2019年10月の鉱工業生産指数(速報)前月比4.2%低下

  1. 人と会社・企業

15業種中12業種が低下。自動車が大きく落ち込む

経済産業省によりますと、10月の鉱工業生産指数は前月比4.2%の低下ということでした。

低下は2ヵ月ぶりとのことです。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

経済産業省が29日発表した10月の鉱工業生産指数速報(2015年=100、季節調整済み)は前月比4.2%低下し98.9だった。低下は2カ月ぶり。台風19号の影響で自動車や生産用機械など幅広い業種で減産となった。企業の先行き予測も弱く、経産省は基調判断を「弱含み」とした。

QUICKがまとめた民間予測の中央値(2.1%低下)を上回る低下率となった。下げ幅は18年1月以来、1年9カ月ぶりの大きさ。前回増税直後の14年4月は同じ2015年基準で4.4%の低下で、前回増税時並みの大きなマイナスとなった。

業種別では15業種中12業種が低下した。最もマイナス寄与が大きかったのが自動車で、前月比7.8%低下した。10月に上陸した台風19号で部品の調達が滞り生産に影響した。生産用機械も台風の影響で6.4%低下と振るわなかった。前月に大型案件によって上昇幅が大きくなった汎用・業務用機械は13.0%の低下と反動も出たようだ。

出荷は4.3%の低下と2カ月ぶりのマイナスだった。在庫は1.2%の上昇で4カ月ぶりに前月を上回った(日本経済新聞 2019年11月29日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

鉱工業生産指数とは、好不況の情勢判断に不可欠な指標です。

デジタル大辞泉によりますと次のように記されています。

《Indices of Industrial Production》日本の鉱工業指数の一。約500品目の鉱工業製品について、1か月間の生産量を、直近の基準年(西暦末尾が0か5の年)のそれを100として指数化したもの。付加価値額ウエートと生産額ウエートがあるが、前者がより重視される。生産指数。

10月は新車の登録台数も前年より3割弱減っている

気になるのは、15業種中12業種が低下したことです。

さらに、最もマイナス寄与が大きかったのが自動車であるということです。

前月と比べて7.8%の低下でした。

これは、新車登録台数の減少と一致します。

以下は静岡の10月の新車登録台数についての記事ですが、前年の10月と比べて28.4%の減少でした。

この要因として消費増税が大きいと思われます。

冒頭の記事でも、「前回増税時並みの大きなマイナスだった」ということで、消費増税のダメージがうかがわれます。

消費増税のダメージはこれからさらに大きくなる

鉱工業生産指数がマイナスになったことで、先行きが不安になります。

これから明るい兆しが見えればいいですが、外部環境要因は残念ながら暗いです。

消費増税のダメージはこれからさらに大きくなるでしょう。

これから不況が深刻になるとして、企業としては内部環境を整えることが重要になります。

整えると言っても、リストラをする訳ではありません。

残念ながら、大手企業は早期退職者を募る動きが加速しています。

その水準はリーマンショック後にせまる勢いです。

そのようなことは決してしてはなりません。

そのような会社に対して誰が夢を持てるでしょうか。

やるべきことが反対なのです。

不況だからこそ人を大切にするべき

整えるべきは、人財が差別化を実現できるように「大切にする」ことです。

これは過保護にするという意味ではありません。

社員さんを尊重し、それぞれが最大の能力・魅力を発揮できるようにすることです。

「自主性」という言葉に置き換えた方がわかりやすいでしょう。

そういった会社では、どんなに不況になろうともお客様が追いかけてきます。

この反対にある言葉が「やらされ感」です。

そういった社員さんのモチベーションは高いとは言えません。

人員整理をする会社で、果たしてどれだけの社員さんが不況の最前線で働いてくれるでしょうか。

不況になった時こそ大切にすべきは「人」なのです。

だから、差別化が実現できるのです。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声