夢がある人には目標があります・・・新年度に向けて

  1. 人と会社・企業

あっという間に月日は流れる

3月も最終日です。

早いもので今年も1/4が終わりました。

明日から新年度です。

大いに希望を、夢を持ちましょう。

仕事の不安や悩みをどうするか

中には不安や悩みを持っている方もいるかもしれません。

悩んだりもやもやしたりした時こそ大切なのは「あるべき姿」をもう一度しっかりとイメージすることです。

目標が達成されるとどんなことが待っているかイメージすることです。

例えば、「本日開店の心」「本日入社の心」という言葉があります。

最もモチベーションが高く、最も期待に胸膨らんでいる時です。

その時の気持ちと比べて何が問題となっているか明確にすることです。

明確にできたらしめたものです。

あとはカイゼン方法を考えればいいのです。考える事と悩みとは明確に違います。

また、もし明確にできなかったら、それらのほとんどは「何となく」「漠然としたもの」であると考えましょう。

つまり、根拠がなく、もしかすると勝手な思い込みや先入観かもしれません。

少し気持ちを切り替えるだけで変わっていくと思います。

人生も経営も理想と現実のギャップをいかに埋めるかです。

そういう意味では人生も経営も同じです。

また、目先のことにこだわってしまうと大切なものが見えなくなってしまう部分も共通します。

もし仮に仕事に悩んでいるとしたら、そもそもその仕事は何のために行っているのか目的を明確にしてみてください。

自分が提供する仕事は誰が喜ぶのかと言うことも具体的にしていくことで、やるべき事も明確になってきます。

そして、あるべき姿に対するギャップを埋めることで、いい仕事をしたことになります。

いい仕事をすることによって人から褒められ、必要とされ、役に立つことが実感でき、やりがいや働く幸せを感じることができるのです。

ぜひとも、遠きをはかり(どうあるべきか目的を明確にして)今やれることを確実にしていきましょう。

夢がある人には目標があります。
目標がある人には計画があります。
計画がある人には実行があります。
実行できる人には成果があります。
成果がある人には幸せがあります。
幸せがある人にはロマンがあります。
ロマンがある人には夢があります。

さあ、新年度です。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください