ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

「気付き」は仕事を面白くする源です

  1. 人と会社・企業

気付きは仕事をより良くカイゼンする源

いい「気付き」のために、仕事の目的を明確にしましょう

仕事を面白くするためには、この「気付き」がとても大切です。

「気付き」についてはこれまでもたくさん述べてきましたが、振り返ってみましょう。

デジタル大辞泉によりますと、以下のように記されています。

気付きとは
それまで見落としていたことや問題点に気づくこと。「小さな気付きが大発見につながる」「日々の気付きが成長をもたらす」「生徒の気付きを促す」

気付きによって、カイゼンの源となる問題点(BAD NEWS)を明確にします。

問題点に気付き、カイゼンを積み重ねて行けば、社内からも社外からも評価されるようになります。

そして、そもそも仕事とは、必ず誰かの役に立つべきものだということを念頭に置くことが大切です。

それが仕事の目的になるからです。

仕事を提供する人(社内の人、お客さま)の立場になり、何に困っているのか、どうすれば役に立てるか、また喜んでもらえるかを考えると、様々な気付きが得られます。

実際にそれらの気付きを行動(解決したりカイゼンしたりすること)につなげた結果、仕事を提供した相手(社内の人、お客さま)から感謝されたときは、大きなやりがいを得ることになります。

これらは当たり前なのですが、案外できていない人や会社がとても多いのも事実です。

いい「気付き」のために、まずは仕事の目的を明確にすることを徹底して行きましょう。

気付きは「付加価値」に繋がる源であり、仕事を面白くする源

相手の立場になって考え、自分から率先して気付き、提案し、行動できる人は、お客さまからも会社からも高い評価を得ます。

「気付き」は問題点を解決する源であり、かつ、自分自身に備わる優秀なポテンシャル(能力・魅力)を発揮するための源ともなるのです。

反対に「気が付かない」と「何も考えていない」ように見られてしまいます。

そういった人はなかなか優秀とは認められません。

気付けない要因は、自分本位で仕事を考えてしまうところにあります。

「それまでの思考の癖・習慣」が無意識のうちに沸き上がり、自分だけの目線で仕事を考えてしまうのです。

すると、仕事は「大変なもの」「面倒なもの」にしか見えなくなってしまいます。

そこで止まってしまうと仕事は本当にそれだけのものになってしまいます。

これは非常にもったいないことです。

それらを一度捨てて、仕事の目的を愚直に追い求めることが大切なのです。

まずは、仕事を前向きに捉えましょう。

そして、仕事を提供する相手の立場になって考えて「そもそも目的は何か」を明確にしましょう

それによって、自分から率先して気付くことができるのです。

そのように行動する人としない人では、仕事の「面白さ」に大きな差がつきます。

言うまでもなく、「気付き」は提案の源であり、大きな「付加価値」を生み出します。

例えば、簡単な業務でもプラスアルファの気付きや気遣い、心配りを付け加えてみましょう。

それだけで仕事を提供する相手(社内、社外のお客さま)から『褒められ、必要とされ、役に立っている』という評価が得られ、大きなやりがいとなるのです。

それらの積み重ねによって、給料やお休みと言った待遇面も良くなっていきます。

そして、ここもポイントですが、気付きは価格競争から脱する源ともなります。

気付きは訓練していないと衰える

しかしながら、気付きは常に実践していないといざ必要になった時に気付くことができなくなります。

会社の中で日頃から「気付き」ができているからこそ、お客さまの前でもすぐに気付けるのです。

気付きは感性であり、磨いていないと衰えてしまうことを「人を大切にするいい会社」経営者が共通して述べています。

人を大切にするいい会社では、「気付き」を日々訓練し、常に磨いています。

代表的な例を示せば、未来工業さんでは提案制度、でんかのヤマグチさんでは気付きのための日報が機能しています。

人を大切にする会社は『人財』が差別化を実現し高業績を叩きだしていますが、このような仕組みがあるのです。

これらの会社が同業他社よりも気付きのレベルが高いのは、こうした日々の訓練を重ねているからこそ可能なことなのです。

質よりも量を意識して

理想は意識しなくても常に気付くことです。

でもそれができるのはごくごく一部の方です。

感性である「気付き」は、常に磨いていなければ、いざという時に出てこないことを意識しましょう。

大切な時にも気付くことができず、心配りもできなければ、同業他社よりも低い評価をお客さまから与えられてしまいます。

お客さまに喜ばれるいい商品やサービスを提供することができないと悩まれている会社も多いですが、その理由は実はそこにあることを重ねて申し上げたいと思います。

そうならないように、常に仕事を提供する相手に感心を持ち、相手の立場になって喜ばれることを考えましょう。

仕事は必ず人に提供されます。

その人から「褒められ、必要とされ、役に立っていること」が実感できた時、仕事にやりがいを感じることができるのです。

そうなるために、ほんの些細なことでも結構ですから日々「気付き」を積み重ねていきましょう。

その答えは無数にあり、ひとつひとつが仕事を楽しくさせるものに繋がっていきます。

1年後は同業他社と大きな差が付いています。

またその際に、質より量を意識することもとても重要です。

多くの会社に認められる傾向なのですが、つい「量よりも質」を求めてしまいます。

「些細な気付き」よりも「完璧な提案」を求めてしまうのです。

ついリーダーが部下からのアイディアを否定してしまうのです。

これが常識になってしまうと、社員さんからアイディアが出てこなくなってしまいます。

「アイディアが言いにくい」状態は、風通しの良くない組織風土になりかねないため注意が必要です。

常識を取って、些細な気付きを大切にしましょう。

質より量です。

気付きとクレーム

クレーム等の問題があった時は、お客さまの方が自分たちよりも気付きの力があったと考え、速やかにカイゼンしましょう。

「巧遅より拙速」が大原則です。

そもそもクレームはお客さまから言われることで気付かされます。

本来ならば、そうなる前に自主的に気付いて、未然に防ぐことがあるべき姿です。

そもそも、クレームは相手(お客様)の立場を考えず、自分本位の考え方を推し進めることで発生するケースが多いです。

自分本位の状態では気付きが弱くなります。

常に仕事を提供する相手の立場になって考え、問題点や困っていることに気付けるようにすることがクレームを未然に防ぐ鉄則となります。

気付きによって、自主的に動けるようになる

人からいわれる前に自分で気付いて行動(改善)することができる社員さんは、間違いなく優秀です。

いい会社は、リーダーが指示しなくても自ら気付いて行動する社員さんがとても多いです。

そういった社員さんは、組織の共通目的となる経営理念、社是、行動指針が浸透し、その上で気付きが磨かれています。

リーダーはその自主性の芽となる部下・後輩の気付きを潰さないようにしましょう。

リーダーは、部下・後輩が自分の思い通りに動かなかったとしても、経営理念、社是、行動指針に沿った行動であれば、ある程度大目に見ることがとても大切です。

生産性が低い「指示待ち」、「やらされ感」の社員さんをつくってしまうよりは断然いいのです。

リーダーは、部下・後輩全員が自主的に気付き、率先して仕事をしてくれるようなマネジメントを実践しましょう。

そもそも人は困っている人を助けたいという心を持っている

そもそも、人は「困っている人がいたら助けたい」という正しい心を持っています。

その気持ちに寄り添い、行動する場こそ、仕事なのです。

その源となるのが「気付きの力」です。

気付きは、自分自身の能力・魅力を最大限に発揮することにも繋がります。

そもそも、人は誰でも優秀なポテンシャル(能力・魅力)を秘めています。

仕事においてなかなか評価されなくて悩んでいる方がいたら、そのポテンシャルの発揮の仕方を改善していきましょう。

その具体的な方法は、仕事を自分本位から他人本位に変えることです。

つまり、自分ではなく、提供する相手が喜ぶことを考えることです。

それが「気付き」に繋がり、評価される仕事をする源となるのです。

仕事が自分本位から他人本位になったとき、仕事は大きなやりがいを感じるようになります。

気付きは「困っている人を助ける」「困りそうな人を助ける」という仕事本来に不可欠なもの

最後のまとめとなります。

困っている人を助けるためには、まず誰が何に困っているか「気付く」ことが求められます。

そして、それこそが仕事の「あるべき姿」です。

より良い仕事はいい「気付き」が不可欠です。

そのために、仕事の目的を明確にしましょう

気付いたら、行動することが求められます。

この気付きと行動をセットにすることが大切です。

例え気付いても行動を起こさなければ、せっかくの能力が発揮されていない状態に等しいのです。

能力を発揮することを抑制してしまうのは、「誰かがやってくれるだろう」「後でいいや」「面倒だな」という気持ちが働いた時です。

それらは、無意識のうちに沸き上がる負の感情なのです。

それらを一度捨て去り、行動しましょう。

『人財』とは自ら進んでPDCAサイクルを回せる人です。

そのPDCAサイクルは目的に到達するための目標の数だけ存在します。

日々の問題点に積極的に気付き、コツコツとカイゼンすることで、それらのPDCAサイクルが回るようになるのです。

それが仕事をより面白くしていきます。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください