社会(政治・経済等)が企業や私たちにどんな影響を与えるか

スカイツリーが中小企業のライセンス料を優遇

東京スカイツリーを運営する東武タワースカイツリー(東京・墨田)は、墨田区内の中小企業を対象に、スカイツリー関連商品のライセンス料を優遇することを決めました(日本経済新聞 2010年8月10日)。
墨田区の要請を受けて、同社が了承したものです。
関連商品の開発や販売が容易になることで、墨田区では区内の中小企業の振興に繋がることを期待しています。
ライセンス料は、スカイツリー関連商品の売上高が1億円までの部分について無料にする模様です。
企業がスカイツリーの名称や画像を利用して商品を販売する場合、通常は売り上げの5%をライセンス料として求めています。
優遇措置を受けられるのは、過去4年間継続して同区に法人登記していることや、製造業の場合、区内で製造することなどを条件としています。
商品には優遇措置を示す特製のロゴを表示します。
それゆえ、通常のライセンス商品に認められる東京スカイツリーのロゴは使用できないようです。
ライセンス商品を開発する企業は増えています。
同社は既に玩具メーカー10社と契約について合意し、各社がミニチュア版ツリーなどの玩具を8月以降に発売する模様です。
また、パズルや超合金のミニチュア版スカイツリーなども販売が決定しており、菓子や雑貨、文具などのメーカーも開発を検討しているようです。
同社は各社からライセンス料を得て増収につなげるとともに、ツリーのPRにも役立てたい考えです。
 
ライセンス商品に対する企業の関心は高く、7月上旬に同社が開いた説明会には450社が参加しました。
現在、スカイツリーは408mまでの高さとなっています。
これから1年以上かけて634mの高さまで成長します。
ぜひこの優遇措置を活用して販路開拓に繋げたいですね。
墨田区から世界に羽ばたくチャンスかもしれません。
大丈夫でいきましょう!

  1. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『人を大切~』が静岡新聞で第1位に!陸王もランクイン
  2. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました
  3. 人として正しいか正しくないか、自然か不自然か

    江崎書店さん、戸田書店さんでは第1位、谷島屋さんでは第4位に
  4. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』を出版
  5. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
PAGE TOP