人財・人づくり

大学生の就職内定率と企業の採用意欲

大学生の就職は依然として厳しい状況にあります。
今春卒業予定の大学生の就職内定率が2月1日時点で80.0%であることが文部科学省と厚生労働省の調査でわかりました(日本経済新聞 2010年3月12日)。
大学生の5人に1人が内定を得ていない状況となっています。
前年同期を6.3ポイント下回り、1996年の調査開始以来最悪となりました。
男子が前年同期より6.4ポイント低い80.1%、女子が同6.3ポイント低い79.9%でした。
就職氷河期と呼ばれた2000年の81.6%も下回ったことで、雇用情勢の厳しさが改めて浮き彫りになったといえます。
中でも私立大の女子は8.2ポイント減の76.2%と苦戦ぶりが目立ちました。
なお、厚労省によると、今春高校を卒業する就職希望者の内定率(1月末時点)は81.1%でした。
大学生(80.0%)の方が低い内定率であることに驚かされます。
このようにな事態を受けて、国や地方自治体が相次いで就職支援策を打ち出しています。
厚生労働省は3月末をめどに、就職できなかった新卒者向けの職業訓練事業を新たに始める模様です(日本経済新聞 2010年3月9日)。
訓練期間中は生活費も補助するようです。
各自治体は高校生の就職支援策を拡充しています。
地元の中小企業に派遣したり、臨時職員として採用したりする動きが目立っています。
1月の失業率は改善しましたが、企業の採用意欲は依然として弱いままです。
企業の永続のためにも、国の存続のためにも、企業には若手社員の採用を積極的に実施して欲しいと願わずにはいられません。
ゴーイングコンサーンを実現するためには、これからを担う人財を育成していくことが不可欠だからです。
若い社員を採用することも企業の重要な社会的責任のひとつなのです。
大丈夫でいきましょう!

  1. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    有給休暇の取得率が100%で増収増益の会社が静岡にある
  2. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    人を大切にするいい会社を増やしていきましょう
  3. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
  4. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    谷島屋書店さんの今週の総合ランキングで第1位に掲載されました
  5. 人として正しいか正しくないか、自然か不自然か

    この1ヶ月間、静岡新聞「今週のベストセラー」で3回紹介されました
PAGE TOP