TBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』第9話・・・本当の敵は?

  1. スポーツ

滝川常務が退陣

今日はTBSの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第9話が放送されました。

トキワ自動車はカザマ商事の買収が進んでいます。

取締役会で滝川常務はカザマ商事の買収について順調であることを説明します。

デューデリジェンスも問題がなかったことを説明します。

そこに経営戦略室の脇坂が待ったをかけました。

そこで資料が配られ、説明する人間として君嶋が呼ばれていました。

君嶋はトキワ自動車が買収を進めるカザマ商事について懸念される事項を説明しました。

森下教授がバンカーオイルの検査でデータ偽装をしていたことを明らかにしたのです。

自分の娘の手術費用である3億円がカザマ商事から森下教授に渡っていたのです。

森下教授はカザマ商事の使者である青野から直接現金で受け取っていました。

青野は森下教授から受領書を受け取っていました。

それが決定的な証拠となりました。

日頃から冷静な滝川が取り乱し、そのことを認めないと力説しますが、「そこまでだ!」と島本社長が一蹴します。

滝川常務は退陣します。

常務に昇進した脇坂の変貌

プラチナリーグが開幕し、アストロズは新10番の七尾を筆頭に快進撃を続けます。

悲願の優勝まであと2つというところまできました。

その時、君嶋は脇坂に呼ばれます。

脇坂はトキワ自動車を救った人間として常務に出世していました。

しかし、脇坂から君嶋が聞いたのは耳を疑う内容でした。

アストロズの予算を半分にするというものです。

「待ってください」と君嶋は食い下がります。

懸命にがんばっているアストロズの選手の未来を潰さないで欲しいと訴えます。

しかし、脇坂は全く動じませんでした。

アストロズのようなお荷物は必要ないと切り捨てます。

「気に入らないものは切り捨ててきた。それが俺の流儀だ」と脇坂は言い放ちます。

アストロズが優勝しようが関係ありません。

情け容赦ない脇坂のやり方に君嶋は困惑します。

七尾のトラウマ

試合中の七尾をトラウマが襲います。

アストロズの選手が相手選手に潰されます。

浜畑がベンチから「七尾、入れー」と指示を飛ばしますが、七尾は棒立ちのままです。

そこを相手チームに突かれてピンチになる機会がありました。

七尾はニュージーランド時代にこのプレイが元で膝にケガをしてしまったのでした。

次の試合のブレイブス戦から浜畑が先発になります。

浜畑は気迫のプレイでアストロズのピンチを幾度となく救います。

しかし、そのプレイは同時に浜畑の身体に負担を強いるものとなりました。

相手選手との接触プレイに歪んだ表情で崩れ落ちる浜畑。

ハーフタイムの時、七尾は浜畑に交代することを申し出ます。

「足なんてどうでもええ。」と絶対に勝つ気持ちを七尾にぶつけます。

「いいから黙ってみておけ」と浜畑は10番の背中を見せて去って行きます。

後半も浜畑の気迫のプレイで何度もピンチを救います。

一瞬の隙をついたアストロズは見事、逆転勝利します。

浜畑はさすがでした。

七尾は浜畑から大切な何かを教えてもらったようです。

「浜畑さんは俺の尊敬するアストロズのスタンドオフです」という言葉がそのことを物語っています。

滝川との会話からわかったこと

劇的な逆転勝利を収めたアストロズに酔いしれる観客達。

試合後、観客席から去って行く男の背中が見えました。

それは滝川でした。

「滝川さん」と君嶋は声をかけます。

観客がいなくなった席で君嶋は滝川と語りあいます。

脇坂のアストロズへの仕打ちは滝川の耳にも入っていました。

「滝川さんは全てに対してフェアだった」と君嶋は脇坂との違いを滝川に伝えます。

滝川は父親の影響でラグビーに縁があったことを告白します。

滝川はラグビーをやってみたかったと言います。

お金に余裕がなく学生時代にアルバイトに明け暮れていた滝川は、それはできませんでした。

滝川とカザマ商事社長の風間有也とは大学時代の同級生でした。

産まれたときからカザマ商事の社長になることが決まっていた裕福な風間有也に対して、滝川は大きなコンプレックスがありました。

いつか見返してやりたいという気持ちが今回の買収話の動機になっていたかもしれないと滝川は語ります。

滝川は君嶋に「よく調べたな。口座の明細まであるとは・・・」と自分の完敗を認めて君嶋を褒めます。

ところが、それは君嶋には身に覚えのない資料でした。

「まだ我々には知らないことがあるな。」と滝川は言います。

「最後にひとこと言っておく。君を府中に飛ばしたのは私ではない」

「まさか」と表情が青ざめる君嶋。

滝川は君嶋にエールを送ります。

「君の試合はまだ終わっていない。負けるな、君嶋!」

そう言って滝川はクールに去って行きます。

次回はいよいよ最終回です

本当の敵が脇坂であることを知った君嶋。

ショックを受けた君嶋は「いちばん信じていった人がいちばんの敵だったなんて」と柴門に伝えます。

グランドには一心不乱にタックルの練習をする七尾の姿がありました。

七尾は懸命に自分を乗り越えようとしています。

松葉杖をついた浜畑が七尾がこれで一回り成長することを君嶋に伝えます。

アストロズの仲間から勇気をもらった君嶋は言います。

「今度は俺の番だ。アストロズを全力で守る」と。

いよいよ次回は最終回です。

楽しみですね。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声