ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)が悪化・・・4四半期連続

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

1年にわたり業況判断指数が悪化している

日銀が2019年12月の全国企業短期経済観測調査(短観)を発表しました。

これによりますと、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、9月の前回調査から5ポイント悪化しゼロとなりました。

悪化は4四半期連続ということです。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

日銀が13日発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)はゼロとなり、9月の前回調査から5ポイント悪化した。4四半期連続の悪化となる。米中貿易戦争で外需の低迷が続いたほか、台風19号による工場の操業停止も影響した。大企業非製造業も消費増税で個人消費が低迷し、2期連続で悪化したが、小幅の悪化にとどまった。

業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を引いた値。大企業製造業のゼロは、日銀が大規模緩和に踏み切る直前の2013年3月(マイナス8)以来、6年9カ月ぶりの低水準となる。

大企業製造業では主要16業種のうち、11業種で悪化した。アジア向け輸出が低迷する自動車や鉄鋼のほか、東京五輪の建設需要が一巡した窯業・土石製品などが悪化した。

大企業非製造業の業況判断DIはプラス20で、前回調査から1ポイント悪化した。消費増税で客足が鈍った小売りが7ポイント悪化し、マイナス3となるなど低迷した。ラグビーワールドカップの特需を受け、宿泊・飲食サービスが改善した(日本経済新聞 2019年12月13日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

私が気になる点は次のとおりです。

〇1年にわたり業況判断指数が悪化していること
〇主要16業種のうち11業種で悪化していること
〇東京オリンピックの建設需要が一巡した窯業・土石製品などが悪化したこと
〇消費増税で客足が鈍った小売が7ポイント悪化したこと

協力会社(中小企業)への影響が懸念されます

国内大手製造業は1年にわたり業況判断指数が悪化していることで、この影響が多くの協力会社(中小企業)に及ぶことが懸念されます。

これまで以上に厳しいコストカット要請があるかもしれません。

それに拍車がかかる出来事として10月に消費増税がありました。

これによって原材料費が高まることが予想されます。

それにも関わらず最終財の価格を高めることができないのが近年の我が国の問題点です。

事実、2017年は原材料費が22%高まっているのに、最終財は0.5%の上昇で抑えられました。

これは個々の企業が相当の経営努力をした成果だと思いますが、21.5%もの圧縮は極めて大きな負担です。

この状況が続けば、協力会社の多くが忙しいけれど利益がでない体質になってしまっていると推察されます。

当然のことながら、働いている方々の給料は高まりません。

まさにデフレ経済の怖さです。

このような状況がさらに悪化しないことを願います。

外部環境の影響を受けない会社づくりをするべきですが

東京オリンピックの建設需要が一巡し、正常に戻りつつあります。

来夏のオリンピックを迎える前に、我が国経済は厳しい状況になってしまうことも十分に考えられます。

さらに、オリンピック後のさらなる景気悪化も懸念されます。

私たちは何をすればいいのでしょうか?

会社で言えば、このような外部環境要因(会社の外側のもの。政治、経済、法律など)に左右されない経営をしていくことです。

その柱となるのは、言うまでもなく『人財』です。

会社の業績が良くなるのは外部環境要因が変わるからではありません。

人財が自分の持てる力を最大限に発揮して、お客様をはじめとする「人」に感動を与えることを積み重ねて業績が良くなっていくのです。

会社の力(ブランド力)が高まっていくのです。

さらにいえば、それが価格競争から脱することにも繋がるのです。

しかし、多くの会社が反対のことをします。

『人財』を大切にしません。

現に、大手企業は早期退職者を集う動きが活発化しています。

その人数は、リーマンショック後にせまる勢いです。

再びこのようなことが起こるとは、とても残念です。

そろそろ目先のことから本気で脱していくべきだと思います

そろそろ私たちはそのような目先の経営から脱することが必要なのではないでしょうか。

本当の意味で社会的責任を果たす必要があると強く思います。

私たちの国は少子化に歯止めがききません。

また我が国は先進国の中でも生産性が低いです。

そして、私たちの賃金が高まらない状態が続いています。

これらはすべて本当に大切なものを大切にせず、目先のことのみにこだわりすぎた経営のつけではないかと思います。

その反対のことをするべきです(それが差別化なのです)。

つまり、人を大切にする経営です。

社員さんとその家族、協力会社の社員さん(社外社員さん)、お客様、地域の人々を大切にすることで、外部環境の影響を受けない会社になっていきます。

繰り返しますが、このような経営を実践することが真の企業の社会的責任だと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声