人と会社・企業

総裁選で経済再生への具体策が聞きたい・・・日本経済新聞

どうかいい世の中の実現をお願いします

自民党総裁選の本格的な論戦が始まったそうです。

安倍晋三首相と石破茂元幹事長は活力ある日本を次世代に引き継ぐ決意を強調しました。

しかし、経済再生や財政健全化に向けた具体案はほとんど語らなかったそうです。

日本経済新聞では、総裁選で経済再生への具体策が聞きたいと結んでおります。

以下、日本経済新聞を引用いたします。

自民党総裁選の本格的な論戦が始まった。安倍晋三首相(総裁)と石破茂元幹事長は活力ある日本を次世代に引き継ぐ決意を強調したが、経済再生や財政健全化に向けた具体案はほとんど語らなかった。重点政策の中身を示し、議論を深めていく姿勢が必要だ。

ふたりは10日、北海道の地震で延期された所見発表演説会と共同記者会見にそろって臨んだ。

首相は長期政権のおごりへの批判を念頭に「私にとって最後の総裁選。自ら省みて改めるべき点は改め、謙虚に政権運営に当たる」と語った。現政権の5年半あまりの経済運営に関しては、成長率や雇用、税収増などのデータを列挙して成果を強調した。

消費税率は2019年10月に予定通り10%に引き上げる方針を示し、税収増の一部を子育て世帯や教育に振り向けると説明した。同時に「すべての世代が安心できる社会保障制度へと3年で改革を断行する」と訴えた。

石破氏は経済再生の核に地方創生を位置づけると述べた。「地方、中小企業、農林水産業に伸びしろは一番多くある」と指摘し、急速な人口減こそが「最大の国難」との認識も示した。ただ、どうすれば地方の底力を引き出せるのかは詳しく語らなかった。

消費税率の引き上げは支持し、その後の対応は医療、年金、子育てなど社会保障のあり方を議論する会議を創設し、将来の税負担と一体で検討すると説明した。

人口減社会を見据えた長期戦略を総裁選で議論する意義は大きい。とはいえ、首相が日本経済新聞のインタビューで示したスケジュールは、まず1年で生涯現役時代にふさわしい雇用制度を構築し、「次の2年で医療・年金など社会保障制度全般にわたる改革を進める」というものだ。

検討段階にそんなに時間をかける余裕があるとは思えない。安倍政権はこれまでも基礎的財政収支の黒字化目標や社会保障の抜本改革の議論を先送りしてきた。

アベノミクスの大胆な金融緩和や機動的な財政出動は、円安などをもたらした一方、企業経営や家計、株式・債券市場にさまざまな副作用を与えている。

日本の生産性や潜在成長率をいかに高め、財政健全化とどう両立させていくかは、総裁選の最大の争点であるべきだ。具体的な選択肢を国民に示していく責任が与党第1党の自民党にはある(日本経済新聞 2018年9月11日)。

みなさんはどのように思われますか?

おふたりとも消費増税に賛成という時点で考えて欲しいと思います。消費増税したら可処分所得が減るんです。

「消費増税は社会保障の充実のためには致し方ない」という論調で思考停止しているような気がしてなりません。

見直すべき点はここではないでしょうか?

これまで毎月200,000円使える方は、正確に言うと185,185円しか使えません。
(毎月200,000円使える方は決して多くないと思いますが)

つまり、約15,000円が消費税として支払われているのです。

それが来年の10月に消費税が2%上がるとしたら、使える額が2%減ってしまいます。

正確に言うと、使える額は181,818円に下がります。

約3,367円が減るのです。

年間にすると、40,404円です。

決して少なくない額が税として納めることになるのです。

こうなってしまったら若者はますます子供を産まなくなるのでは

可処分所得が減れば、若者はますます子供を産まなくなるでしょう。

安心して子供が産める世の中にしていかなければなりません。

国民の生活面でのニーズは、給料が増えることです。

減ることを望んでいる人は誰もおりません。

消費増税は給料が減ってしまうのです。

じわりじわりとダメージが積み重なっています。

消費増税10%を望んでいるのは本当にどれくらいいるのか

こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが敢えて申し上げたいと思います。

国民は消費税率10%がいちばん望んでいないことです。

このことは、何度も何度も繰り返し述べなければなりません。

そんなことをしたら、デフレが深刻化します。

経済がいよいよもたなくなりますよ。

税というのは、不景気だろうと好景気だろうと一定の税収となるべきですか?それとも調整するべきものですか?

国民目線ですと、経済活動が停滞しているときは増税をして欲しくありません。

経済が過熱したときは、仕方ないと思います。

だから、中小企業の景気が過熱したときに消費増税をするべきだと思います。

何と言っても、働く人の7割が中小企業で働いております。

我が国の事業所の99.7%が中小企業なのです。

どうか安倍首相にも石破氏にもこのことを改めて理解していただきたいと思います。

同時に、政治を司る先生方にもご理解いただきたいと思います。

大丈夫でいきましょう!

  1. 人として正しいか正しくないか、自然か不自然か

    出版記念講演会にご参会いただきまして誠にありがとうございました
  2. 人として正しいか正しくないか、自然か不自然か

    江崎書店さん、戸田書店さんでは第1位、谷島屋さんでは第4位に
  3. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    いい会社にしていくために・・・『人を大切に~』が第2位にランクイン
  4. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
  5. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    谷島屋書店さんの今週の総合ランキングで第1位に掲載されました
PAGE TOP