2019年アジアカップ・・・日本代表がベスト4に進出

  1. スポーツ

アジアカップの準々決勝、ベトナム戦

昨晩(1月24日)はアジアカップの準々決勝でした。

日本はベトナムと対戦し、1-0で勝利を収めベスト4進出を果たしました。

選手のみなさんはよくがんばりました。

試合内容自体には課題がありました。

日本は決して楽勝ではありませんでした。

敢えて言えば、仕掛けが足りなかったような気がします。

ベトナムの選手はよく走り、テクニック的にも優れていた

ベトナム戦の先発は、サウジアラビア戦のメンバー中心でした。

疲労の色が気になります。
 
前半、日本はベトナムにシュートを許します。

一方で日本はなかなかいい形でシュートまで結びつきません。

ベトナムは日本をよく研究している様子でした。

日本のパスをことごとくカットし、マイボールとします。

ベトナムの選手はよく走り、テクニック的にも大変優れたものがありました。

ほんの少しの決定力がベトナムにあれば、状況は変わっていたことでしょう。

試合を決めたのはVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)

アジアカップではビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)が準々決勝から導入されました。

昨日の試合でも重要な場面でVARが使われました。

1度目は前半23分の日本のコーナーキックの場面です。

柴崎選手の見事なセンタリングに吉田麻也が頭で合わせます。

日本の先制点だと思った矢先、VARによる確認が行われました。

ヘディングしたボールが手に当たっていたと判定され、先制点は取り消されました。

これでベトナムの選手に勢いが生まれました。

しかし、吉田麻也選手は落胆するどころか、すぐに切り替えた点は素晴らしかったと思います。

2度目のVARは後半12分

2度目は後半12分の場面に起きました。

原口選手からのパスを受けた堂安選手がエリア内で倒されました。

テレビのスローモーションでは確かにベトナム選手の足が堂安選手の足にひっかかっていましたが微妙なプレーです。

このプレーもVARによってPKと判定されました。

堂安選手は冷静にPKを決めて日本は先制しました。

結果、この得点が決勝点となりました。

VARは試合の局面を決める重要な場面で使われますが、改めてそのことを実感しました。

違いをつくったふたりの選手

後半27分、大迫選手が北川選手に代わって投入されます。

すぐに大迫選手らしいボールのキープ力が発揮され、日本の攻撃のスイッチを入れます。

これまでと明かな違いがありました。

大迫選手はやはり半端なかったです。

後半33分、原口選手に代わって乾選手が投入されました。

これでリズムが一気に変わった感じがします。

前戦からのディフェンス、ドリブル、パスどれも素晴らしいものでした。

こういった時に決めきれることが世界で闘うためには不可欠です。

乾選手はワールドカップでそのことを実証したのです。

乾選手も明確に違いをつくれていました。

いよいよ次戦は準決勝

日本代表は1月28日の月曜日に決勝進出を賭けてイラン代表と闘います。

大一番となります。

攻撃の時は積極的に仕掛けて欲しいと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください