敬老の日で3連休・・・来週も3連休だが給料日と消費増税直前です

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

敬老の日は9月15日から9月の第3月曜日になった

今日は敬老の日で祝日でした。

百科事典マイペディアによりますと次のように記されています。

国民の祝日の一つ。9月の第3月曜日(当初は9月15日)。1963年以来老人福祉法で敬老精神と老人福祉への関心向上のため〈老人の日〉として定められていたのが,1966年国民の祝日として改称制定。多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し,長寿を祝うことが趣旨。

敬老について具体的に何歳から該当するかですが、明確な基準はないようです。

日本国中のおじいちゃんとおばあちゃんにいつまでも若々しくお元気でいて欲しいと願っています。

今年の9月は3連休が2週連続で続きます

土曜日から3連休の方も多かったことでしょう。

ハッピーマンデー制度のおかげで3連休はもはや当たり前となりました。

みなさんが充実した3連休であったことを願っておりますが、3日とも出かけられた方はどのくらいいるでしょうか。

反対に、どこも出かけなかったという方も少なからずいたことでしょう。

家で充実した時間を送ることもまた素晴らしいことです。

しかし、お金に余裕がないために出かけなかったという人もいることでしょう。

毎月勤労統計調査によりますと、私たちの実質賃金は2019年に入って7ヵ月間昨年同月よりも低い状況が続いています。

可処分所得が減っていれば、使うお金も限られてきます。

当然のことながら、いくら休みが多くても消費をすることはできません。

地方ではこのような状況の方は決して少なくないと思います。

今年の9月は3連休が今週と来週と2週連続で続きます。

このことを大変懸念しております。

その影響を受けるのは中小個店だからです。

特に夜の飲食店とタクシーは大きな影響を受けます

私が住んでいる静岡市では、3連休の時は日曜日の夜から厳しい兆しが明確に見えています。

昼間はそれなりに人がいますが、夜になると拍子抜けするほど人の姿がまだらになります。

3連休最後の月曜日の夜は「悲惨」のひとことです。

街にいても寂しい気持ちになるくらい人が少ないのです。

タクシーもほとんど動かないため、出勤している運転士さんも減っている状況です。

しかし、この状況をご存じの方は案外多くありません。

それだけ家にいる方が多いと言えるでしょう。

また、首都圏に住んでいる方は、想像がつかないかもしれません。

静岡の夜で賑わっているのは、3連休の前日の金曜日か初日の土曜日のどちらかです。

両日共にいい状況は滅多になくなりました。

我が国が本当に緩やかな景気回復基調にあるならば、このような状況はないと思います。

来週の3連休は給料日と消費増税の直前です

来週の3連休は21日の土曜日から23日の月曜日までです。

25日に給料日の人が多いという前提で申し上げれば、給料日直前となります。

さらに、10月からの消費増税の直前ともなります。

果たして街中の夜の状況はどうなるでしょうか?

消費増税前の駆け込み需要も認められないことを考慮すれば、静岡市では非常に厳しい状況となるのではと懸念しております。

先月(多くの方が給料日だった8月23日金曜日の夜)は、全体的に明らかに賑わいのない日であったことを考えると余計思います。

私自身とても驚いた日でしたが、夏期休暇でお金を使った人は消費意欲が減退したのかもしれません。

また、消費増税前ですでに消費意欲が減退したのかもしれません。

確実に言えるのは、私たちの使えるお金に余裕がなくなっていることです。

中小個店の方々の中には、消費増税前の準備で思わぬ出費となってしまった方もいることでしょう。

これでお客様の消費が減ったらダメージはさらに増大します。

私はすでに景気は悪化していると思います。

それは消費増税という名の景気悪化かもしれません。

大手の反対を徹底して差別化を図りましょう

さて、中小個店のみなさんは大手企業がしている取り組みの反対を徹底するべきです。

大手企業がやらないことを徹底するべきです。

それは低価格化を絶対にしないことです。

「いいモノを安く」をせず、むしろ高付加価値化を図りましょう。

こだわりがあればあるほどそれだけお客様にとって魅力的なストーリーとなります。

そのストーリー通りに「人財」が差別化を実現し、お客様をファンにしていくのです。

どんなに世の中が不景気でもお客様でにぎわっている個店があるのです。

はじめは大変ですが、訓練し習慣化することでそれは可能となっていきます。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声