広島に原爆が投下されて74年・・・平和のありがたさと共に

  1. 社会(政治・経済等)が企業や私たちにどんな影響を与えるか

忘れてはいけないこと

広島に原爆が投下されて今日で74年が経ちました。

多くの尊い命が失われました。

心より哀悼の意を表します。

改めて我が国の平和は、多くの方々の犠牲によって成り立っていることを忘れてはならないと思います。

何年、何十年と過ぎようとも。

広島市の平和記念公園で平和記念式典が開かれました。

以下、日本経済新聞の記事を引用いたします。

広島は6日、被爆から74回目の「原爆の日」を迎えた。広島市の平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が開かれ、被爆者や遺族、安倍晋三首相ら約5万人が参列した。松井一実市長は平和宣言で、自国第一主義の台頭で核廃絶の動きが停滞していると指摘。「一人ひとりが主張の違いを乗り越え『寛容』の心を持たねばならない」と訴えた。

令和となって初めての原爆の日の式典。2018年より4カ国多い89カ国と欧州連合(EU)の代表が出席した。

松井市長は平和宣言で初めて被爆者の短歌を紹介した。「おかっぱの頭(ず)から流るる血しぶきに 妹抱きて母は阿修羅(あしゅら)に」。5歳で被爆した女性が、血だらけになった妹を抱きかかえる母を後に詠んだものだ。

「心身に深刻な傷を負い続ける被爆者の訴えが皆さんに届いていますか」と問いかけた。

核兵器を取り巻く情勢は不透明感が漂う。2日には米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約が失効。松井市長は「核競争が激化した際、米ソの間で理性の発露と対話によって核軍縮にかじを切った勇気ある先輩がいたことを思い起こしてほしい」と求めた。

17年に核兵器の開発や使用、保有を禁じる核兵器禁止条約が国連で採択されたが、唯一の戦争被爆国である日本は参加していない。「署名・批准を求める被爆者の思いをしっかりと受け止めてほしい」と政府に求めた。

安倍首相は核兵器のない世界の実現に向け努力を続けることが「令和の時代においても変わることのない我が国の使命」と述べ、非核三原則を堅持しつつ、核兵器国と非核兵器国の橋渡しに努めるとした。昨年に続き核兵器禁止条約には触れなかった。

慰霊碑にはこの1年に死亡、または死亡が確認された5068人の名簿が納められ、広島の原爆死没者は31万9186人となった(日本経済新聞 2019年8月6日)。

若い方にも戦争の歴史と悲惨さを伝えていくために

日本とアメリカは戦争をしていたという歴史があります(太平洋戦争)。

太平洋戦争は、今を遡ること78年も前のことです。

日本は1941年(昭和16年)12月8日に機動部隊がアメリカのハワイ(真珠湾)を攻撃したことで開戦となりました。

これが真珠湾攻撃と言われているものです。

日本軍の前線は瞬く間に広がり、東南アジア全域からオーストラリアの手前まで及びました。

しかし、ターニングポイントが訪れます。

それは1942年6月4~6日のミッドウェー海戦です。

機動部隊の核だった航空母艦赤城、加賀、蒼龍、飛龍の4隻を一気に失いました。

そして、かけがえのない大勢の優秀なパイロットを失いました。

1942年8月7日にアメリカ軍は、ソロモン諸島のガダルカナル島などに上陸します。

そこから連合軍の本格的な反撃が始まり、次第に日本軍は押されてきます。

日本は1944年(昭和19年)6月にサイパン、8月にグアムを失い、フィリピンにまで押し戻されました。

1944年(昭和19年)10月25日に神風特別攻撃隊がフィリピンのレイテ沖海戦で初出撃します。

しかし、フィリピンでの闘いも敗れて1945年(昭和20年)4月に沖縄の闘いがはじまります。

沖縄の闘いにも敗れ、日本軍はいよいよ本土まで追い込まれました。

B29が日本の主要都市を頻繁に爆撃するようになります。

7月26日にポツダム宣言(日本への降伏要求の最終宣言)が連合国によって出されます。

ポツダム宣言は、アメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名において大日本帝国(日本)に対して発された、全13か条から成る宣言です。

その13条には日本政府が無条件降伏を宣言することが要求され、それ以外の選択肢の場合は迅速且つ完全なる壊滅があると記されています。

13.我々は日本政府が全日本軍の即時無条件降伏を宣言し、またその行動について日本政府が十分に保障することを求める。これ以外の選択肢は迅速且つ完全なる壊滅があるのみである。

しかし、日本はそれに従いませんでした。

その結果、8月6日に広島に原爆が投下されたのです。

8月9日には長崎にも原爆が投下されます。

日本がポツダム宣言を受託したのは8月14日です。

8月15日に天皇陛下による日本国民への玉音放送で終戦となりました(太平洋戦争が正式に終結したのは9月2日)。

この太平洋戦争では大勢の尊い命が失われました。

それは日本だけではありません。

敵国だったアメリカをはじめとする連合国も多くの方が亡くなりました。

私たち日本国は絶対に戦争をしてはなりません。

日本は絶対に戦争はしてはならないと強く思います。

世界中どこでも核兵器が使われることも絶対にあってはならないと思います。

尊い命を落とされた方々もそれを強く望んでいるはずです。

私たち国民の永久の平和を強く望んでいるはずです。

そのために、戦争や核兵器の悲惨さを伝え続けることが私たちの使命だと思います。

それが平和を守るための大切な手段にもなるでしょう。

当たり前ですが、平和だからこそ経済活動もできるのです。

平和の大切さを伝えていきましょう。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください