寛容な精神と謙虚な対応で政権運営を・・・安倍首相の挨拶

  1. 人財・人づくり

寛容な精神と謙虚な対応で政権運営を

今日は多くの方が仕事始めだったと思います。

安倍首相も仕事始めでした。

自民党本部でのあいさつが紹介されていました。

日本経済新聞の記事を引用いたします。

安倍晋三首相は7日、自民党本部で開いた党の仕事始めであいさつした。今年は統一地方選と参院選が重なる亥(い)年であることに触れ「イノシシは猪突(ちょとつ)猛進にみえて実はしなやかな動物だ。障害物があれば右に左にひらりひらりと交わしていく」と指摘。「今年はしなやかに、寛容な精神と謙虚な対応で政権運営を行っていきたい」と述べた(日本経済新聞 2019年1月7日)。

今年は統一地方選と参院選が重なります。

景気がどのように変わり、選挙にどのように影響を与えるのか注視しましょう。

また「寛容な精神」「謙虚な対応」というキーワードが出てきました。

とても大切なことだと思います。

安倍首相だけでなく私たち国民も寛容でありたいですね

寛容とはデジタル大辞泉によりますと次のように記されています。

1 心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと。また、そのさま。「寛容の精神をもって当たる」「寛容な態度をとる」「多少の欠点は寛容する」
2 ⇒免疫寛容

心が広い人であることを目指しましょう。

心が広い人が会社に多ければ、その会社の生産性が高まることでしょう。

反対に、心が狭い人が会社に多ければ目先のことにこだわり、連携も弱いのです。

人の言動を受け入れるとは傾聴力に繋がります。

他の罪や欠点などをきびしく責めないこともこれからの人財育成の主要テーマです。

これらは、人を大切にするいい会社づくりにも不可欠なものです。

謙虚な対応も安倍首相だけでなく私たち国民に大切です

謙虚さを持つこともなかなか難しいことです。

謙虚とはデジタル大辞泉によりますと次のように記されています。

控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。「謙虚な態度」「謙虚に反省する」

つつましいとはデジタル大辞泉によりますと次に様に記されています。

1 遠慮深い態度である。控えめで、しとやかだ。「―・い振る舞い」「―・く寄り添う」「―・く咲く野の花」
2 ぜいたくでないさま。質素なさま。つましい。「―・く暮らす」「―・く祝う」
3 人に対して、気後れがする。気恥ずかしい。

遠慮深い態度、ぜいたくでないさまであることが大切です。

私たち国民も、しとやかに前に前にへと進んでいきたいものですね。

2019年10月に消費増税を予定している我が国経済は決して楽観視できません。

株価は大幅に反発

今日の日経平均株価は大幅に反発しました。

終値は昨年末以来の2万円台となりました。

以下、日本経済新聞の記事を引用いたします。

7日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前週末比477円01銭(2.44%)高の2万0038円97銭で終えた。日経平均が終値で2万円を上回るのは昨年12月28日以来。2018年12月の米雇用統計の結果を受け、米景気の減速懸念が後退した。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が金融引き締めを急がない姿勢を示すなど、投資家心理の改善につながる材料が相次ぎ、任天堂やトヨタなど主力株に買いが集まった。日経平均の上げ幅は700円を上回る場面もあった(日本経済新聞 2019年1月7日)。

私は1月いっぱいは2万円台をキープするのではないかと思っています。

その背景にあるのは、戦後最長の景気回復局面の達成にあるのではないかと考えております。

1月を超えれば戦後最長になるそうです。

政府としては何としても目指したいと思うことでしょう。

問題は2月以降です。

実体経済はすでに厳しい状況も見てとれます。

特に、来週の3連休の最終日は静岡の街中の飲食店が大変きびしい状況になることが予想されます。

特に夜は人がとても少なくなるのではないかと思います。

それらを予測して、店舗のマネジメントをしていきましょう。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください