モチベーション・やりがい・仕事の喜び

働き方改革の真の目的は社員さんが幸せに働くためです

働き方改革の真の目的を明確にしましょう

我が国における「幸福学」の第一人者、慶応義塾大学大学院の前野隆司教授の記事が掲載されていました。

前野教授は先日の『人を大切にする経営学会』でも講演されました。

社員さんが幸せに働くからこそ生産性のアップをもたらし、企業業績を向上させることを多くの方に知って欲しいと思います。

以下、nikkei styleに掲載された文章を一部引用いたします。

近年の研究の結果によると、幸福な社員は不幸な社員に比べて、創造性や生産性が明らかに高いという。企業はどうすれば社員を幸福にできるのか。日本における「幸福学」の第一人者で、「幸せの経営学」をテーマに企業組織の幸福度を上げるためのコンサルティングも手がける、慶応義塾大学大学院の前野隆司教授に伺いました。

■幸せな社員は創造性が3倍高い

白河桃子さん(以下敬称略) 前野先生はキヤノン勤務、ハーバード大客員教授を経て、現在は慶應義塾大学大学院でイノベーション教育の研究に携わっていらっしゃいます。専門領域は企業も注目し始めた「幸福学」。最近、『幸福学×経営学』(内外出版社)という共著も出されました。まずお伺いしたいのは、幸福と生産性の関係について。これまでどんなことが分かってきているのでしょうか?

前野隆司さん(以下敬称略) 国内外でいろんな研究が発表されていて、例えば米カリフォルニア州立大学のリュボミアスキー教授は「幸せな社員は不幸せな社員より生産性が1.3倍高い」というデータを出しています。国内では「ハピネス計測」の技術開発をしている日立製作所の矢野和男さんの研究をはじめ、やはり幸せであることは生産性を30%ほど増やすといわれていますね。また、これも米国の研究ですが、「幸せな社員は不幸せな社員より創造性が3倍高い」という結果も出ています。

白河 3倍ってすごいですね。

前野 創造性に差が出るということは、定型作業(ルーティンワーク)ではなく、非定型な創造性を発揮できる仕事でより幸福度が影響するということでしょう。

白河 工場労働者よりも、知的生産に従事するナレッジワーカーが増えている今の時代においては、「社員の幸福度を上げる」ことが、経営者にとってお得だということですね。

前野 ナレッジワーカーは幸せに働かなければ効率的に生産性が上がらないのだと知っておくべきですね。さらに、企業研究会という団体が行った調査によると、「定型作業をしている人より、非定型の仕事をしている人の方が幸せ度が高い」ということが分かりました。やはりこれからは、できるだけ定型作業を人工知能やロボットに置き換えて、人間は非定型作業で創造性を発揮すると、幸せ度も高まり、かつ創造性・生産性も高まっていくのだと思います。

白河 イノベーション経営と社員の幸福度は切っても切れないものだと。そして、仕事の種類そのものを、幸福度を高めるものへとシフトしていったほうがいいということですか?

前野 はい。高度経済成長期はピラミッド型の製造業大企業型の経営が中心で、「とにかく同じ型の冷蔵庫をたくさん作りましょう」という仕事の仕方さえすればもうかったわけです。でも、今は皆テレビも冷蔵庫もすでに持っているのですから、働き方そのものも変えないといけない。

人工知能(AI)の機械学習の世界なんて、たった1週間で主役が変わってしまうほどの猛スピードで業界が動いているんですよ。こんな時代に、ピラミッドのてっぺんから「えー、わが社の今期の方針は~」なんて悠長に言っていると負けてしまいますよね。組織を構成する一人ひとりがいかに創造性を発揮して働くか、という時代に来ているんです。つまり、時代が求める経営の流れと個人の生き方を満たす幸せのあり方が一致し始めてきたということです(nikkei style 2018年10月24日)。

記事はまだまだ続きますが引用はここまでとします。

私たちが幸せに働くためには、賃金もお休みも人間関係も昇進も重要です。

これらの4つは自分の外側(会社等)から与えられるものです。

実はこれらをいくら高めても「やりがい」は最大になりません。

やりがいをより高めるのは、自分がどうなりたいかという内面の欲求を充足させることであり、さらに世のため人のためにどのように役に立ちたいかを充足させることなのです。

この2つが創造性を発揮させることに繋がるのです。

それらが充足され、人から褒められ、必要とされ、役に立つことが実感できた時に、より一層の大きなやりがいとなるのです。

組織のリーダーはこのことを認識し、部下・後輩の本質的なモチベーションを高めることに努めましょう。

部下・後輩の自主性を促すためには彼らからのアイディアを頭ごなしに否定してはいけません。

傾聴力を鍛えて、部下・後輩を尊重しましょう。

なお、やりがいとは大辞林によりますと次のように記されています。

物事をするに当たっての心の張り合い。しがい。 「 -のある仕事」

働き方の背景にあるのは人口減少。特に若者の減少が労働力不足をもたらしている

繰り返しますが、働き方改革は何と言っても社員さんの幸せのために実践します。

働き方改革の背景には人口減少に伴う労働力不足があります。

若者はこのままいけば減る一方です。

なぜそのようなことが起こってしまったのでしょうか?

私は我が国全体で目先の経営を進めてきた結果ではないかとと思っています。

誰もが目の前のことに精一杯になり、本当に大切なこと(人を大切にすること)をぼやかしてきた結果だと思っています。

だからこそ、人が幸せになるために働き方と考え方を変えていかなければなりません。

自分と会社をより良く変えていかなければならないのです。

働き方改革によって生産性(アウトプット÷インプット)を向上させ、お給料やお休み等の制度を充実させ、若者が子供を安心して産んで育てられる会社と社会をつくりあげていくことが本質なのです。

社員さんが真の意味で幸せならば、いわゆる生産性が向上します。

創造性が3倍になるのです。

それらの積み重ねがお客様を喜ばせ、会社の業績に繋がり、社員さんの給与やお休みの面も充実してくるのです。

きっかけは政府主導でもいいと思います。はじめはやらされ感でもいいと思います。それを追い風に変えていきましょう。

中小企業にとって働き方改革は、政府が進めようとしていることがきっかけとなり取り組むことが現実かもしれません。

それゆえ、消極的な姿勢の企業も多いかもしれません。

はじめはそうであっても、それを追い風にしていくことが大切です。

世の中には、「働き方改革」や「ワーク・ライフ・バランス」という言葉が使われる前から、人を大切にする経営を実践し、高収益をあげ続けている会社があります。

景気の良し悪し関係なく、年々少しずつ成長しながら好業績を上げ続けてきた秘訣は、社員さんとその家族を徹底的に大切にしてきたことに行き着きます。

景気が悪かろうと、遠くに会社があろうと、お客様に追いかけられるように人財が差別化を図ってきたからです。

価格競争をしないよう人財が知恵を出し、社内社外問わず人に喜ばれてきたからです。

働き方改革はそれらをさらに加速させる取り組みであるべきです。

また、経営には必ず危機があります。

その危機を乗り越えるために重要なのは、最前線で働く人財なのです。

大切にする人の筆頭は社員さんとその家族

大切にする人の筆頭は社員さんとその家族です。

『人財』は企業にとって最も大切でかけがえのない存在です。

会社に対して不平不満欺瞞に充ち満ちた社員さんがお客様に最高のサービスを提供できるはずがないのです。

会社が自分のことを大切にしてくれたことで、大切にされた人財は自分の能力・魅力を最大限に発揮しようとするのです。

いい会社では、現状維持ではなく、常により良くを目指しています。

より良くするための源は問題点です。

それゆえ、社員さんは、自分から率先して問題点に気付くことが求められるのです。

その次に大切にするべき人は協力会社の社員さん

その次に来るのは、協力会社の社員さんたちです。

協力会社の社員さん達は、制服の色が違うだけの社外社員さんなのです。

彼らがいるからこそひとつの商品が完成するのです。

協力会社を大切にしてこなければ、協力会社の社員さんの給与は高まりません。

3番目にお客様が来ます。

社員さんとその家族の幸せ、そして協力会社の幸せがあってこそ、高い顧客満足を産むのです。

よく誤解されますが、お客様を大切にするために、社員さんとその家族を幸せにするのです。

4番目には地域の人がきます。

高齢者や障がい者といった方々も含みます。

そして最後に株主です。

もし人を大切にしなければ働き方改革は進まない

働き方改革が目先のことだけの取り組みでしたら本末転倒です。

あくまでも社員さんが幸せになるためのものでありそのための生産性のアップなのです。

それが賃金の上昇をもたらし、休みやすい風土づくりと相まって、いい会社がつくられていくのです。

そういった会社が増えていくことで我が国の永続にも繋がるのです。

企業も国も人がいなくなったら存続しません。

人口減少を食い止めるためには、若者が子供を安心して産み育てられる会社を増やし、社会全体が変わっていくことが求められます。

政治も経営も目先のことではなく、少し先を見据えた取り組みが求められています。

そのための働き方改革を進めていきましょう。

なお、学会の時に坂本先生がお話になりましたが、最近は中国の方からの問い合わせも増えているそうです。

国を問わず人を大切にする経営が求められています。

大丈夫でいきましょう!

  1. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    未来工業 山田雅裕社長をお招きして3
  2. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    ローランドベルガー長島聡社長のAI現場力と和ノベーション
  3. 人と会社・企業

    トーハンさんの各地区で「突出して売れている本」の特集で第3位に
  4. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』を出版
  5. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『人を大切~』が静岡新聞で第1位に!陸王もランクイン
PAGE TOP