2-6-2の法則からいい会社について考える

2:6:2の法則は働きアリの法則ともいいます組織論でよく話題に出る「2-6-2の法則」というものがあります。働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくる。働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。よく働いているアリと、普通に働いている(時々サ…