PDCAサイクル

いい会社では責任をあやふやにせずそれをプラスに変える

責任をあやふやにしないことがやりがいになる

いい会社では責任をあやふやにしません。

ベテランスタッフさんがまず責任感が強く、その姿勢が中堅から若手社員さんに浸透しています。

しかし、責任という言葉も多くの方にとってあまりいいイメージではないかもしれません。

目先の楽を求めるとつい責任から逃れようとしてしまいます。

それをぜひ反対に捉えて欲しいと思います。

責任に関しても常に「逆転の発想」が必要になります。

どうか責任を明確にすることをプラスに捉えて欲しいです。

責任はとても大切な言葉です。

デジタル大辞泉によりますと、以下のように記されております。

責任とは
1 立場上当然負わなければならない任務や義務。「引率者としての責任がある」「責任を果たす」
2 自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。「事故の責任をとる」「責任転嫁」
3 法律上の不利益または制裁を負わされること。特に、違法な行為をした者が法律上の制裁を受ける負担。主要なものに民事責任と刑事責任とがある。

義務という言葉が出てきました。

これも多くの方にとってあまりいいイメージを持たれない言葉です。

義務は、デジタル大辞泉によりますと、以下のようになります。

義務とは
1 人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務め。「義務を果たす」⇔権利。
2 倫理学で、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと。
3 法律によって人に課せられる拘束。法的義務はつねに権利に対応して存在する。「納税の義務」⇔権利。

いい会社はやりがいを感じられる仕事をしているからこそ

責任を明確にすることも真のやりがいを得ることに繋がります。

そもそも、どんな仕事にも責任があり、責任がない仕事は世の中にありません。

しかし、いつの世もそうですが、責任をあやふやにして仕事をすることがいかに多いことかわかります。

責任を明確にしないと仕事の質が下がります。

そして、「自分は悪くない。誰々が悪い」という他責に繋がっていきます。

人ごと感、やらされ状態で仕事をすることはもったいないことなのです。

まさに当事者意識の反対の状態です。

そういう働き方をする社員さんが多い会社は、ごく一部の例外を除いて待遇面もよくありません。

責任を回避する思考は人の癖だと思います

大分昔のことですが、ある会社でこんなことがありました。

スタッフさんにヒアリングをした時に「私は責任のない仕事をしたいです」と言った方がおりました。

私が「なぜ責任のない仕事をしたいのですか」と質問すると、「プレッシャーが嫌だからです」という答えが返ってきました。

その方は本音を言ってくれたので、私はまず「本音を言っていただいてありがとうございます」と感謝を申し上げました。

そして、私は次のようなことをお話ししました。

どんな仕事でも責任があります。責任のない仕事はこの世の中にありません。
責任がある以上、プレッシャーは常にあります。
しかし多くの方がそのことに気が付かないで仕事をし、目の前の楽を求め、日々成長のない人生を送っています。
プレッシャーは感じることができるあなたならば、それをプラスにしてより素晴らしい仕事をされるようになるでしょう。
あなたの目前には乗り越えられないプレッシャーは現れません。
思い切りプレッシャーを感じて闘うことで楽しさが見えてくることでしょう。
大変なことをした後は、必ず大きな達成感があります。
日々、小さな事でさえも確実に実施することで達成感が得られるのです。

この方もそうでしたが、優秀な力を元々持っているのに発揮される状態になかったのです。

責任から逃れたいという気持ちは、自らの優秀性と可能性を自分で否定しているようなものであり、とてももったいないのです。

その方は、今では惚れ惚れするようなリーダーとなり、その会社を引っ張っています。

いい会社で働く以上、権限と責任は常について回る。だから逆転の発想で

いい会社のスタッフさんは権限と責任を与えられ、当事者意識を持って働いています。

まるで社長のように働いています。

実は、これが真に自由な働き方なのです。

自由だからこそすべての行動に責任が発生します。

自由に働くとは、権限と責任を与えられた中で、自分の裁量でPDCAサイクルを回すことなのです。

自由という言葉も注意しなければなりませんが、決して責任から逃れた働き方のことを指すのではないのです。

責任は自分を高める動機付け要因となります。

いかにリスクやプレッシャーと向き合い、自分の行動を変えていくかがいい会社のスタッフさんの働き方なのです。

みなさんもぜひ責任を明確にする社風を作り、プレッシャーを力に変えてください。

自分たちが変わることで喜びややりがいも共有できる

責任とプラスに意識すると、自分たちが変わることに繋がっていきます。

常に自らが変わるということは、問題点に自ら気がつくと言うことです。

すると、常にPDCAサイクルが回るようになります。

その結果、仕事で得た喜びはとても大きいものになります。

仕事の喜びややりがいというものは、会社から与えられるだけでは得られません。

自ら変わろうとせず「やらされ感」「指示待ち」の状態では達成感も弱いのです。

達成感が弱ければ、お休みやお給料に対するありがたみも薄れて組織全体の生産性が下がっていきます。

いい会社ではスタッフさんはそのことがわかっており、常に自ら進んで考え行動し、チェックし、カイゼンしています。

現状維持という考え方は全くありません。

つまり、常に変わろうとする意識と行動の連続といってもいいでしょう。

だから、1年後の将来もワクワクすることができるのです。

責任を持ち、自ら変わることと達成感は見事に比例する

人ごと感で仕事をし、誰かに言われてから行動を変えようとする働き方は望ましくありません。

しかし、多くの会社の社員さんがその状態になってしまっています。

仕事の責任を果たすために自らより良く変わることと、達成したときの喜びの大きさは見事に比例しております。

ぜひとも前を向き、常に考えて行動していきましょう。

ここでお願いしたいのは、例外の方を出さないようにみなさんで注意していただくことです。

自ら変わることに抵抗感を示すのはベテランスタッフさんに多い傾向があります。

「もう自分は完成しているからいい」と思いがちなのです。

他の会社で時折みられることですが、無意識のうちに批判したり非協力的になったりして、みなさんの足を引っ張る態度を示してしまう方もいます。

それもとても勿体ない働き方なのです。

ベテラン社員さんがより良く変わる組織こそ

本来、ベテランスタッフさんこそ率先して変わっていくことが会社にとって「あるべき姿」です。

そうした会社は強いのです。

これまで何度も「日本でいちばん社員が幸せな会社」といわれている未来工業山田相談役の言葉を紹介して参りましたが、以下の言葉を伝えたいと思います。

〇明るい将来の邪魔をするのは無意識に沸き上がるこれまでの思考の癖・習慣・常識と思っていること

これは自分自身の中にあるものであり、意識すればコントロールできるのです。

コントロールするためには、自ら「どうなりたいか」「どうあるべきか」を明確にする必要があります。

自分の感情よりも「あるべき姿」の方を優先すべきだからです。

そして、日々問題点を見つけてカイゼンする取り組みを積み重ねて「あるべき姿」に近づいていく(PDCAサイクルを回す)のです。

これを「自己実現欲求を追求する」といいます。

それが会社にとってどのような効果をもたらすのかベテランさんは考えられる力を持っています。

そう言ったベテラン社員さんは誰からも尊敬される存在です。

責任感がとても強く、会社のことを常に考えられています。

その姿勢が中堅社員さんや若手社員さんにも影響を与えます。

誰もがこのような働き方を追求することでみなさんの未来は明るいものとなっていきます。

誰もが責任を持っていい会社をつくるために力を合わせることが大切なのです。

責任を明確にしない組織に明るい将来はありません。

大丈夫でいきましょう!

  1. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました
  2. 人と会社・企業

    『人を大切にするいい会社~』が6位にランクイン!
  3. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    『人を大切にするいい会社見つけました』が第3位&3刷
  4. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    有給休暇の取得率が100%で増収増益の会社が静岡にある
  5. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
PAGE TOP