TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」がスタートしました

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

黄金タッグによるドラマ化

TBSのドラマ「ノーサイド・ゲーム」がスタートしました。

半沢直樹や下町ロケットでおなじみの池井戸潤先生原作、福澤克雄監督の黄金タッグです。

きっと面白いだろうという期待がありました。

また、ラグビーワールドカップも控えており、どのような盛り上がりを見せてくれるのか注目しました。

主人公はエリート社員から脱線した君嶋

主人公は、トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人です。

君嶋はエリート社員であり、自分が正しいと思うことを貫くタイプの人間です。

君嶋は上司と反目します。

滝川桂一郎常務は企業買収を進めようとしていました。

これに対して、君嶋は反対意見を述べました。

はっきりと「できません」という意見をいう君嶋はすごいと思いました。

君嶋の意見が通り買収は見送られました。

ところが君嶋は飛ばされてしまいました

しかしながら、君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされてしまいました。

さらに君嶋は、トキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務することになりました。

このアストロズは島本博社長の肝煎りで創設されたチームです。

かつては強豪でしたが今は成績が低迷し、毎年14億の巨額赤字を抱えています。

会社の社員も誰も見向きもせず、お荷物のような存在になっています。

君嶋はラグビーについての知識も経験もありません。

なかなか前向きになれませんでした。

君嶋はアストロズを廃部にしようと決めました。

滝川常務とはアストロズに関しては意見が同じでした。

滝川常務はアストロズを廃部にしようとする君嶋に「お礼をする」と言いました。

君嶋は滝川部長からの「お礼」に期待しました。

そのお礼とは、本社に戻ることです。

君嶋はそのための報告書をつくり、取締役会を迎えようとしていました。

滝川常務に期待していたお礼は?

ところが予想しない事態が起こります。

滝川常務は企業買収を諦めていなかったのです。

さらにアストロズが廃部となれば、社内の情勢は一気に滝川常務に傾きます。

社長も退任するかもしれません。

君嶋が滝川常務から期待していた「お礼」は本社に戻れる内容ではありませんでした。

完全にはしごを外された形の君嶋。

行き場を失った君嶋は、その怒りをラグビーにぶつけます。

降りしきる雨の中で、何度も何度もタックルを繰り返して、選手達とぶつかり合います。

そこで君嶋は覚悟を決めたのでした。

君嶋が選手達を鼓舞します

次の日、君嶋は選手達を集めます。

選手達から、取締役会でアストロズを廃部する報告書をあげたことを追求されます。

君嶋はそれを正直に認めました。

ただし、それは「そうしようとしていた」という過去形で述べられました。

そこから、君嶋は選手達をを鼓舞しはじめます。

選手達の痛いところを突きながらも、現実的かつ論理的な話をしながら。

「ラグビーに誇りを持て」と。

「プラチナリーグで優勝しろ」と。

それによって、選手達も気持ちが変わりました。

君嶋の新しい報告書によって、アストロズは1年の猶予が与えられました。

これから新たな闘いが始まります。

さすがの安定感ある面白さ

第1話は期待以上の面白い内容でした。

また、安心してみていられるのも特徴でした。

ラグビーを知らない方でも理解できる内容です。

第2話もとても楽しみです。

これからのアストロズの復活劇に大いに期待して1週間をがんばりましょう。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声