PDCAサイクル

2019年4月からの有給休暇の義務化をきっかけにいい会社づくりを

年5日の有給休暇の義務化を追い風に、社員さんのモチベーションと生産性が高まる会社づくりを

2019年4月から有給休暇の取得が義務化されます。

年10日以上の有給休暇が与えられている社員さんに対して、会社は年5日取得させるように義務付けられます。

中小企業を含めすべての企業がその対象です。

義務化されることについては、経営者やリーダーから抵抗感があるかもしれません。

私も義務化自体には疑問ですが、ぜひとも「いい会社に変わるきっかけ」として前向きに捉えて欲しいと思っています。

以前、次のような記事を書きました。

今日はその続きとなるものを書きたいと思います。

余程の組織で無い限り有給休暇は取得できる

有給休暇取得率のアップを目指す上で、次の2点をすべての社員さんが実施する必要があります。

①そもそも有給休暇を取得する目的を明確にすること
②それまでの思考の癖・習慣・常識と思っていることを1度捨て去ること

たったこれだけで有給休暇の取得率アップは実現できます。

①の目的については、大きくいえば有休を取得することで社員さんのモチベーションが高まり、組織の生産性も上がることが「あるべき姿」です。

その目的を明確にして確実に組織全体で共有しましょう。

②のそれまでの思考の癖・習慣・常識と思っていることを捨て去ることも極めて重要です。

「有給休暇を取得すると生産性が下がる」「休めない」と思っている方は1度それを捨てて、反対に考えましょう。

有給休暇の取得ができない真の要因は何か

有給休暇が取得できない理由は概ね以下の4つに分類されます。

①取れる雰囲気でない
②助けあいの社風になっていない
③自分にしかできない仕事が多く、仕事量と仕事時間のバランスが取れていない(だからかわりになる人がいない。)
④本人に取る気がない

これらは互いに連動しています。

「①取れる雰囲気でない」会社も未だ多いです。

その原因は、それまでの思考の癖・習慣・常識が邪魔をしているのです。

「④本人に取る気がない」方が上司にいると、組織全体が取れる雰囲気でなくなってしまいます。

そうならないように、リーダーのひとことが必要となるでしょう(本来はこういった方に有休の義務化をすすめるべきです)。

「有給休暇が取得できない」という思い込みを1度捨て去る必要があります。

捨て去ることによって、組織全体のためになると思うべきなのです。

ムダをなくすために仕事の段取りは確実に。さらに4Sを徹底しましょう

次に、働く時間を効率よくする手法を示します。

そもそも私たちの働ける時間には限りがあります。

それゆえ、ムダをなるべくなくすことが必要です。

その最も大きなムダとは、「何か(モノ)を探す時間」です。

そうしないために、仕事に取り組む前の段取りが極めて重要です。

段取りについては、まずは仕事の目的を明確にすることが必須です。

詳しくは以下の記事を参考としてください。

なお、私たちは年間150時間もの「モノを探す時間」があるといわれています。

つまり、8時間労働に換算すれば約19日がムダな時間なのです。

この時間を無くせば休むことができるのです。

それを無くすために整理、整頓、清掃、清潔があるのです。

特に、整理と整頓だけでも徹底しましょう。

整理・・・いるものといらないものを分けていらないものを捨てること
整頓・・・いるものを使いやすいように決められたところにきちんと置き、誰でもわかるように明示すること

さらにさらに多能工化を進めましょう

有給休暇取得率を高めるためには、「自分だけがいい」という働き方ではなく、「お互いさま」の風土をつくることがとても大切です。

そのためには誰かが休んでも会社の生産性を下げないよう日々知恵を出し、助けあえるように多能工化を進めるべきです。

しかしながら、前述したとおり、この時にこれまでの思考の癖・習慣・常識と思っていることが邪魔をするケースが多いのです。

典型的なケースをひとつあげるならば、「誰かに仕事を教える事や任せることができない状況」があるのです。

自分がやった方が正確だし、誰かに任せることで「自分の思い通りに仕事が進まないこと」にストレスを感じてしまうこともあるのです。

そこで、仕事を以下のLevelに分けて評価制度と連動させてみましょう。

Level 1:ひとりでできないが、仕事を理解しているレベル
Level 2:手順書を見ながらなら仕事を一人でできるレベル
Level 3:仕事を理解しており、一人で実施できるレベル
Level 4:仕事を熟知し、仲間に教えることができる(作業指導できる)レベル

Level1からスタートして4が最高ランクです。

仕事は「誰かに教える事ができる」状態が最高ランクなのです。

多くの方が3で止まってしまっていたら、それだけ組織の生産性も低いですしリスクも大きいのです。

教えられる人が多ければ多いほど、教えてもらった人も増えて組織の生産性が高まります。

自分をより良く変えようとがんばった社員さん(人財)ならば、誰もが有給休暇5日を取れるようになるでしょう

そもそも『常に自分自身の可能性に挑戦し、能力を最大限に発揮するよう努めること』は働くすべての人が当然に求められることです。

だからこそ、会社はそういう人財を絶対に大切にしていかなければならないのです。

それができる人こそがお休みも取れるし給料も上がっていきますし、その先には働く喜びや真のやりがい、人生の豊かさが感じられるようになるのです。

反対に自分の能力を最大限に発揮しようと努力しなければ、組織の生産性は下がっていきます。

生産性が下がれば、働く人の給料も保証できなくなります。

有給休暇はがんばった社員さん(人財)の誰もが取れるようにするのが「あるべき姿」です。

それを実現するためには、働くひとり一人の優秀な能力が十二分に発揮される組織風土を作ることも同時に求められます。

その取り組みがワーク・ライフ・バランスです。

目先の楽に流されるのではなく大変な仕事に挑み問題点を克服することで得られる「真の楽しさ」を誰もが追求できるように進めていきましょう。

組織の共通の目的を明確にし、貢献意欲を持ってコミュニケーションを図っていけば有給休暇を5日取得することは十分可能です。

大丈夫でいきましょう!

  1. 『いいものを安く』から脱却しましょう

    いい会社にしていくために・・・『人を大切に~』が第2位にランクイン
  2. 人として正しいか正しくないか、自然か不自然か

    出版記念講演会にご参会いただきまして誠にありがとうございました
  3. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    『静岡発 人を大切にするいい会社見つけました』が江崎書店さんのサイトで第1位に
  4. モチベーション・やりがい・仕事の喜び

    谷島屋書店さんの今週の総合ランキングで第1位に掲載されました
  5. 人と会社・企業

    大館市福原淳嗣市長とお話しさせていただきました
PAGE TOP