2018年3月期のトヨタは過去最高気を更新。トランプ大統領の影響も。

人と会社・企業

2018年3月期、過去最高益を更新したトヨタ自動車。そしてトランプ大統領

過去最高を更新したトヨタ自動車

2018年5月9日13時30分よりトヨタ自動車は2018年3月期の連結決算を発表しました。

トヨタ自動車は2期ぶりに過去最高益を更新しました。

純利益が前期と比べて36%増の2兆4939億円ということです。

その後は、豊田章男社長が経営方針を語りました。

以下、日本経済新聞の記事を引用いたします。

トヨタ自動車が9日発表した2018年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前の期比36%増の2兆4939億円となり、過去最高を更新した。販売台数が伸びたことに加え、米国の税制改革の影響で税負担が減った。

トヨタ自動車が9日発表した2018年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前の期比36%増の2兆4939億円で過去最高だった。小林耕士副社長は「走り高跳びでいえばバーをこえた、まだ揺れている」と説明した。

営業利益は20%増の2兆3998億円だった。前の期より円安・ドル高傾向で推移したことや原価改善の進展で、2期ぶりの増益となった。通期の為替レートは前の期比3円円安・ドル高の1ドル=111円だった。為替の営業利益へのプラスの影響は2650億円だった。原価改善効果は1650億円だった。

売上高は6%増の29兆3795億円と、2期ぶりに過去最高を更新した。グループ全体の世界販売台数は1044万1000台と過去最高を記録した。年間配当は前の期から10円増の220円だった。

19年3月期の連結純利益は前期比15%減の2兆1200億円を見込む。売上高は1%減の29兆円。グループの世界販売台数は1%増の1050万台を見込む。営業利益は4%減の2兆3000億円。想定為替レートは1ドル=105円と前期実績より6円円高に設定した。為替が営業利益を2300億円押し下げる。1300億円の原価改善効果を見込むが、円高による影響を補えない見通し(日本経済新聞 2018年5月10日)。

新聞には書かれておりませんが、過去最高益の背景には、協力会社さんの多大な貢献もあるはずです。

トヨタには、この利益を社員さんはもちろん、非正規社員さん、協力会社さんに還元していただくことを心より願っております。

元々、協力会社を大切にしてきたトヨタ自動車ですから、きっとそうなるはずです。

トヨタにとって北米市場は、利益の約4割を占める

トヨタ自動車のこの度の過去最高益をもたらした外部環境要因は税制と為替です。

これらはコントロールすることがほぼ不可能であり、大きな機会とも脅威ともなります。

為替については、2018年3月期はプラスに働きましたが、2019年3月の業績は厳しい予測をしています。

また、税制については、トランプ大統領による税制改革で負担が減りました。

トランプ大統領による減税の効果は、およそ3,000億円ともいわれております。

以下、日本経済新聞の記事を引用いたします。

トランプ米大統領のおかげで1兆7000億円の利益増――!?
今年からトランプ氏の肝煎りで35%から21%に引き下げられた米連邦法人税は、米国で事業を展開する日本企業にも大きな影響を及ぼした。ソフトバンクグループ6877億円、ホンダ3461億円、トヨタ自動車2919億円……主要企業の発表を合計すると、2018年3月期決算で締めて1兆7000億円もの利益押し上げ効果があるという(日本経済新聞 2018年3月17日)。

あれ?と思った方もいることでしょう。

トヨタ自動車とトランプ大統領の昨年の2月のやりとりを思い出してみましょう

トヨタにとって北米市場は、利益の約4割を占めるといわれております。

極めて重要なマーケットです。

昨年の2月頃は、トヨタがメキシコに工場を移転させるという話がありました。

トランプ大統領が「けしからん」ということでトヨタ自動車に対してツイッターで訴えました。

この時トヨタ自動車は1兆円の投資をアメリカにしています。

もちろん、トヨタはこれまで北米で稼がせてもらっていますし、多くの税収をもたらしてきました。

私は、トヨタが次のステップに移行する計画に対してトランプ大統領と「交渉」をしているとその時のブログで書きました。

そして、「今後も両者は物事の本質を見つめ直し、お互いに最適な着地点を模索しながらきっと到達することでしょう。」と推測しました。

今回トヨタ自動車の過去最高益という形になったことは、まさにgive&takeそのものではないかと感じています。

トヨタ自動車もトランプ大統領もさすがだとしか言いようがありません。

そして、これぞビジネスの本質であると実感いたしました。

北朝鮮に拘束されている3人の米国人が解放されました。アメリカの失業率も17年ぶりの低さです

トランプ大統領は歴代の大統領が成し遂げられないことを次々としています。

私たちは、メディアがつくりあげているトランプ大統領へのイメージを一度捨ててみるべきです。

トランプ大統領は北朝鮮に拘束されている3人のアメリカ人が解放されたと伝えました。

以下、日本経済新聞を引用いたします。

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は9日、北朝鮮に拘束されている3人の米国人が解放されたとツイッターで明らかにした。「健康状態は良さそうだ」としており、訪朝したポンペオ国務長官が3人とともに帰国しているという。米朝首脳会談の日程と場所も決まったと表明した。

これに先立ちポンペオ氏は同日、北朝鮮の首都平壌を訪問して金正恩(キム・ジョンウン)委員長と面会した。AP通信などによると、金英哲朝鮮労働党副委員長とも会談した。6月初旬までに開催を見込む初の米朝首脳会談に向け、議題や日程について詰めの協議を進めた(日本経済新聞 2018年5月9日)。

また、アメリカの4月の失業率は3.9%ということでした。

これは17年ぶりの低さとなります。

【ワシントン=河浪武史】米労働省が4日発表した4月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、失業率が前月から0.2ポイント低下して3.9%となり、17年4カ月ぶりに3%台へと改善した。景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数は、前月比16万4千人増えた。課題の賃金上昇率はなお伸び悩んでいるものの、米労働市場の逼迫感は一段と強まってきた。

失業率は2000年12月(3.9%)以来、約17年ぶりに3%台に突入した。失業率は前月まで4.1%のまま6カ月横ばいだったが、17年末に決まった大型減税などが米景気の追い風となった。米連邦準備理事会(FRB)は完全雇用の水準を失業率4.5%とみており、雇用情勢は一段と引き締まってきた(日本経済新聞 2018年5月5日)。

17年4ヵ月ぶりに失業率が3%台になったことは率直に言ってすごいことです。

もちろん、課題はありますが、それらも改善されていくことでより良くなることでしょう。

これらの実績を突きつけられても、まだイメージ的にマイナスを植え付けるような報道も多いでしょう。

これはメディアの報道でトランプ大統領のイメージが形作られてしまったからです。

私たちは本質をしっかりと見極めることが重要です。

トランプ大統領はビジネスの何たるかを知り尽くしている。またプロレスファンでもある

トランプ大統領は生粋のビジネスマンです。

ビジネスで重要な交渉力、これは感情をぶつけるのではありません。

トランプ大統領は「感情をぶつけているように見えるだけ」です。

したたかな戦略があるのだろうと想像しております。

これは、演劇やプロレスに通じるものがあります。

「あるべき姿」は決まっています。

どうすればそうなるかストーリーも決まっています。

そして、トランプ大統領は「本気でその役割を演じきる」ことを徹底されているのです。

トランプ大統領はプロレスのファンだと言うこともうかがっておりますが、妙に納得する部分があります。

我が国でもトランプ大統領と同じような交渉力があればいい関係が築けると思っています。

世界は動いています。

我が国もトランプ大統領率いるアメリカといいビジネスをしていきましょう。

本当に大切なことは何なのかを考えた国の経営を望みます。そして私たちも変わっていきましょう

そもそも国の運営は経営者的な感覚が求められるはずです。

人口が減る中で、税収が減っても国民の生活が幸せになる国の経営が求められます。

企業の場合でも、売上高が減っても利益を残すことが求められるのは当然だからです。

私はいつか人を大切にする経営を実践されている方に首相をしていただきたい気持ちがあります。

また、100円を稼ぐことがどれだけ大変かということを知っている方に国のリーダーを任せたい気持ちがあります。

現実的な話として、今の私が望むのは、私たち国民のために、愚直に職務を全うしてくれる政治家の先生方や官僚のみなさんです。

そして、客観的に正しい目で報道をしてくれるメディアのみなさんです。

もちろん、現時点においてもそのように動かれているでしょうし、難しい点も多々あるのだと推察しています。

だからこそ、本質を見失ってはならないと思います。

私たち国民のニーズは、政治家の先生方や官僚のスキャンダルなんかでは決してありません。

乱暴な言葉になってしまうかもしれませんが、そんなものよりも大切なことがあるのです。

それは私たちの生活がより良いものになっていくことなのです。

それ以外にありません。

もちろん、私たち自身がやらなければならないことも山ほどあります。

仕事に対する正しい認識も、当たり前の平和や生活に感謝する気持ちも。

言い尽くされた言葉ではありますが、政治が何かをしてくれるのではなく、私ひとり一人が変わっていくことが大切だと思います。

それがいちばん確実で期待できることなのです。

本当に重要なことは何なのかということを常に意識して、明るい将来をどうすれば実現できるのかを考えていきましょう。

大丈夫でいきましょう!

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    この1ヶ月間、静岡新聞「今週のベストセラー」で3回紹介されました
  2. 人と会社・企業

    江崎書店さん、戸田書店さんでは第1位、谷島屋さんでは第4位に
  3. 人と会社・企業

    『人を大切にする~』が谷島屋書店さんの総合ランキングで第2位に
  4. 人と会社・企業

    未来工業 山田雅裕社長をお招きして3
  5. 人と会社・企業

    いい会社にしていくために・・・『人を大切に~』が第2位にランクイン
PAGE TOP