ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿の儀」が行われました

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

国民に寄り添いながら

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が皇居・宮殿「松の間」で行われました。

儀式には国内外から約2千人が参列しました。

天皇陛下は「国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられました。

以下、日本経済新聞の記事を引用いたします。

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が22日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。天皇陛下は「国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられた。儀式には国内外から約2千人が参列した。

即位礼は1990年11月以来、29年ぶりで、現行憲法の下で2度目。平成時に、国民主権や政教分離原則といった憲法の理念に基づき宗教色を薄めて執り行われ、今回もほぼ踏襲した。安倍晋三首相ら三権の長、約180カ国と国際機関の代表者らが参列した。

儀式では、天皇専用の装束、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)をまとった陛下と十二単(ひとえ)を着た皇后さまが、松の間に設置された高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)の上にそれぞれ立たれた。

陛下は上皇さまの約30年にわたる在位期間中の活動について「その御(み)心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し」と触れつつ、「国民の幸せと世界の平和」を願う姿勢を示された。

儀式には、秋篠宮ご夫妻をはじめ成年皇族や宮内庁職員らが装束姿で参列し、皇位のしるしとされる三種の神器のうち剣と璽(じ=まがたま)をささげ持つ侍従らが陛下のそばに付き従った。

即位礼は、正殿の儀と祝宴の「饗宴(きょうえん)の儀」に加え、両陛下が皇居から赤坂御所までパレードする「祝賀御列(おんれつ)の儀」がある。パレードについては台風19号による災害対応に万全を期すため、政府は11月10日に延期することを決めた(日本経済新聞 2019年10月22日)。

国民の幸せと世界の平和を願う姿勢を受けて

天皇陛下は国民の幸せと世界の平和を願う姿勢を示されました。

そのために私たち国民は前に進んでいかなければならないと思います。

それについて今日は考えてみたいと思います。

私たち国民の幸せとは一体何でしょうか?

様々な価値観があることでしょう。

私たち国民の多くが仕事をしています。

仕事をする場が働きがいのある場所であることは誰もが望むことでしょう。

仕事のやりがいはもちろん、給料も良く、お休みにも恵まれ、人間関係もいい会社を。

しかし、残念ながらそのような恵まれた環境にある方は決して多くないと思います。

また、恵まれた環境にある方であってもそのありがたみがわからないこともあります。

それらは会社から与えられるだけでは十分な満足度は得られないからです。

ではどうすればいいのでしょうか?

大切なのは自主性

それは、(社員さんが)自主性を持つことです。

自主性とは、人から言われる前に率先して行動することです。

つまり、その反対の言葉である「人ごと感」、「やらされ感」、「指示待ち」の状態で仕事をしないことです。

まずは、それぞれの仕事の目的を明確にすることを徹底しましょう。

簡単に言えば、これは誰に提供され、いつまでが納期で、どうすれば喜ばれるかを自分で考えることです。

それをリーダーから一方的に言われている状態では仕事はいつまで経っても面白くなりません。

自分で考えることが尊いのです。

自主性は問題点に対する姿勢が重要

自主性が最も求められるのは失敗してしまった時です。

人は誰でも必ず失敗します。

1日仕事をすれば、必ず問題点が出てきます。

人と人とが関われば、間違いも起こります。

その時に、それらの「BAD NEWS」を自主的に見つけて、認めて、いかに改善できるかがポイントです(PDCAサイクル)。

ここに自主性の真価が問われるのです。

問題点に対してマイナスイメージを持つ方も多いかもしれませんが、問題点は改善点なのです。

これがあるからこそ物事がより良くなっていくのです。

だから自主的に見つけることが重要なのです。

人から指摘されるよりも、自分で気がつく方が余程生産性も高いのです。

そのためには「気付き」の力も高めておかなければなりません。

気付きのためには、仕事に対する明確が目的があることが大前提です。

また、現状に満足せず「このままではいけない」という危機感も同時に持っている必要があります。

PDCAサイクルが回らないのはなぜ?

また、これらはPDCAサイクル(計画→実行→チェック→改善)そのものです。

チェックの時には問題点といい点の両方が出てきます。

組織でPDCAサイクルが回るポイントは、問題点を出してくる部下に対してリーダーが叱らないことです。

部下を否定しないことです。

報告・連絡・相談の場でリーダーが部下を叱りつけてしまう場面を想像してください。

リーダーがそのような状態では、部下は萎縮してしまいます。

自主性は失われます。

部下は問題点について誤魔化したり見て見ぬふりをしたりするようになるでしょう。

それではPDCAサイクルは回りません。

そのような組織が実際に多いのです。

リーダーはいかに部下の意見に耳を傾けることができるかが重要なポイントです。

いい会社のリーダーは、「BAD NEWS IRST!」が機能するように傾聴力を鍛えています。

ただひたすらいい国になって国民が幸せになることを願っています

令和という時代は「人としての本質」が常に問われるのではないかと思っています。

日本理化学工業の大山会長は、幸せとは人から愛され、褒められ、人の役に立ち、必要とされることだと教えてくださいました。

また、愛される以外は仕事から得られるものであることも。

これらは人の本質だと痛感します。

仕事から幸せを得ることは可能なのです。

その積み重ねの結果、給料やお休み等の待遇面も充実してくるのです。

では、どうすればそのような仕事ができるのでしょうか?

それは、みなさんの会社を「人を大切にするいい会社」にしていくことです。

一人一人の社員さんが大切に尊重されることはもちろんのこと、非正規の社員さんも、協力会社の社員さんも大切にされることです。

これらはなかなかできることではありません。

だからこそ、実施すれば差別化そのものになります。

ぜひ行動をしていきましょう。

令和という時代がみなさまにとって少しでもいいものにしていくことを願っております。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声