社会(政治・経済等)が企業や私たちにどんな影響を与えるか

景気回復が足踏み

景気の回復は2009年4月から続いていましたが、ここにきて「足踏み」の状態に入りそうです。
内閣府が8日発表した9月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断を示す指数は41.2となり、前月に比べ3.9ポイント低下しました(日本経済新聞 2010年10月9日)。
低下は2カ月連続となります。
9月7日のエコカー補助金終了が個人消費と生産の両方に悪影響を与え、円高による輸出環境の悪化が追い打ちをかけた格好となっています。
これは、9月25日から9月末にかけて小売店主や企業経営者など約2000人の景況判断を聞いた結果です。
内閣府は景気の基調判断を2カ月連続で下方修正し、「これまで緩やかに持ち直してきたが、このところ弱い動きがみられる」との見方を示しました。
項目別にみると、家計の動向を示す指数が5.4ポイント低下しました。
エコカー補助金が終了したことで、「販売量が前年比50%減で推移している」という声も聞かれています。
残暑の影響については「エアコンが意外に伸びた」というプラス面と、「秋物衣料が大苦戦している」というマイナス面が指摘されました。
企業の動向を示す指数も1.3ポイント下がりました。
特に製造業の落ち込みが大きいようです。
やはり、エコカー補助金の終了と円高により、10月の受注がかなり落ち始めているところもあるようです。
一方、景気の先行きを示す指数は41.4と5カ月ぶりの上昇となりました。
しかし、上昇幅は1.4ポイントにとどまっています。
景気が足踏み状態にあることは実感としてあります。
私もタクシーの運転手さんや飲食店の店主さんなどに景気の状況をうかがうのですが、本当によくないという答えが返ってきます。
また今日は3連休初日ですが、雨によってお客さまの足が遠のいているようです。
私感ですが、お客さまは「お金を使わなくて済む理由」を探しているように見受けられます。
天候の悪化は格好の「お金を使わない理由」となり得ます。
さて、今のところ晴れの予報は連休最終日となっています(静岡地方)。
今日と明日を取り戻すくらいの気持ちのいい秋晴れに期待したいですね。
大丈夫でいきましょう!

  1. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
  2. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    『人を大切にするいい会社見つけました』が第3位&3刷
  3. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『人を大切~』が静岡新聞で第1位に!陸王もランクイン
  4. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    いい会社にしていくために・・・『人を大切に~』が第2位にランクイン
  5. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました
PAGE TOP