平成という時代がゆっくりと幕を閉じようとしています

  1. 人と会社・企業

平成という時代の最後の日

2019年4月30日の今日は平成の最後の日です。

午後5時過ぎに皇居・宮殿「松の間」にて「即位礼正殿の儀」が執り行われました。

天皇陛下が国民である私たちに向けて最後となるお言葉を述べられました。

以下、日本経済新聞の記事を引用いたします。

30日午後5時すぎ、皇居・宮殿「松の間」で「退位礼正殿の儀」が執り行われ、天皇陛下が国民に向けて在位中、最後となるお言葉を述べられた。

陛下は「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」としたうえで、「明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と述べられた。

憲政史上初となったこの儀式には、天皇、皇后両陛下をはじめ、皇太子ご夫妻ら皇族方、三権の長や地方自治体の代表ら約300人が出席した。

平成最後の日となる30日は、午前中から皇居・宮中三殿で退位礼の挙行を報告する宮中祭祀(さいし)も営まれ、国事行為の「退位礼正殿の儀」で、3月から続いた一連の退位の儀式は終了。両陛下はこの後、夜にかけて、関係者からあいさつを受けられる(日本経済新聞 2019年4月30日)。

みなさまにとって平成という時代はどのようなものだったでしょうか。

私は陛下のお言葉が心に染みてきました。

お礼を申し上げたいのは私たち国民でしょう。

令和の時代を平和で実り多いものとなるように、私たちは問題点を改善しながら進んで行かなければならないと思います。

平成の時代は少子化という大問題をもたらしてしまった

平成という時代を経済的に申し上げれば、バブルが弾けて「いいものを安く」を競い合った時代だったと思います。

それによって企業は目先の利益を追い求め、本来大切にするべき「人」をないがしろにしてしまった感があります。

デフレ経済となってしまった現在、生活や子育ての糧となる給料を高めていくことは困難になっています。

そのツケは、私たちに少子化という大きな問題となって回ってきています。

人手不足、後継者不足によって、会社の存続すら危ぶまれるものとなってしまったのです。

こうした問題を改善していかなければなりません。

どうすれば改善されていくかについては、明日述べてみたいと思います。

平成は実にいろいろなことがありました。これらが明るい将来に繋がっていきます

私自身にとっても、この31年は実にいろいろなことがありました。

ひとことでは言い表せません。

幸せや喜びを感じたことも。

大いに感動し、涙したことも。

達成感に満足したことも。

感謝されたことも。

必要とされていることに喜びを感じたことも。

また、大いに悲しみ、涙したことも。

絶望を感じたことも。

怒りがこみ上げてきたことも。

不満を感じたことも。

後悔したことも。

今はっきりと言えることは、これらすべてが令和から続いていく明るい将来への糧となるということです。

ぜひとも将来をよりいいものにしていきたいと思います。

過ぎゆく平成という時代に感謝します

今日を最後に「平成」という元号は使われなくなります。

これまで当たり前のように「平成」と書いていたのですから、何だか不思議な感じがいたします。

また寂しい気持ちもあります。

今日という日、そして「平成」は二度と戻ってこないことを意識し、当たり前だった存在の大切さを実感したいと思います。

この過ぎゆく平成という時代に感謝いたします。

本当にありがとうございました。

そして、私たちは「今」を懸命に生きています。

令和の時代も懸命に生きていくことでしょう。

永久の平和をつくっていくのは私たち一人一人の力の結晶だと思います。

そのために、私たちは前を向いていかなければならないと思います。

平成はゆっくりとその歴史の幕を閉じます。

いよいよ令和の時代が幕を開けます。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください