2018年12月31日は平成最後の大晦日・・・今年もみなさまには感謝しかありません

  1. 人と会社・企業

平成最後の大晦日もあとわずかです

平成最後の12月もあっという間に大晦日を迎えました。

あとわずかで2018年も終わります。

本当にあっという間に時間が過ぎ去っていきますね。

2018年はどのような年だったか振り返ってみましょう。

みなさまにとりましても、実にいろいろなことがあったと思います。

いい点はより良く、問題点は見て見ぬふりをせず確実に改善していきましょう。

私からは、まずは今年もいろいろな方に支えていただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

大晦日の日は最も多くの方に読まれたブログのベスト3について振り返りをしてみたいと思います。

今年よく読まれた記事のベスト3は?

今年よく読んでいただいた記事のトップ3をご紹介します。

第3位は

第3位は本音と建て前について書いた次の記事です。

私たちは本音を言い合える関係が理想であると思い込んでいます。

確かに理想ですが、それはとても難しいです。

なぜ難しいのかというと、片方だけが本音を言ってしまっていることがあるからです。

役職が上の方が本音を言っているケースが多いのですが、そうなると部下はどうなるでしょうか?

理想を実現するためにも、逆転の発想で本音と建て前を考える事が必要です。

すると、面白いことが見えてきますという内容です。

コミュニケーションが図れるようになるでしょう。

第2位は

第2位は尾畠春夫さんの大切にしている言葉について書いた次の記事です。

今年は尾畠春夫さんの素晴らしい行動に多くの方が感動しました。

尾畠さんの言葉に多くの方が救われたのではないでしょうか。

誰もがこの気持ちで行動をすることができれば世の中はもっと良くなると思います。

受けた恩だけは絶対に忘れてはならないのです。

それが人間関係をより良くする秘訣です。

第1位は

第1位は中小企業の今冬のボーナスについての記事です。

新聞紙上では、大手企業を中心としたボーナスの調査結果が掲載されています。

大手企業が我が国の事業所数に占める割合はわずか0.3%です。

残る99.7%が中小企業なのです。

しかし、中小企業だけにターゲットを絞った調査は極めて少ないのが現状です。

その中で、大阪シティ信用金庫さんは長年継続して調査を実施してくださっています。

今年の冬のボーナスの状況は多くの方にとって気になる内容です。

支給額自体に驚く方もいるでしょう。

約4割が「支給しない」という内容もショックかも知れません。

しかし、これが中小企業の現状なのです。

いろいろな方が仕事のことや人間関係、会社のことで悩まれています。

ベスト3の記事をジャンルにすると人間関係とお金に集約されます。

人として生きている以上、それらの悩みは常にあります。

でも、それらを前向きに捉えてカイゼンしていくことで将来は明るくなっていくはずです。

例えどんなに辛いことがあったとしても、必ずその体験は生きます。

カイゼンすることによって将来の糧となるのです。

必ず苦しみは報われるのです。

この1年も本当にありがとうございました。

この1年も弊社のブログをご覧いただきまして心よりお礼申し上げます。

日頃からお世話になっているみなさまには感謝の気持ちしかありません。

今年も静岡はもちろんのこと、各地のみなさまとご縁をいただきました。

また、お手紙やハガキ、お問い合わせをくださった方々にも心よりお礼申し上げます。

涙が出てくるほどの感動の言葉をくださった方もおります。

私の方こそ大変な勇気をいただきました。

そうした方に少しでも力になれたのならば幸いです。

みなさまの力が集まり、世の中にいい会社が増えていくことを心より願っております。

来たるべき2019年がいい年でありますことを心より祈っております。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください