人生も働く時間も限りがあるからこそ有効にしていきましょう

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

限りある働ける時間を有効にするために

私たちの人生には「働く時間」が含まれています。

この「働く時間」について、ぜひとも前向きに考えていきましょう。

働く時間の「期間」は、一般的には学校を出てから定年を迎えるまでです。

相当長い間に感じるかもしれませんが、私たちが働ける時間は有限です。

そして、決して増えることはなく、どんな方でも刻一刻と短くなっています。

今この瞬間も短くなっているのです。

人生を充実させるためにはこの働く時間を有効に使うことが必須です。

では、そのために何をすれば良いでしょうか?

今日は「人を大切にするいい会社」に共通するポイントを紹介します。

働く時間を有効に使うためのポイントは3つ

働く時間を有効に使うためには、以下の3つが重要なポイントとなります。

〇仕事(ものごと)の目的を明確にすること。そうでなければやらないこと。
〇重要だけど緊急性の低い事柄に関する時間を日々少しずつ捻出すること。
〇期限を明確にすること。期限を守ること。

これらは人を大切にするいい会社に共通して認められる傾向です。

簡単に解説をしていきます。

仕事(ものごと)の目的を明確にすること。そうでなければやらないこと。

仕事の目的を明確にすることは時間を有効に使う上で極めて重要です。

かつ「目的が明確でなければやらない」ことも重要です。

「なんとなく」仕事をしてしまうことで、やり直しがあったり、ムダな残業や休日出勤をしたりしてしまうのです。

仕事やものごとには必ず目的がありますので、まずは明確にしていきましょう。

それをせずに仕事に取り組んでもいい仕事はできませんし、時間もいくらあっても足りません。

なお、マネジメント面で言えば、上司は「いいからやれ」という指示を出してはなりません。

目的を明確にして共有できるような指示を部下にだすべきです。

目的を明確にすることで、段取りも効率よくなっていきます。

重要だけど緊急性の低い事柄に関する時間を日々少しずつ捻出することについて

私たちの1日の仕事は「重要かつ緊急性の高い事柄」で終わってしまいがちです。

また、緊急性の高い仕事ばかりこなしていると、時間に追われるようになっていきます。

段取りや振り返りすらもできなくなってしまいがちです。

そのような日々を過ごすと将来に繋がることが何一つできないまま時間が過ぎ去っていきます。

これでは勿体ないのです。

時間を有効に使うためには「重要だけど緊急性の低い事柄」を日々の計画に入れ込むことが大切です。

この時間には段取りや振り返りも含みます。

誰かに感謝の気持ちを伝えることも、提案する書類を書くことも含みます。

これらは仕事の品質や人間関係をよくするための時間なのです(いい会社にしていくための時間です)。

時間は一つのことに対して10分以内で結構です(大いにこまぎれ時間、すきま時間を活用しましょう)。

計画的に捻出し実行することで将来が変わってきます。

期限を明確にすること。期限を守ること。

時間を有効に使うためには「期限を明確にすること。期限を守ること」も極めて重要です。

「いつまでに」が明確になっていないと、効率が下がっていきます。

私たちは時間に関してつい「エンドレス」になりがちです。

例えば、残業がなぜいけないのか時間の面から説明すると、その日の「いつまで」が決まっておらず無駄が多いためです。

遅くまで残業する雰囲気がある会社の方々はぜひ注意して欲しいです。

逆転の発想で、同じ内容の仕事を始業前の早朝に行ったとしたらと考えてみてください。

きっと効率は上がるでしょう。

なぜなら、期限が決まっているからです。

定時になったら朝礼や通常業務がはじまるためです。

それまでに済ませようとすることで効率は高まるのです。

時間に対する読みももっと真剣になることでしょう。

同じように、打ち合わせや会議の時間も「いつまで」という期限を決めましょう。

働く時間に限りあるからこそ

いかがでしょうか?

どれもすぐに実践できるものです。

習慣化できるまでやり続けることもポイントです。

私たちはどうしても仕事の時間に対して受け身になりがちです。

すると「考えない」時間も増えていきます。

上記した3つのポイントの反対の状態になってしまいます。

考えないことは楽ですが、仕事が楽しくなりません。

また、上司からの指示を待って仕事をしてしまう状態では生産性も下がってしまいます。

このような「指示待ち」「やらされ感」のまま仕事をしないように意識を変えていきましょう。

私たちの人生も働ける時間にも限りがあります。

誰もが充実したいい人生を送るために、ぜひこの時間を有効に活用しましょう(間違っても長時間労働をしてはいけません)。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください