2019年も半分が過ぎようとしています・・・いい1年にしていくために

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

あっという間に2019年の上半期が過ぎようとしています

今日は6月30日です。

早いもので2019年も半年が過ぎようとしています。

毎年のことながら、本当にあっという間です。

令和になっておよそ2ヶ月が過ぎたことも信じられません。

今年も大晦日をあっという間に迎えることでしょう。

その時に「今年もいい1年だった」と言えることが「あるべき姿」です。
(それ以上に、その時が無事に訪れることも「あるべき姿」であると同時にとてもありがたいことです。)

ぜひ、より一層前に進み、いい下半期にしていきましょう。

2019年の目標を思い返して改善を図りましょう

忘れがちな年頭の目標を思い返してみましょう。

目標と現実が乖離してしまっていることもあるかもしれません。

より良い1年にしていくためには、「このままではいけない」といい意味での危機感を抱くことがとても重要だと思います。

諦めてはいけません。

そこに気付くことがとても大切なのです。

目標を思い返すことがないまま時間が過ぎ去るよりは余程ましなのです。

時間が過ぎ去る早さを痛感しながらPDCAサイクルを回していきましょう。

私自身の今年の目標もまだまだ未達です。

目標を達成するために問題点を見つけて改善していきます。

最後にみなさまに心よりお礼申し上げます

上半期も静岡県内はもちろんのこと、全国各地を訪問させていただきました。

本当に多くの気付きと学びがありました。

お目にかかることができたすべての方々に心よりお礼申し上げます。

また、このようなことを報告するのも恥ずかしい限りですが、おかげさまで先日(6月27日)、このブログも600日連続で更新することができました。

本当にありがとうございます。

大変つたない内容のブログですが、少しでもみなさまのお役に立てるような記事があればこの上ない喜びです。

少しでも世の中に「人を大切にするいい会社」が増えていくことを願っております。

人を大切にするいい会社はひとことで言えば生産性が高い会社です。

それは、社員さんのモチベーションが高いためです。

社員さんの自主性が重んじられているのです。

社員さんの給料も同業他社より高く、お休みも取りやすい組織風土が構築されています。

また、協力会社の方々や社外社員さんも大切にしています。

そのような会社が増えていくことがデフレ脱却や少子化対策、地方創生に不可欠であることを強く認識しております。

また、最近のトレンド?で言えば、年金対策にも繋がることでしょう。

さあ、明日から7月です。

2019年の下半期も関わる人たちの幸せのために全力を尽くします。

大丈夫でいきましょう!

追伸:熊本地方のみなさまへ

本日、熊本地方では記録的な大雨が降っているというニュースを見ました。

先日は熊本を訪問させていただき、みなさまには大変お世話になったばかりです。

今週は大雨が続くという予報も出ており、とても心配しております。

みなさまの安全を心より祈っております。

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください