吉本興業側に止められた・・・宮迫さんと亮さんが記者会見

  1. 人と会社・企業

宮迫さんと亮さんが記者会見

芸能界を大きく揺るがす事件が連続しています。

そのひとつとして、闇営業と反社会勢力との繋がりの問題があります。

闇営業とは、事務所を通さずに仕事を得るということです。

この件に関して、昨日、宮迫さんと亮さんが記者会見を開きました。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

反社会勢力のパーティーで会社を通さない「闇営業」をしていたとして、吉本興業との契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)と、謹慎処分中の「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)が20日午後、東京都内で記者会見を開いた。

会見は吉本興業を通さず、2人が設定し、都内のイベントスペースで開催された。宮迫さんは冒頭、謝罪をしつつ「(吉本興業の岡本昭彦社長から)会見をしたらお前ら全員クビにするからな」と言われたことを明らかにした。

黒のスーツに黒のネクタイで会見に臨んだ宮迫さんは、時折声を詰まらせながら「保身からくる軽率な嘘から大きな騒動になってしまった。詐欺被害に遭われた被害者に、不快なつらい思いをさせてしまった」と述べ、頭を下げた。

そのうえで、「金額や経緯、事実について会見をさせてほしいと直訴したところ、会社側から『静観でいきましょう』といわれた」と、吉本興業側から止められたことを明かした。

会見の開催をめぐり、2人が弁護士を雇い、会社側とやり取りするようになると、「2人の引退会見か会社との契約解消か、どちらかを選んでください」とする書面が届いたという。宮迫さんは「ただ謝罪をしたかった。正直不本意な形となってしまった」と述べた。

田村さんも謝罪の言葉を述べながらも、会見の開催をめぐって会社側に対し「不信感しかなくなった」と訴えた。

今後の活動については2人とも「今は引退は考えられない」と話した。

吉本興業の広報担当者は会見を受けて、「内容を精査したうえで、後日なんらかの対応をする」としている。

宮迫さんは約5年前に振り込め詐欺グループの会合で営業した件で、今年6月、吉本興業から謹慎処分を受けた。当初は報酬を受け取っていないとしていたが、100万円の受領が判明。今月19日発売の写真週刊誌には、福岡市で2016年、約7億5千万円相当の金塊を盗んだとして窃盗罪に問われた人物らとの写真が新たに掲載され、同日付で吉本興業との契約を解消された(日本経済新聞 2019年7月21日)。

みなさんはどのような感想を持たれましたか?

この内容が事実だとしたら、芸能界は相当病んでいるのではないかという疑いの目を向けざるを得ません。

芸人さんを守るべき立場の事務所がそれをしないとしたら、一体何のための芸能事務所なのでしょうか?

もちろん、悪い行いがあった場合は是正していくべきです。

その機能があまりにも弱いような気がしてしまいます。

芸能事務所は誰をみているのでしょうか

会見では吉本興業側がパワハラともとらわれかねない対応を宮迫さんらにしていることが明らかになりました。

速やかに真実を世の中に説明することに対して抵抗を示した吉本興業の姿勢が疑問視されます。

「静観でいきましょう」という判断にも驚きました。

いつも思うのですが、その世界において隆盛を極めた組織は必ずガラパゴス化しませんか?

つまり、世間一般とは懸け離れた、独自の進化を遂げてしまうと言うことです。

そうなると、いわゆる社会的責任であったり、世の中の一般常識というのが無視されてしまいます。

聞けば書面による契約もないそうです。

こうした姿勢が結果的に芸人さんを守らないことに繋がってしまったのではないでしょうか?

闇営業と反社会性力ととの繋がりは全く別問題

今回、最も大きな問題だったのは、反社会的勢力からの仕事だったことです。

ここは明確な線引きが必要だと思います。

闇営業と反社会性力からの仕事は全く別の問題です。

その上で、私は芸能事務所が闘うべき相手が違うような気がしてなりません。

闘うのは反社会的勢力です。

これは吉本興業だけに言えることではありません。

芸能界と反社会的勢力との繋がりは週刊誌等の報道で目に触れる機会も少なくありません。

もしかしたら多くの方が疑いを持っているかもしれません。

今こそ、すべての芸能事務所が一致団結して、反社会的勢力との根絶を宣言し、行動で示すべきです。

もし、それができなければ、芸能界には根深い問題があると推察せざるを得ません。

芸能事務所や芸能界がこれからも繁栄していくために

繰り返しますが、誰に問題があるかと言えば、明らかに反社会的勢力です。

ところがそこについてはあまり強く論じられていないのが不思議です。

その撲滅と、それらから芸人さんを守るために動いていくことが大事なのではないでしょうか。

そうならないために重要なのは現場からの「BAD NEWS FIRST!」なのです。

問題が起きたら素早く改善し、対応することなのです。

どんな組織も人間も完璧ではないから問題は起こるものだという前提で物事を考えるべきなのです。

この度の吉本興業の対応は全く逆だったと思わざるを得ません。

このままではトカゲのしっぽ切りと揶揄されても仕方ないでしょう。

吉本興業は22日に記者会見が行われるようです。

言い訳は結構です。

今こそ、芸能界が駄目になるか、立ち直るかの瀬戸際です。

もちろん芸人さんもファンも後者を望んでいます。

そのための記者会見となることを願っております。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください