厚労省は賃金について2018年は多くの月で前年同月を下回ったとの見解

2018年1~11月の実質賃金は11カ月中9カ月で前年を下回ったか毎月勤労統計の不適切調査問題を受けて、厚生労働省は賃金について2018年は多くの月で前年同月を下回ったとの見解を示しました(物価変動の影響を除く実質値)。これはとても大切なことだと思います。以下、日本経済新聞の記事を引用いたします…