいきましょう、見てますよ」というとてもうれしい声があったのもソネットさんのおかげです。

本当にありがとうございました。

とても愛着があったのですが、さらなる進化のために、昨年の11月5日からWordPressにブログシステムを変えました。

WordPressへの変更にあたってソネットさんのURLは使えなくなり、すべて新しくなりました。

新たなURLを浸透させるためにも、ブログは100日連続して書いた方がいいということが言われています。

ならば、これを機会に毎日「いい会社をつくるための」情報を発信してみようと思い立ったのです。

私はアフィリエイトもやっておりませんので、ブログで儲けるために更新しているわけではありません。

ただ、ひたすら世の中に人を大切にするいい会社を増やしたいという想いだけです。

そのために、みなさんにとって役に立つブログとなることが重要です。

弊社にとってもブログという資産を生かすことは大切なのです。

この資産には、「ブログ100日連続で実践すると何が起こるか」と言ったことが新たに加わります。

これはコンサルタントとしての新たな種になると思っています。

そう言った目標を立て、かつ、100日を更新したらどんな感じになるのか、その日をとても楽しみにしてブログを更新しました。

結果、やってみて良かったです。

決めていたルール

ブログを100日連続で更新するにあたり、ルールを決めていました。

①1記事につき1000文字以上書くこと

私はみなさまにとってこのブログが役に立つものとしなければなりません。

ましてや、わざわざ見てくれている方々のために、いい加減な記事は書きたくありません。

そこで1000文字以上書くことを目標にしました。

ブログの質は必ずしも文字数と比例するわけではありません。

しかし、私は「量」の中から良質なブログの記事が生まれると思っています。

それは日頃の企業支援でも常に申し上げていることです。

結果として、最低でも1500字、そのほとんどが2000字を超えていると思います。

②1記事および1日につき30分以上かけないこと

次に時間的なルールです。

ブログ1記事に対して、朝、昼、夕方の10分ずつの時間を「書くだけの時間」として捻出しました。

10分あると相当のことができます。

この「書くだけの時間」にしたことがポイントです。

したがって、その前の段取りがとても重要になってきます。

段取りに関しては多くのストックがあったことが幸いしております。

10分という「重要だけど緊急性の低い時間」を計画し、確実に捻出していきました。

そして、もうひとつのポイントは、10分過ぎたら「途中でも止める」ということです。

書き始めると、「のってくる状態」があります。あっという間に10分が過ぎていきます。

しかし、時間が来たら敢えて止めるのです。

「きりが悪い」状態で敢えて止めるのです。

その大きな理由は、そうしないと時間がいくらあっても足りなくなるからです。

そうしたメリハリは、クライアントの所へ訪問したり、資料を作成したりする時間を厳守することにも繋がるのです。

強いて言えば、それは自分の段取りが足りないのだとし、カイゼンに繋げていきました。

途中で止めることで、ふたつのメリットが生じる

途中で止めることで以下のふたつの大きなメリットがあります。

〇次を早く書きたいというモチベーションが強まる
〇内段取りの外段取り化への意識と行動が強まる

ひとつは、10分が来たら途中でも止めることによって、「次を早く書きたい」というモチベーションに繋がります。

お腹いっぱいにしないことが次へのモチベーションなのです。

次の時間が楽しみになるのです。これはとても重要だと思います。

もうひとつは、「内段取りの外段取り化」ができるようになるのです。

内段取りとは、「機械設備を止めなければできない段取り」のことですが、この場合は、10分という時間を止めて段取りをすることを内段取りとします。

つまり、10分を書くだけの時間にすることで、考えたり、探したり、調整したりする時間をそれ以外でするようになったのです。

他の仕事をしている時に、頭の中が整理され、新たなひらめきが出てくることもしばしばありました。

そして、次の「書くためだけの時間」の時に、それを一気に吐き出すことができるのです。

これらの目的・目標の達成と計画に従い、実行してきました。

小さなPDCAサイクルを日々回しました。

チェックをします・・・見えてきたもの

実際に実行し、PDCAサイクルのチェックをしてみます。

この100日間ブログが毎日更新できた理由をチェックすると、その要因は5つに分けられます。

①目的が明確で、計画を愚直に守ったから

まずは冒頭の目的「人を大切にするいい会社を増やしたい」想いがあるからだと思います。

つまり、本日開店の心を忘れなかったからだと思います。

もし途中で挫折することになったら、自分の想いはそれまでなんだと思います。

「やりたい」ではなく「やらなければならない」といった危機感です。

理想は、「やりたいことをやり続ける」ですが、そういった人や会社を見たことがありません。

やりたことであっても、毎日続ければ飽きるからです。

これは、私たちには避けて通ることができない人間としての習性なのです。

「飽きる」ことなくミッションを遂行したことがとても良かったと思います。

そして、計画通りに時間を捻出することができました。

この100日の間でも驚くほど時間の使い方がうまくなっています。

こまぎれ時間を使うことがいかに大切かを実感しています。

反対に、私たちは「一気に」やりたがります。

一気にやれなければ、いつまで経ってもやりません。

だから、それが長続きしない原因になるのです。

例えば、資格や課題図書等の「読まなければならない本」でも、一気に読もうとすると苦痛で仕方ありません。

しかし、苦痛なことでも10分なら耐えられるのです。

そして、ブログを書く時間は、「10分以上やらない」ことがコツです。

10分経ったら他のことをするのです。

前述したとおり、朝、昼、晩と10分ずつ「ブログを書くだけの時間」にし、考えたり、探したりする調整時間をなるべくしないようにしました。

そうすることで、「内段取りの外段取り化」が可能になりました。

また、ブログ自体が忙しい自分自身の気分転換になることを知りました。

忙しい時に書くからこそ見えてくるものがあるのです。

②それまでの思考の癖を捨て、逆転の発想をしたから

この100日間は、静岡県内の企業の支援だけでなく、東京、横浜、青森、石川、富山、埼玉、相模原等の出張がありました。

これまでは「出張だからブログの更新は難しい」という無意識の習慣・思考の癖が邪魔をしたでしょう。

それらの先入観・思考の癖を1度捨て、「出張でも変わらずブログを更新するから価値がある」という風に逆転の発想をしました。

何のためにかというと、「世の中に人を大切にするいい会社を増やすために」です。

③ストックがたくさんあったから

完璧ではないまでも100に近い記事の下書きストックがあったことで、「内段取りの外段取り化」が実現できていました。

私は日々気付きノートというのを取っています。

そのノート数は膨大な数になります。

それらのうちブログの下書きに書き写してあるものがこの10年で100記事ほどになっていました。

これらの中から選定し、日々の新聞記事等と照らし合わせてテーマに沿ったものを選定し、最終的に整えてアップしているのです。

日本経済新聞や静岡新聞を一読し、最もテーマに沿っているだろう内容を探し、整えてアップします。

毎日続けられた最も大きな要因は、このストックがあったことだと思います。

現実的にたくさんのストックがあったことは心の余裕にも繋がりました。

そのストックが続く限り、ブログは更新し続けようと思える点も大きいです。

ストックが少なくなったらまた期間を設けて段取りをします。

④いつでもネットに繋がる環境(特にテザリング)があったから

これも非常に大きな要因です。

ストック(下書き)が整い、携帯電話が繋がる環境であれば、ブログがアップできる点は大変なメリットでした。

ちょっとした空間とほんの数分さえあれば、出張先でもブログはアップできるのです。

携帯さえつながっていれば、テザリングによってブログがアップできます。

これはとても助かります。どこにいても数分でアップできるのです。

また、この100日間では予約投稿はしませんでしたが、これからは増えるかもしれません。

同時に、ストックの質を高める段取りの重要性を痛感いたします。

⑤文章力が鍛えられたから

実際に文章力が高まることでアウトプット(文字を書く)するスピードも上がっていると思います。

これらは『人を大切にするいい会社見つけました』を出版したおかげでもありますが、本を書いた時、相当の訓練になったと思います。

そのスピードは今でも速くなっていると思います。

物理的に時間がかからなくなっています。

問題点とカイゼン

ここで問題点をあげます。

最も大きな問題点は、下書き(ストック)からの選定に案外時間がかかったことです。

100近くあるから安心だという心の余裕が逆に作用することもありました。

それらの中から、実際にどんな記事を選定するのがなかなか大変なのです。

「探す」「選ぶ」という行為は「調整時間」に相当し時間がかかりますので、朝、昼、晩の「書くための」10分の中ではやってはいけません。

その前に済ませておくことが必須ですが、書く寸前まで決まっていなかったこともありました。

それは、段取りの質の悪化に繋がり、アウトプットにも大きな差を生じさせてしまうのです。

準備がしっかりできている時とそうでない時にバラツキがあるので、その平準化を図ることがカイゼン策です。

これまでの記事は、自分のストックと新聞等の日々の情報をブレンドして作成するケースがほとんどですが、今後は新聞の情報の優先順位を下げることが増えるかもしれません。

どの記事をアップしてもいいように下書きストックの精度を高め、可能な限り日々の更新を続けていきたいと思います。

さて、次の100日後がどうなっているか楽しみです。

5月23日水曜日がその日です。

時間の使い方は、日頃忙しいみなさんにとっても参考になるかもしれません。

「内段取りの外段取り化」は時間を有効に使うために必須となるカイゼン手法です。

製造業以外の業種(卸、小売、サービス業)でも存分に応用できます。

少しでも参考になればと願っております。

大丈夫でいきましょう!

追伸:
『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が先週の江崎書店さんのランキングで9位に選ばれておりました。

本書は、発売以来半年が経過しておりますが、未だこのような結果を示すことができていることがとてもうれしいです。

みなさまには心よりお礼申し上げます。

本書については、また詳しく述べたいと思います。

本当にありがとうございます。

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    この1ヶ月間、静岡新聞「今週のベストセラー」で3回紹介されました
  2. 人と会社・企業

    人を大切にするいい会社を増やしていきましょう
  3. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社~』が6位にランクイン!
  4. 人と会社・企業

    静岡新聞「今週のベストセラー」で第1位に
  5. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました
PAGE TOP