人と会社・企業

政権交代・・・幸せになるために

2009年8月31日、民主党が過半数の議席を獲得し、新しい政権が誕生

日曜日は衆議院選挙の投票日でした。

開票の結果、民主党が過半数の議席を獲得し、新しい政権が誕生することになりました。

今回は百年に一度の不況といわれている中で行われた選挙です。

結果に大きな差が生まれたのは、みなさんがそれだけ変化を求めていたということでしょう。

新しい政権に大いに期待しましょう。

本当にいい世の中を作るためには、「人任せ」ではなく、私たち一人ひとりのがんばりも必要

ただし、本当にいい世の中を作るためには、受け身ではなく、私たち一人ひとりのがんばりも必要だと思います。

それは、一人ひとりが幸せになるためにプレイヤーとなって行動しましょうということです。

決して「人任せ」ではいけません。

「やらされ感」があってはなりません。

いい世の中は、「いい世の中にしよう」と思う人々の純粋な心が集まり、かつ「実践すること」によって作られると思うのです。

それを「人任せ」にしてしまってはいつまでたっても世の中はよくならないでしょう。

どんなに優秀な評論家がいても、実践する力がなければ現場は何も変わらないのです。

経営においても同じことが言えます。

同じことが中小企業経営にも言えます。

中小企業経営には「立ち止まること」はできません。

常に革新が求められます。

それは、中小企業を取り巻く環境が常に変化しているからです。

中小企業は、経済、市場(顧客)、法律などの外部環境が変化する中で、自社の経営資源(人、モノ、カネ、情報)を整えながら適応していく力が求められます。

そのためには、最も大切な従業員のみなさんと、トップである社長自らが「いい会社を作ろう(経営理念)」と思い、時には一緒になって、プレイヤーとして行動することがとても重要になってくるのです。

人を大切にする経営が求められるのです。

最も大切な人とは、従業員のみなさんです。

彼らを幸せにすることが企業の発展に繋がるのです。

従業員のみなさんとその家族の幸せが、仕入れ先・販売先・外注先企業の幸せ、お客さまの幸せ、地域の人々の幸せを実現することにつながっていきます。

決して投げ出さず、諦めずに・・・。

どのような政権であろうとも、主役は働く人の7割が所属している中小企業を全力で応援します

私はどのような政権であろうとも、中小企業支援の最前線で闘うのみです。

中小企業が我が国の事業所の99.7%を占めます。

また、中小企業で働く人は全体の約7割を占めます。

そこで働く人たちは「国民」なのです。

大丈夫でいきましょう!

  1. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『人を大切にする~』が谷島屋書店さんの総合ランキングで第2位に
  2. 人として正しいか正しくないか、自然か不自然か

    江崎書店さん、戸田書店さんでは第1位、谷島屋さんでは第4位に
  3. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
  4. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社~』が6位にランクイン!
  5. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました
PAGE TOP