ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

飛び石連休の今週はモチベーションも高いし地方の街中も賑わう?

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

今週は祝日が木曜日にあります

明日の木曜日は春分の日で祝日です。

しかし、明後日の金曜日は平日ですので仕事の方も多いことでしょう。

中には「何で飛び石連休なんだよ。金曜日も休みにしてくれよ。」と不平不満が出る方もいるかもしれません。

もしそのように思われたなら、逆転の発想をして欲しいと思います。

なぜならば、飛び石連休にはいい働き方やいい会社づくりの鍵を握っていると思うからです。

また、もしかすると地方の経済が活性化するかもしれません。

「え?」と思われる方はほんの少しその思考の癖を取ってみましょう。

私は今週こそ理想の祝日の配置だと思っています。

その理由を以下に示します。

知恵を出して仕事をやり繰りし有給休暇を使った人こそあるべき姿です

金曜日に自分の仕事を工夫して有給休暇を取得される方もいることでしょう。

中には休めない状況であったけれど、知恵を出して休めるようにした方もいるでしょう。

私はそれが本来の「あるべき姿」だと思っています。

もっと言えば、飛び石連休は組織の生産性を高めると思っています。

4連休になればうれしいですから、社員さんのモチベーションも高まると思っています。

また例え休めなかったとしても金曜日の出社は幾分気が楽な方も多いのではないでしょうか?

制度は与えられただけでは機能しない

これまでいろいろな会社を訪問し支援してきました。

とても痛感することであり結論なのですが、制度は会社から一方的に与えられるだけでは決して機能しません

有給休暇も然りです。

多くの方の常識では、制度は会社が当然用意し、与えられるものであると思っているかもしれません。

そして、それを使うことも当然の権利であり、常識であると思っているかもしれません。

今回はそれらの「常識」を1度疑って欲しいと思います。

現実的な話をすると、上記の状態の会社は制度が機能していません。

有給休暇を取得しても社員さんのモチベーションが高まっていないのです。

生産性も高まりきらないのです。

制度を活用してモチベーションと生産性が高まっているか

そもそも制度は社員さんが幸せに働くためのものです。

もっといえば、制度は活用した社員さんのモチベーションがあがり、組織としての生産性も上がることが求められる姿なのです。

それが当然の権利になってしまうとどうでしょうか?

休日に対するありがたみが薄れてしまいはしないでしょうか?

苦労して取得した休みだからこそありがたみがわかるのです。

ありがたみが薄れてしまうと、時間を大切に使わなくなってしまいます。

時間を有効に使わなくなってしまいます。

飛び石連休の方が生産性もモチベーションも高まると思っています。

例えば月曜日の祝日は大変ありがたいけれど

私たちはハッピーマンデー制度によって月曜日の祝日が増えました。

これはとてもありがたいことだと思います。

しかし、これが当たり前になってしまうとどうなるでしょうか?

休むことに対して「考えなくなる」のです。

仕事に対しても知恵が出る機会を失うのです。

3連休が終わって「よし、明日からがんばるぞ!」という気持ちで出社できれば理想です。

残念ながら、そういった方は多くないかもしれません。

今年のゴールデンウイークは10連休です。

ありがたいことですが、私たちは祝日のあり方についても真剣に考える必要があると思います。

飛び石連休によって街中も潤っている

静岡市の街中では今週の月曜日の夜からいつもの月曜日と違って人が多い印象を受けています。

火曜日もそれほど悪い印象はありませんでした。

飲食店の店主さんもタクシーの運転士さんもいつもの平日よりも今週はいい状態であると教えてくれました。

「25日の給料日直前の週だというのに意外だ」という方もいました。

私は祝日の位置がキーだと思っています。

木曜日が祝日であることが消費意欲をアップさせているのかもしれません。

何となく気持ちが楽に感じている方も多いかもしれません。

さて、今日も明日も明後日も街中が賑わうことを願っております。

このまま春の到来を祝いたいものです。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声