ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

トヨタ自動車で男性が自ら命を絶ってしまったのは上司のパワハラが原因か

  1. 人と会社・企業

上司のパワハラが原因と労災認定

トヨタ自動車で勤務していた男性が2017年に自ら命を絶たれました。

その原因は、上司のパワーハラスメントであると労災認定されていたそうです。

尊い命が失われてしまったことは残念でなりません。

心より哀悼の意を表します。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

トヨタ自動車で勤務していた男性(当時28)が2017年に自殺したのは、上司のパワーハラスメントが原因として、豊田労働基準監督署(愛知県豊田市)が労災認定していたことが19日、分かった。遺族側の代理人弁護士が明らかにした。認定は9月11日付。

代理人によると、男性は大学院を修了し、15年4月にトヨタ自動車に入社した。約1年間の研修を経て、16年3月から車両設計を担う部署に配属された。その後、直属の上司に「ばか」「やる気ないの」「死んだ方がいい」などと暴言を浴びせられるようになり、同7月に休職。病院で適応障害と診断された。

同10月、通院をやめた上で、別のグループに復職したが、席はこの上司の斜め向かいだった。約1年後の17年10月、男性は社員寮で自殺した。

遺族は今年3月に労災を申請。人格を否定するパワハラで適応障害を発症したと主張していた。会社側は当初、上司の言動と自殺との因果関係を否定したという。代理人によると、通院をやめて復職した場合、労災が認められないケースも多いが、労基署は自殺まで適応障害の症状が継続していたと判断したとみられる。

遺族は代理人を通じ、「一生懸命に育てた子どもがこのようなことになり、まだ受け入れられない」とコメント。今後、会社側に損害賠償を求めるという。トヨタ自動車は「お亡くなりになった方に対し、心からご冥福をお祈りします。労基署の認定を真摯に受け止め、労災の防止や社員の健康管理に一層努めたい」とした(日本経済新聞 2019年11月19日)。

何ともやるせない気持ちになります。

トヨタ自動車は絶対にこのようなことがあってはならない会社です。

一体どのようなことがあったのでしょう。

現地・現物・現認をしていない私がこの問題を語る資格はありませんが、以下述べたいと思います。

トヨタ自動車だからこそ人間性尊重

トヨタ自動車だからこそこのような問題はあってはなりません。

必ずや改善を図っていただけるものと信じております。

そもそもトヨタ自動車のトヨタ生産方式は、ジャスト・イン・タイムと人間性尊重による自働化が二本柱です。

パワーハラスメントという異常事態があれば、止まって確認するべきです。

それがなされていなかった時点で、異常だという認識が無かった可能性が考えられます。

リーダーはおそらく認識はなかったでしょう。

また、その部署にいた他の人たちはどのような気持ちでいたのかを知りたいものです。

「BAD NEWS FIRST!」が機能していたのかチェックするべきだと思います。

人間関係あるところにパワハラは起こりうる

パワーハラスメントに対処する上で大切なのは、人と人が関係しあっている組織ならばどこでも起こりうる可能性があることを認識することだと思います。

どんなに素晴らしい組織でも起こりうることです。

誰でも加害者になり得るし、誰でも被害者になる可能性があるのです。

学歴も関係なく起こりえます。

そのことをあらかじめ踏まえておかなければ、対応は難しいと思います。

理由は、加害者側はパワハラをしている認識がほとんどの場合ないからです。

むしろ自らを正当化してしまうことも少なくありません。

パワーハラスメントは被害者側の感情がとても重要になってきます。

その感情が軽んじられてしまうことで、取り返しのつかない事態に陥ってしまうのです。

パワハラの簡単な防ぎ方

最後に、パワハラの簡単な防ぎ方とチェックの仕方をお伝えいたします。

どうしても叱ることが癖になっているリーダーの方はぜひともチェックをしていただきたいと思います。

パワハラの簡単な防ぎ方は、叱らないことです。

しかし、日々の厳しい仕事の中で、つい叱ってしまうこともあるでしょう。

叱ってしまった場合のチェックポイントは、部下の両親(或いは家族)の前で同じように叱ることができるかどうかです。

その時に部下に浴びせた言葉を両親の前でも言えるかどうかです。

両親の前でできないのならば、それは止めるべき事なのです。

ぜひ意識してみてください。

多くの場合、叱る行為は次第にエスカレートしていきます

時間も長くなる傾向にあります。

気持ちはわかりますが、それをして効果があるでしょうか?

なるべく叱らないように部下に動機付けをすることができる上司が「優秀な上司」なのです。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください