日銀の展望・・・18~20年度物価見通しを下方修正。景気は「緩やかに拡大」

H物価の伸びが鈍化している点が気になります10月も最終日です。早いもので2018年も5/6が終わろうとしております。日銀が消費者物価指数の上昇率の見通しについて発表がありました。2018年度、2019年度、2020年度といずれも下方修正されたようです。以下、日本経済新聞の記事を引…