人と会社・企業

もし就職活動に苦戦されている学生さんがいたら読んでください

超売り手市場がプレッシャーやストレスとなりメンタル面の不調となる学生も

半月ほど前になりますが、神戸新聞に「就活うつ」についての記事が載っていました。

超売り手市場で学生にとって有利な就職活動が展開されているかと思えば、それがプレッシャーとなってメンタル面に不調をきたしている学生もいるそうです。

以下、神戸新聞の記事を引用いたします。

兵庫県内にある大学と短大の今春卒業生の就職率(4月1日時点)が、前年比0・3ポイント増の94・7%を記録し、兵庫労働局が11年に調査を始めて以来、過去最高だったことが分かった。景気回復や人手不足で企業の採用意欲が高まり、県内でも学生優位の傾向は続いている。一方で「超売り手市場」がプレッシャーやストレスとなり、メンタル面の不調を訴える学生も目立っている。(末永陽子)

同労働局が県内の35大学と18短大に聞き取り調査した。大学は前年比0・1ポイント増の94・6%、短大は1・2ポイント増の95・3%。就職先を把握している大学によると、県内に本社を置く企業が約3割、県外は約6割を占めた。回答なしが約1割だった。

調査方法が異なるため単純比較はできないが、厚生労働省などが5月に発表した全国の就職状況調査によると、大学生は前年比0・4ポイント増の98%で、こちらも1997年の調査開始以来、過去最高だった。短大も2・1ポイント増の99・1%だった。

ただ、未内定者数が一定数いるのも事実。県内の大学では1085人、短大では108人の就職が決まっていない。好調な就活状況ゆえに、「就活うつ」など深刻な不調に陥る若者も少なくない。

「自分を否定され続けてつらかった。不合格のたびに、『もう頑張れない』と思った」

県内の大学を卒業した無職の男性(24)は、昨年の就職活動をこう振り返る。

商社や大手メーカーを希望し、OB訪問やインターンシップで早くから業界研究に取り組んできた。30社以上にエントリーしたが、8月時点で2次面接まで進んだのは1社のみ。その企業からも不合格通知を受け取ってからは、面接で失敗する夢にうなされたり、面接前に腹痛や吐き気を催したりするようになった。

友人が7月までに複数の内定をもらったと聞いて焦り、親からの「売り手市場なのに…」という言葉に傷ついた。同級生との接触を避け、会員制交流サイト(SNS)も開かなくなった。食欲も減退し、家にこもる日々が半年ほど続いたという。

母親の勧めで4月からキャリアセミナーやメンタルヘルス相談に通い、就職活動を再開させた。「就活には気分転換も必要だと感じた。一度失敗した経験を生かしながらマイペースに取り組みたい」と話す。

兵庫労働局職業安定課の担当者は「学生優位とされる中で、どうして私だけ…と悩んでしまう未内定者が目立つ」と指摘する。

同労働局は神戸市内に2カ所の「新卒応援ハローワーク」を設置し、就職支援や臨床心理士によるカウンセリングを実施。対象を卒業後3年までの既卒者に広げ、「症状が重くなる前に気軽に利用してほしい」と呼び掛けている。

神戸新卒応援ハローワークTEL078・361・1151(午前10時~午後7時)(神戸新聞 2018年6月14日)

みなさんは、どのように考えますか?

「就活うつ」というキーワードに驚かれた方もいることでしょう。

今日は学生のみなさんのために中小企業支援の現場から少しお話ししたいと思います。

もしメンタル的に落ち込んでいる方がいたら聞いてください。中小企業支援の現場で生きている私からおくりたい言葉は「大丈夫ですから安心してください」です。あなたが就職できない会社は絶対にありません

もし現時点まで就職できなくて焦っている方や気持ちが落ち込んでいる方がいたら、どうか安心してください。

私が断言いたします。

絶対に「いい会社」に就職できますから大丈夫です。

ただし、ふたつの条件があります。

ひとつめは、就職先を大手企業に絞らないと言うことです。

大手企業の割合は、世の中にある会社のわずか0.3%です。

その数は1.1万社です。

確率論から言っても非常に厳しいです。

そして、ふたつめですが「あなたのことを必要とし大切にしてくれる会社を見つける」ということです。

会社の規模や知名度にこだわらなければ、これも絶対に可能なことです。
(中小企業は99.7%を占め、380.9万社あります。)

反対から言えば、大手企業だからと言っていい会社だとは限らないということです。

以下、これらの根拠となるふたつの記事を紹介します。

ひとつは、新入社員さんの4割が転職を考えているという調査結果の記事です。

現在、大手企業に勤められている方の中にも転職を考えている方がいるのです。

もうひとつは、社員が選ぶ働きがいのある会社ランキングの記事です。

はっきりと申し上げたいと思いますが、楽な会社ではありません。

仕事は大変ですが、その先にあるやりがいを感じられるような資質が求められます。

こういった会社に入社して活躍できるかどうかを考えてみましょう。

これらのことは、親御さんにも、学校の先生にも理解していただきたい部分です。

規模が大きく世の中に知られている会社が必ずしもいい会社ではありません。

未だ「会社名を知っているかどうか」で会社を判断してしまう傾向も強いですが、そこから一歩抜け出ましょう。

ここに最も大きなチャンスロスの原因があります。

それよりも、「あなたのことを必要とし大切にしてくれる会社」を見つけることが先決なのです。

もし内定が決まっていない方がいたら「なんで自分ばかり」と思わず「自分は選ばれている。ラッキー」と逆転の発想をしてみましょう。そして、そのストレスは社会に出て必ず役に立ちます

これまで内定がもらえなかった会社は、もしかするとあなたのことを大切にしない会社かもしれません。

そう思うと、そういった会社から内定をもらえなかったことはとてもラッキーなのです。

そして、現実を申し上げますが、学生のみなさんが名前を聞いたことがない会社でも素晴らしい会社がたくさんあります。

今、内定が決まっていないからこそ、それらの会社に就職できる可能性が高まっているのです。

あなたのことを必要とし大切にしてくれる会社に選ばれる可能性がまたひとつ高まったのです。

だから2重にラッキーなのです。

一歩一歩、あなたのことを必要とし大切にしてくれる会社に近づいているのです。

そして、そういった会社は、あなたに見つけてもらうことを待っています。

ひょっとするとすでに手を挙げていたけれど見過ごしてしまったかもしれません。

ストレスも良質なものがあります。逆転の発想を持ちましょう。この思考を訓練することで自分探しや自分磨きにも繋がります

もし今ストレスに悩んでいるとしたら、それは世の中に出ていく際に必要なストレス耐性を身につけるチャンスだと思いましょう。

どんな人でもストレスを避けることはできません。

そして大切なことなのですが、ストレスには悪いものばかりではなく、自分を成長させる良質なものもあることをどうか理解してください。

そのように考えるためには「逆転の発想」が必要になってきますが、この思考はあなたが社会に出てからもずっと役に立ちます。

この逆転の発想も訓練が必要です。

いきなりできる人は少ないです。

まずは、それまでの思考の癖・先入観・常識といったものを1度捨てて、反対から考えてみましょう。

そして、習慣にして行きましょう。

良質なストレスは確実にあなたを成長させていきます。

それは、あなたが同期よりもより優秀な能力・魅力を発揮させ、会社で活躍できるための源となっていくでしょう。

もし絶望を感じているのならばそれもチャンスです

「人を大切にするいい会社」において求められる人財像は自分の人生を前向きに考えられる人です。

これも逆転の発想と同じく訓練が必要です。

元々の考えがマイナス思考だったとしても、訓練することによってプラス思考に変わることができます。

そして「会社は自分たちがつくっていくんだ」という気概が必要です。

人を大切にするいい会社において、順風満帆で成長している会社を私は知りません。

はじめは借金だらけの小さな町工場でも、今では光り輝くパールホワイト企業になっている会社があるのです。

その中心にあるのは「人を大切にする経営」です。

そういった経営をする社長は例外なく「絶望」という名の洗礼を受けています。

そこで気がつかれて、逆転の発想の連続で這い上がっていったのです。

そして、社員さんを大切にする尊さに気がつかれ、高い生産性を発揮する会社をつくられたのです。

絶望はチャンスなのです。

最後になりますが、私たちは同じ人間です。

同じ24時間の中で生きています。

あなただけができないことは絶対にありません。

どうか前向きに勇気を持ってあなたのことを大切にしてくれる会社を見つけましょう。

そして訪問しましょう。

あなたのことを大切にしてくれるかどうかがすぐにわかることでしょう。

きっと未来は開かれますので安心してください。

大丈夫でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
  2. 『人を大切にするいい会社~』が6位にランクイン!
  3. 『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
  4. 江崎書店さん、戸田書店さんでは第1位、谷島屋さんでは第4位に
  5. 大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました

関連記事

  1. 人と会社・企業

    中小企業こそ求められる内部統制

    内部統制はもはや大会社や上場企業だけに必要なものではないさまざ…

  2. 人と会社・企業

    100年に1度の危機!?

    日本経済も輸出や生産が減少し、景気が悪化している中川昭一財務・…

  3. 人と会社・企業

    ゴールデンウィークに気持ちよく入るために大切な7つのこと

    4月もあと1週間です。気持ちよくGWに入るために重要な7つのこと…

  4. 人と会社・企業

    ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯に同級生が

    新春特集「一富士・二鷹・三茄子」のルーツに迫るみなさんはもう初…

  5. 社会(政治・経済等)

    内閣府と日銀の景気判断

    内閣府の8月の景気ウォッチャー調査では5カ月ぶりに悪化内閣府と…

  6. 人と会社・企業

    目的と目標の違いは・・・幸せに働いていい会社をつくるために

    苦しいと思う時間は長く、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます…

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 人と会社・企業

    ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
  2. 人と会社・企業

    出版記念講演会にご参会いただきまして誠にありがとうございました
  3. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社~』が6位にランクイン!
  4. 人と会社・企業

    トーハンさんの各地区で「突出して売れている本」の特集で第3位に
  5. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社見つけました』が第3位&3刷
PAGE TOP