賃上げ率は平均2.07%、中小企業は1.94%・・・連合の2019年春季労使交渉

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

賃上げ率は平均2.07%、中小企業は1.94%

連合の2019年春季労使交渉の最終集計結果によりますと、賃上げ率(定期昇給とベースアップの合計)は平均2.07%だったそうです。

これは前年と同じ数字でした。

人手不足により、社員さんの待遇改善に取り組む動きが続いているようです。

なお、中小企業の賃上げ率は1.94%でした。

20年ぶりの高水準だった前年からやや低下しました。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

連合は5日、2019年春季労使交渉の最終集計結果を取りまとめた。定期昇給とベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は平均2.07%で前年と同じだった。景気先行き不透明感はあるものの、人手不足を背景に従業員の待遇改善に取り組む動きが続いている。中小の賃上げ率は20年ぶりの高水準だった前年からやや低下し、0.05ポイント低い1.94%だった。

8043組合を対象に集計した。85%の組合が19年春闘で要求を提出。月例賃金の改善を要求したのは全体の69%にのぼる5540組合だった。

月例賃金の引き上げ額の平均は、前年比63円増の5997円だった。全体の賃上げ率は前年と同じだったものの、従業員数1000人以上の大企業で前年を0.03ポイント上回る2.12%となったほか、100人未満の企業も前年より0.01ポイント高い1.87%だった。

人手不足で人材の争奪戦が続くなか、中小・零細企業の間でも賃金を引き上げて人材確保やつなぎ留めに結びつけようとする動きが広がってきたもようだ。

非正規社員の賃金も前年から改善。賃上げ幅の平均(時給ベース)は、前年より1.21円高い25.91円で、平均時給は994.64円だった。20年4月からは正社員と非正規社員の不合理な待遇差を禁じる「同一労働同一賃金」制度が始まる予定だ。今後は非正規社員のさらなる処遇改善が求められることとなりそうだ(日本経済新聞 2019年7月5日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

まずはいい点から述べたいと思います。

非正規社員さんの賃金が増えたことは良かったことです

非正規社員さんの賃金が改善されたことは素晴らしいと思います。

我が国全体でデフレから脱却するためには、正規、非正規問わず、働く人の賃金が高まらなければなりません。

また、家計の収入が増えることが少子化対策にはとても重要となります。

引き続きこの流れが続くことを強く願います。

問題点としては、所得が高まったとしても消費増税で相殺される点

続いて問題点をあげたいと思います。

消費増税は8%から10%に2%上がります。

これを単純に言えば、私たちの可処分所得が2%減るということです。

それゆえ、賃上げ率が2%では消費増税に相殺されてしまうのです。

中小企業での賃上げ率は平均1.94%ですから深刻です。

消費増税により生活が確実に苦しくなります。

この悪影響は長い期間に及ぶかもしれません。

政府が景気回復局面だと言っているのならば、その腰骨を折らないようにしていただきたいと願っております。

このようなことを防ぐために、我が国は何が必要なのでしょうか?

賃金を上げるためには

中小企業側の目線から申し上げたいと思います。

賃金を高めようとするならば、デフレ経済からの脱却が必須です。

つまり、我が国にはびこる「いいものを安く」から一刻も早く脱却することが求められます。

売上高は客数×客単価からなります。

しかし、ひとつの商品単価が下がれば、その分たくさん作り、かつ、売らなければ売上高は伸びません。

しかし、人口減少社会に入った我が国において、客数を伸ばすことは至難の業です。

また、商品の単価が下がれば、忙しいけれど儲からないという悪循環に陥ってしまうのです。

「いいものを安く」からの脱却は、中小企業で働く人たちの賃金を高め、家計を助けます。

中小企業で働く方の割合は労働者のおよそ7割です。

多くの家計で賃金が高まれば、少子化対策にも繋がるのです。

人を大切にするいい会社を増やしていきましょう

我が国には、会社の業績はもちろん、社員さんの賃金もモチベーションも高い会社が実際に存在します。

それらの会社に共通するのは、人を大切にする経営を実践しているということです。

大切にする「人」とは以下の5人です。

〇社員さんとその家族
〇協力会社さんや非正規社員さん
〇お客さま
〇地域の人(高齢者や障がい者)
〇株主

大切にする順番もこの通りです。

目先の経営ではなく、「人」を大切にする経営を実践する会社が増えていけば、我が国は多くの問題を克服することができるでしょう。

少しでもそのような会社が増えていくことを願い、また、そうなるよう全力を尽くします。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください