ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

大学生の内定率が76.8%(10月1日時点)・・・要因は緩やかな景気回復が続いているから?

  1. 人と会社・企業

緩やかな回復が続いており、企業の採用意欲が高いことが要因?

文部科学省と厚生労働省は、2020年春に卒業予定の大学生の就職内定率について発表しました。

10月1日時点の内定率は76.8%だったそうです。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

文部科学省と厚生労働省は15日、2020年春に卒業予定の大学生の就職内定率が10月1日時点で76.8%だったと発表した。過去最高だった前年同期を0.2ポイント下回ったが、1996年の調査開始以降で2番目の高さになった。文科省は「穏やかな景気回復が続いており、企業の採用意欲が高いことが要因」としている。

10月時点の内定率は、面接解禁時期が後ろにずれた15年に一時下がったが、11年以降は上昇傾向が続いている。

20年春卒業予定の内定率は男子が前年同期比0.9ポイント減の76.1%、女子が同0.6ポイント増の77.6%だった。文理別では文系が同0.3ポイント減の76.2%、理系が同0.1ポイント増の79.3%だった。

地域別では関東が前年同期と同じ80.5%と全国で一番高い。上昇したのは北海道・東北(74.5%)、中国・四国(70.1%)。減少したのは中部(74.4%)、近畿(79.6%)、九州(66.9%)だった。

就職情報大手マイナビ(東京・千代田)のリサーチ&マーケティング部の東郷こずえ氏は「どの業界も前年並みかそれ以上の人数を募集しており、売り手市場が続いている」と指摘。「4月の働き方改革関連法の施行もあり、就職活動をする学生にとっては働く環境への関心が高まっている。企業の福利厚生がより重要なポイントになっている」としている。

調査は全国62大学の学生4770人を抽出して実施。卒業後に就職を希望する学生のうち、すでに就職先が決まった割合を内定率としている(日本経済新聞 2019年11月15日)。

私はひとつ疑問に思ったことがあります。

それは、内定率の高さが「緩やかな回復が続いており、企業の採用意欲が高いことが要因」という文科省の説明です。

内定率の高さを緩やかな景気回復に結びつけるのに大きな違和感を覚えます。

もはやそのようには言えないと思うからです。

内定率が高いのは景気がいいからとはもはや言えません

内定率の高さと景気はあくまで人口が増えている右肩上がりの経済の指標です。

我が国は人口減少社会に突入しています。

また、産まれてくる子供の数が過去最低を記録し続けている状態です。

2018年に産まれた子供の数は91万8397人で、3年連続で100万人を下回りました。

90万人を下回るのも時間の問題です。

それに対して、我が国には約320万社の企業があります。

単純に、すべての企業が新卒を採用することはできません。

子供たちが増えない限り、新卒の採用はますます厳しい状況になります。

だから、内定率が下がることも(子供の数が減り続けている間は)考えにくいのです。

もちろん、景気が相当悪化した状態が続き企業数が大幅に減るならば、内定率が下がるかもしれません。

その時は、我が国の経済が壊滅的な状態になっていることでしょう。

若年者がますます不足する要因

若者はますます不足することでしょう。

大手企業(上場企業)では早期退職者の募集が加速しています。

上場企業27社の早期退職者の募集数が2019年1~9月の間で合計1万342人になったそうです。

このままいくと、リーマンショック後(2010年)の1万2,223人を超えることでしょう。

明らかに異常な事態です。

緩やかな景気回復が続いているならば、このようなことは起こりえません。

景気がいいのにリストラをする国がどこにあるでしょうか?

早期退職者の対象は40~50代の方々です。

この方々は会社の功労者ですが、人件費を抑えたい企業はこの方々の給料を減らして、若者を採用する動きが加速することでしょう。

若者の内定率は高い状態が続くと思います。

それにしても、これまで貢献してきてくれた方々の肩を叩くような会社に明るい将来はあるでしょうか?

私はないと思います。

こういった企業は社会的責任を果たしていないと思います。

はっきり言って間違っています。

どうか目先のことだけではなく、我が国の将来を考えた経営をお願いしたいです。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声