人と会社・企業

犯人2人はインターネットのサイトを通じて知り合った

相手のことを全く考えず自分の欲望だけを満たそうとした人間はもはや人ではない

許せない事件が静岡県という私が生まれ育った街で起こりました。

女性が見ず知らずの男に連れ去られて命を奪われてしまったのです。

尊い命を落とされた被害者の女性に対して、心より哀悼の意を表します。

容疑者2人はすでに逮捕されているようです。

以下、日本経済新聞の記事です。

静岡県藤枝市の山中で女性の遺体が見つかった事件で、県警は12日までに、この女性に対する逮捕監禁容疑で40代と20代の男を逮捕した。捜査関係者によると、2人はインターネットのサイトを通じて知り合ったという。浜松東署捜査本部は2人が女性の遺棄にも関わったとみて調べている。

捜査本部は12日、遺体の身元を浜松市の看護師、Aさん(29)と特定した。

捜査関係者によると、40代の男は11日夜、名古屋市内の警察署に1人で出頭。「ばれるのも時間の問題だと思った」という趣旨の供述をしている。浜松市内で面識のない女性を連れ去ったことを認めているが、遺棄容疑については否認しているという。

捜査本部や捜査関係者によると、Aさんは5月26日夕、勤務先の浜松市内の病院から帰宅した後に訪れた同市内のフィットネスクラブの駐車場で、自分の車に乗ろうとした際、2人の男に押し込まれて車ごと連れ去られる様子が駐車場の防犯カメラに映っていた。別の防犯カメラにはもう1人の男の姿も映っており、捜査本部はこの男も拉致や遺棄に関与したとみて行方を追っている。

Aさんはそのまま行方不明となり、家族から28日に行方不明届を受けた県警が捜査していた。Aさんの車は三重県桑名市で乗り捨てられているのが見つかった。

県警はカーナビの履歴などから、車の走行ルートを確認。6月9日午後6時ごろ、藤枝市の山林を捜索し土中から遺体を発見した。

Aさんの父親は12日、静岡県警を通じて「私たち家族は大変心を痛めています」とするコメントを公表した(日本経済新聞 2018年6月13日)。

被害者女性は命まで奪われただけでなく、報道各局によって名前と顔まで公表されてしまったことは正直理解できません。

被害者女性の名前は伏せさせていただきます。

犯人は看護師という人の命を救う仕事に身を尽くしてきたであろう方の将来を奪ったのです。

財布も携帯電話も奪われてしまいました。

何の罪もない人の将来を奪った人間を許すことは絶対にできません。

先日の新幹線の事件も勇敢な方が命を落とされました。

残忍な事件が多すぎて私は感覚が麻痺している感じがします。

その慣れてしまった感覚がまた異常だと思います。

意味がわからないことだらけの事件

この事件は意味がわからないことだらけで、それがとても不気味に思えます。

まず、容疑者の名前と顔写真が未だ公表されていません。

なぜ被害者のプライバシーが徹底的に奪われて、加害者が守られているかのような報道をされるのか全くわかりません。

もう一人の足取りを追うためにという報道もありましたが理解できません。

なぜなら、この事件は社会的にすでに知られているからです。

むしろこれまで逮捕された犯人を実名で報道した方が逃げている犯人を追い込むのではないでしょうか。

他人の人権を奪った人間に人権を守る必要があるのでしょうか?

私は司法制度も進化して欲しいと願っております。

他人の人権を奪った人間の人権を守る必要があるのでしょうか?

相手の気持ちを考えず、自分の欲望のみを追求した身勝手極まりない犯罪です。

私のように思っている方はきっと多いと思います。

恐ろしいのは、事件当日に初めて会った者同士が、面識のないAさんを連れ去ったということです。

県警が逮捕監禁容疑で逮捕した40代と20代の男は互いに面識がなく、ともに「事件当日に初めて会った」と供述していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。2人はインターネットの掲示板サイトを通じて知り合ったといい、浜松東署捜査本部は詳しい経緯を調べている。

捜査関係者によると、2人はいずれも、面識のないAさんを連れ去ったことは認めているが、遺棄容疑については否認。事件には従属的立場で関わったとみられ、捜査本部は、主導した人物がほかにいるとみて調べている。

Aさんは5月26日夕、浜松市中区のフィットネスクラブの駐車場で、自分の車に乗ろうとした際、2人の男に押し入られ、車ごと連れ去られる様子が駐車場の防犯カメラに映っていた。クラブと同じ建物に入るパチンコ店の防犯カメラには、この2人と一緒にもう1人男の姿が映っており、事件には少なくとも3人が関わったとみられる。

県警は家族から行方不明届を受け捜査。三重県桑名市で乗り捨てられていたAさんの車を見つけ、6月9日夕には藤枝市瀬戸ノ谷の山中で遺体を発見した(日本経済新聞 2018年6月13日)。

自分の欲望だけを達成しようとして人の命を奪う人間はもはや人ではないと思います。

どんな理由であれ許されることではありません。

情状酌量の余地は残されていない

被害者女性の財布やスマートフォンが見つかっておりません。

Aさんの財布やスマートフォン(スマホ)が見つかっていないことが13日、捜査関係者への取材で分かった。浜松東署捜査本部は、逮捕監禁容疑で逮捕した40代と20代の男らが証拠隠滅を図ったとみて調べている。

証拠隠滅を図ったのならば卑劣極まりないことです。

また「ばれるのも時間の問題だと思った」といって出頭すること自体が卑劣極まりないです。

これは明らかに情状酌量を狙ったものだと考えられるからです。

情状酌量とは(デジタル大辞泉より)
刑事裁判において、同情すべき犯罪の情状をくみ取って、裁判官の裁量により刑を減軽すること。「情状酌量する余地がある」

そもそも出頭してきた気持ちがあるならば、なぜ事前に犯罪をすることを押さえることができなかったのか。

ここで情状酌量なんかしたら、また同じような犯罪が起きます。

これから欲望を満たしたい犯罪予備軍がどこかで見ています。

世間のほとぼりが冷めた頃に同じような事件が起きてしまうでしょう。

事件を風化させないとは、この怒りを永遠に忘れないことではないかと思います。

私たちが意識を強く持ってこのような犯罪を撲滅させなければなりません。

どうか司法の進化を期待します。

人の命を奪った人は遺族に対して命を賭けて罪を償っていくべきだと考えます。

ご遺族の方の気持ちを考えるといたたまれません。

例えサイコパスであっても犯罪を犯すものはまれ。こうした事件は相手を知らないからこそ起こるのでは?

私は、人として生まれてきた以上は程度の差はあるかもしれませんが、誰でも人の心を持っていると思います。

それがゼロならば病気です。

「サイコパス」という言葉も身近で頻繁に聞かれるようになりました。

知恵蔵では以下のように記されています。

反社会的人格の持ち主を表す言葉。日本語訳は「精神病質者」。
サイコパスは「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」で精神障害者と定義されており、病名としては反社会性パーソナリティ障害に該当するとされている。
サイコパスの特徴的性格は、冷酷・無慈悲・尊大・良心の欠如・罪悪感の薄さなど。
診断は「HARE PCL-R第2版テクニカルマニュアル」に定められた20項目を用いて専門家により行われる。
フィクションの世界では異常犯罪者として扱われることがあるが、実際に犯罪を犯す者は稀。確立された治療法はない。

例えサイコパスであったとしても、「実際に犯罪を犯すものはまれである」と書いてあります。

私は人の命を奪う人は「自分のことしか考えていない状態」「自分の欲望を達成することだけを考えている状態」のモードに入ってしまうからこそ起こるのではないかと考えています。

少しでも相手に対して心や情があえば、人の命を奪おうとは思わないのです。

だから面識がある人よりも「知らない人」の方が情がわき上がりにくい分、衝動的になりやすいのではないかと思います。

誰もが求められること。人に迷惑をかけない生き方を幼い頃から訓練することしかないと思います。自分がされて嫌なことを相手にもしないのは当然。自分の欲望や感情をコントロールする訓練をするしかないと思います

自分の欲望のみを推し進めることは、当然のことながら日頃の生活においてしてはなりません。

もちろん、経営でも仕事でもしてはならないことです。

自分がされて嫌なことは相手にもしないのが当然です。

しかし、人というのはつい自分の欲望のみを優先し、それを達成するために人に迷惑をかけてしまうものなのです。

こんなことは絶対にあってはならないのですが、自分の欲望のみを満たすために、時には人の命でさえも奪ってしまうケースもあるのです。

だから自分の感情や欲望をいかにコントロールできるかがカギです。

コントロールできるように自分を訓練することを積み重ねなければならないと思います。

それは誰もが社会生活を営む上で絶対的に求められることなのです。

社会人であっても常に求められますし、子供の時も求められます。

幼い時からそういった教育を学校、家庭、地域の3つで行うことが重要なのです。

いい世の中にしていくために

私はこれまでブログで残忍な事件を掲載することをなるべく控えてきました。

近頃この方針を変えています。

私は人を大切にするいい会社が増えていけば、いい世の中になっていくと本気で思っています。

いい世の中に少しでもしていきたいからこそ、このブログを書いています。

その願いに近づくためには、このような事件が2度と起こらないようにすることが大事です。

人を大切にする会社づくりを進める立場として、人の命が奪われてしまうことは断じて許すことができません。

だから、こうした事件は風化させてはいけないと強く思っています。

そして無関心がいちばんいけません。

こうした事件があるごとに感覚が麻痺していきますが慣れてしまってはいけないと思います。

諦めずにいい世の中にしていきましょう。

大丈夫でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 『人を大切にするいい会社~』が6位にランクイン!
  2. いい会社にしていくために・・・『人を大切に~』が第2位にランクイン
  3. 『人を大切~』が静岡新聞で第1位に!陸王もランクイン
  4. 有給休暇の取得率が100%で増収増益の会社が静岡にある
  5. 出版記念講演会にご参会いただきまして誠にありがとうございました

関連記事

  1. 社会(政治・経済等)

    スカイツリーが中小企業のライセンス料を優遇

    東京スカイツリーを運営する東武タワースカイツリー(東京・墨田)は、墨田…

  2. 社会(政治・経済等)

    街角景気が改善

    内閣府が12日発表した12月の景気ウオッチャー調査によりますと、街角の…

  3. 人と会社・企業

    資格を取得して明るい将来をつくりましょう

    みなさん、資格を取りましょう企業支援の現場において、クライアン…

  4. 社会(政治・経済等)

    中小企業の再生に2~3兆円の基金

    官民ファンドの企業再生支援機構を改組政府は来年春に中小企業の借…

  5. 人と会社・企業

    中小企業支援・・・各自治体の取り組み

    今日は各地自治体が展開する中小企業支援の取り組みを紹介いたします。…

  6. 人と会社・企業

    景気は回復しつつある!?中小企業がすべきこと

    2013年の見通し春を迎え、気持ちの部分では景気が上向いている…

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    有給休暇の取得率が100%で増収増益の会社が静岡にある
  2. 人と会社・企業

    谷島屋書店さんの今週の総合ランキングで第1位に掲載されました
  3. 人と会社・企業

    トーハンさんの各地区で「突出して売れている本」の特集で第3位に
  4. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社~』が6位にランクイン!
  5. 人と会社・企業

    未来工業 山田雅裕社長をお招きして3
PAGE TOP