吉本興業の岡本社長による記者会見・・・目的が明確になっていなかったのでは?

  1. 人と会社・企業

ダウンタウンの松本人志さんが動いたことによって実現

本日、吉本興業の岡本社長による記者会見が行われました。

これは昨日の宮迫さんと亮さんの記者会見を受けて、ダウンタウンの松本人志さんが動いたことによって実現したものです。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

吉本興業は22日、所属タレントが反社会勢力のパーティーで会社を通さない「闇営業」をしていた問題を巡り、東京都内で記者会見を開いた。岡本昭彦社長は「反社会勢力からタレントが金品を受け取っていたことを深くおわびする」と陳謝。騒動の責任を取り、自身と持ち株会社である吉本興業ホールディングスの大崎洋会長を1年間の50%減俸処分にすると明らかにした。

闇営業をしていたとして、契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんらが20日に開いた会見への対応。宮迫さんらによると6月上旬の問題発覚以降、謝罪会見を開くことを吉本興業に求めたものの、岡本氏から「会見したらおまえら全員クビにするからな」などと言われたという。

岡本氏は会見が遅れた理由として、事実関係の確認が十分でなかったことを挙げた。「一日も早く謝罪をしたい芸人と正しい意思疎通ができず、つらい思いをさせてしまった」と述べ、宮迫さんに対し「処分を撤回し、改めてミーティングの席を設けたい」と復帰に向けて協議を進める意向を示した。

また、岡本氏は「話し合いがなかなか進まず、芸人から被害者への(謝罪の)思いも伝わってこなかった。こうしたなかで父親が息子に勘当するという気持ちで『クビにするぞ』と言った」と説明した。自身の退任については否定した。

吉本興業は所属タレントへのコンプライアンス(法令順守)研修を実施してきた。2015年から若手タレントの集合研修を増やし、16年以降は警察から講師を招いて反社会勢力や薬物などの危険性についての講習も開いてきた。しかし、宮迫さんらの反社会勢力への闇営業が判明した。

岡本氏は「反社会勢力を排除してきたが、結果的にできていなかった」と認めた。再発防止のため、所属タレントが反社会勢力から声をかけられたときなどに相談できる24時間体制のホットラインの利用を促すという。所属タレントは約6000人に上る。反社会勢力とのつながりを断つには、管理体制の見直しも必要になりそうだ。

吉本興業ホールディングスは4月、NTTと教育向け動画配信事業を始める目的で共同出資会社を設立した。関西では18年秋からJTB西日本や京阪ホールディングスなどと万博記念公園(大阪府吹田市)の管理業務を受託するなど、事業の幅を広げている。コンプライアンスはパートナー企業も重視しており、吉本興業は事業拡大の側面からも対策の徹底が求められる(日本経済新聞 2019年7月22日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

多くの方がとても歯切れの悪い内容だったと感じられたのではないでしょうか。

私も同感です。

なぜなのでしょうか?

宮迫さんと亮さんの主張とは食い違いが生じている

昨日の記事でも記しましたが、言い訳めいた記者会見はしてほしくありませんでした。

芸能界が駄目になるか、立ち直るかの瀬戸際であることを自覚して欲しいのです。

もちろん芸人さんもファンも後者を望んでいますから、そのための記者会見となることを願っておりました。

誤魔化さず、誠実な内容だけを期待しました。

しかし、やはりというべきか宮迫さんと亮さんの主張とは食い違いが生じているようです。

岡本社長は「テープとっているんか」という発言は冗談のつもりだったそうです。

「全員クビ」も同じようです。

これはとても苦しい言い訳に聞こえてしまいました。

それが例え冗談だとしても、芸人2人の将来を奪うことになりそうだったことに変わりは無いのですから。

目的がぼやけてしまっていたように感じます

記者会見は、終始歯切れが悪く、ほとんど他責のように聞こえてしまったのはとても残念です。

私は何のために記者会見をするのか目的が明確になっていないような印象を受けました。

何が大切なのかが明確になっていないような気もしました。

会社のため?
自分のため?
芸人のため?

弁護士から発言を制限されていた可能性もあるでしょう。

しかし、今回の記者会見は目的は明確だったはずです。

まずは芸人のためであり、それがファンのためになり、ひいては会社のためになり、自分のためになるといった順序であるべきです。

芸人ファーストをやるのは、これからではなく今

これからは芸人ファーストをやるそうです。

しかし、それを示すのが「これから」では説得力がありません。

会見の場でそれを徹底して示すことが大切だったのではないでしょうか。

誠実に芸人を守ろうとする姿勢が求められたのではないかと思います。

話し方が上手で無くていいのです。

例え下手であっても、芸人を守ろうとする姿勢が少しでも伝われば良かったのです。

そうすれば説得力のある会見となったはずです。

今回の会見を見る限りにおいては、残念ながら「変わらない」と思ってしまう方も多いと思います。

松本人志さんが動いたことでこのような場ができた訳ですが・・・

私は、宮迫さんと亮さんが吉本興業に復帰することが解決のための「あるべき姿」であるとは考えられません。

今回の記者会見では疑問に思っている事が解決されませんでした。

いちばんの疑問は反社会的勢力との繋がりです。

この部分について毅然とした対応がなされない限り、芸人もファンも納得しないことでしょう。

しかし、会見では何かを恐れているような印象すら感じられました。

この度の件で、吉本興業には不祥事に対する内部統制システムの有無も含め、ほとんど機能していないのではないかと考えられます。

この状態でコンプライアンスやコーポレートガバナンスをいくら叫んでも絵に描いた餅です。

今回の会見ですらも松本さんの動きがなければ開けなかった訳ですから・・・。

本当に変わることができるのでしょうか?

変わらなければならないですし、変わるチャンスです

吉本興業の体質を変えることができれば、芸能界は大いに盛り上がることでしょう。

芸人さんを一般の会社にあてはめれば、正社員さんもしくは非正規社員さんに該当すると思います。

そういったかけがえのない人財を吉本興業は大切にしなければなりません。

芸人さんたちが自分の能力・魅力を最大限に発揮できる環境づくりを徹底する必要があります。

芸能界の先陣を切って「人を大切にするいい会社」に変貌していって欲しいと強く願います。

つまり、文字通り「芸人ファースト」の会社を徹底して作って欲しいと願っております。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声