TBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話・・・諦めない姿勢に勇気をもらうと島本社長

  1. スポーツ

王者サイクロンズの牙城を崩せるか

今日はTBSの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の第5話が放送されました。

前回はアストロズの縁の下の力持ち的な役割を果たしてきたアナリストの多英と新人部員の佐々にスポットが当たったストーリーでした。

そしていよいよプラチナリーグが開幕します。

アストロズは連戦連勝で快進撃を続けます。

そしていよいよ王者のサイクロンズとの決戦が迫ってきました。

どこまで牙城を崩せるかが見所です。

アストロズの勝機はプレイが再スタートした時のスピード

柴門監督は何度も何度もビデオを見ながら分析を進めますが、王者サイクロンズの牙城を崩すことは容易ではありません。

正攻法では力の差は歴然としています。

勝てる可能性は数パーセントと柴門監督は分析します。

柴門監督は君嶋と話をしている時にひらめきます。

何やらビデオを再度見て計測をしはじめました。

その違いはリスタートからのスピードです。

そこにアストロズは活路を見いだしたようです。

滝川常務の腹の底は?

滝川常務はカザマとの合併が進んでいます。

その中心人物である滝川常務は社内の求心力を一気に高めています。

そんな矢先、滝川常務は府中工場に視察に来ます。

滝川常務は工場の合理化を進めようとしています。

AIを推し進めて、人件費などのコストを削減するようです。

リストラが進めば、不採算部門の烙印を押されているアストロズも標的にされます。

廃部の可能性もあります。

アストロズの選手達にも不安の色が出始めました。

君嶋は「優勝するしかない」と決意を新たにしつつも、選手達の士気を心配するのでした。

君嶋が合同記者会見を提案

そんな時に、マスコミから柴門監督に取材の申し込みがありました。

それは、柴門監督を城南大学ラグビー部の監督から更迭した因縁のある津田監督との関係について取材をしたいという内容でした。

その時、君嶋はひらめきます。

アストロズとサイクロンズの合同記者会見を開催しようというものです。

サイクロンズも格の違いを見せつけようとこの提案を受け入れます。

柴門監督は徹底的に叩きつぶすことを宣言します。

これは、自分を引っ張ってくれたGMと、素晴らしい選手達にがいたからこそだと明言します。

そして、勝つことがお世話になった津田監督への最上の礼儀であることを宣言します。

会見の様子をテレビで見ていたアストロズの選手達は、士気が高まります。

浜畑は久しぶりの感覚であることを言います。

選手達が「命がけで叩きつぶす」と闘志を見せます。

アストロズの選手達は絶対に勝つとひとつになりました。

多英は君嶋に、選手達のために合同記者会見を企画したのかたずねます。

君嶋は言います。

「勝つためになら何だってやる」と。

アストロズ対サイクロンズの決戦

前半は自力に勝るサイクロンズがアストロズの攻撃の芽を摘み、じわじわと点差を広げていきました。

前半終了間際、里村はタックルによって負傷します。

後半からアストロズはいよいよ勝負に出ます。

日本代表の里村に代わって、佐々が投入されます。

観客がどよめきます。

サイクロンズの首脳陣も動揺の色を隠せません。

しかし、佐々は期待に応えます。

トリッキーなプレイがサイクロンズを翻弄します。

観客も驚きます。

その中には、君嶋の息子の博人がいました。

博人は佐々と同じ背番号の21番のユニフォームを着て応援していました。

博人は佐々のプレイに喜びます。

最後のワンプレイでトライした選手の足がラインを割っていた

トキワ自動車の島本社長がなぜラグビーを応援するのか君嶋に説明します。

「諦めない姿勢に勇気をもらうんだ」と島本社長は言います。

君嶋もその言葉を理解します。

アストロズはじわじわとサイクロンズを追い詰めて、あとワントライで逆転というところまでいきました。

しかし、最後のプレイはノートライになってしまいました。

最後の最後でアストロズは負けてしまいました。

君嶋は愕然とします。

ここで第5話は終了しました。

優勝を逃したアストロズにどのような運命が待っているのでしょうか?

廃部になってしまうのか、それとも?

ニュージーランドから帰国してトキワ自動車に入社した七尾はアストロズの部員になるのでしょうか?

来週も楽しみですね。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください