ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

誰もが風通しの良い職場・会社を望むけれど・・・難しいのはなぜ?

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

誰も風通しの悪い職場を望まない・・・しかし

いい会社である条件のひとつに「風通しのいい職場(組織風土)」があります。

これは現場でがんばって働いている社員さんはもちろんのこと、会社のトップや経営陣も望むことでしょう。

しかし、実現できている会社は極めて少数です。

反対に風通しの悪い職場の会社の方が圧倒的に多いのです。

誰もがそれを望むのに、なぜ反対の結果になってしまうのでしょうか?

その理由について述べたいと思います。

風通しのいい職場とは

風通しの良い職場・風土とは、ひとことで言うとどういうものなのでしょうか?

難しい定義ですが、簡単に言えば、誰もがコミュニケーションをとりやすい職場環境のことを指します。

「何でも言える」職場であり、「言いにくいことが言いやすい」職場です。

ところが、それができないのです。

部下の立場の方が上司に「言いにくいこと」を相談したとします。

それに対して、上司の「あるべき姿」はどのようなものでしょうか?

「あるべき姿」は、言いにくいことを言ってくれた部下が「言って良かった」「相談して良かった」と思うことができる対応を上司がすることです。

冷静に考えればわかることですが、これが本当に難しいのです。

ここに「風通しの良くない職場」がつくられてしまう原因があります。

もし反対に「叱られる形」で部下に返ってきたら、その部下の方はもう上司に相談したいとは思わないでしょう。

コミュニケーションとは、一方的なものではなく双方向であることが必須です。

それが一方的になってしまうことで「風通しの良くない職場」がつくられてしまうのです。

報連相の常識化に注意しましょう

みなさんの会社では、報告・連絡・相談(報連相)を徹底しようと進めているかもしれません。

ぜひとも、部下・後輩目線で考えていただきたいのですが、みなさんの会社は、報告しやすい風土でしょうか?

連絡しやすいでしょうか?

相談しやすいでしょうか?

「うーん、そうなっていないなぁ」と思う方はとても多いでしょう。

実際に報連相が機能している会社は多くありません。

なぜでしょうか?

ここに「風通しのいい職場風土づくり」を実現するヒントが隠されています。

報告・連絡・相談を徹底しようとしても風通しのいい職場にならないのはなぜ?

「いやいや、報連相は社会人としての常識だからやってもらわないと困る」という上司・リーダーはとても多いです。

それゆえ、部下ができないと「報連相は常識だ」と「強要」してしまうのです。

ですが、そのような行為は「風通しのいい職場」を作る上で足かせとなる場合がとても多いのです。

なぜでしょうか?

それは、報告・連絡・相談の内容は、多くが問題点です。

それらは「言いにくいこと」です。

その「言いにくいこと」を言ってくれた部下に対して、上司やリーダーの対応が問題なのです。

ただでさえ言いにくいことなのに、上司やリーダーの対応によってさらに言いにくくさせてしまっているのです。

部下の報告に対して叱ってしまうことが常識になっているケースも少なくありません。

そのため、報告・連絡・相談が苦痛だと思う社員さんは少なくないのです。

風通しのいい職場風土を実現するためには、上司が傾聴力を身につけることが必須です。

部下の報告を遮らず、最後まで黙って聴くことができる上司を目指すべきです。

「報連相は常識だ」と思う上司やリーダーの方々は、傾聴力を鍛えることもまた常識であると認識して欲しいと思います。

私たちにはむしろ「言いにくいこと」の方が多い

私たちは言いにくいことがたくさんあります。

その筆頭は、問題点です。

言いにくいこと言った後に、さらに嫌な思いをしたらどうでしょうか?

問題点をリーダーや上司に報告した際、「報告して良かった」と思えるケースがとても少ないのです。

問題点だけでなく、例えば、有給休暇の取得申請も言いにくい会社もあるでしょう。

残業をせずに「今日は早く帰ります」ということすら言いにくい会社もあるかもしれません。

上司やリーダーはそのことを忘れないようにしましょう。

上司・リーダーは自分の感情よりも、「風通しのいい職場風土をつくる」方が優先順位が高いのです。

部下のモチベーションを高めて、さらに、組織の生産性を高めることの方が優先順位が高いのです。

自分の感情や常識を優先したらいつまで経っても「風通しのいい組織」は実現できません。

柔軟な姿勢が上司やリーダーには必須です・・・報連相が苦痛な若手社員さんが多いからこそ傾聴力を鍛えましょう

繰り返しますが、風通しのいい職場風土をつくるためには上司やリーダーが傾聴力を鍛えることが必須です。

重要なのは、報連相を機能させることではなく、言いにくいことを言える組織風土をつくることなのです。

それができれば「報告・連絡・相談しろ」と部下に強要しなくても、雑談という形でコミュニケーションは自然に取れるのです。

また、リーダーが柔軟な考え方を持っていないと「風通しのいい職場」はつくることができません。

「自分が絶対に正しい」と思い込まないようにしましょう。

部下の意見や自主性を尊重することができなくなるからです。

報連相が苦痛で仕方が無いと考えている社員さんは実に多いです。

特に若手社員さんにとってはそれが「常識」です。

そこでいくら上司やリーダーたちの「常識」を強要しても、逆効果です。

何気ない一言で若手社員さんのモチベーションを下げてしまうのです。

今後、いわゆる体育会系や軍隊的な組織はこれからますます通用しなくなります(私もその中で育ってきましたが)。

そのような教育を受けていない若手社員さんの方が圧倒的に多いからです。

ベテランの社員さんは「昔はこうだったから今もそうあるべきだ」という話をしてしまいがちですが、今の若手には通用しません。

上司やリーダーの立場の方々は、その現実に目を向けて、自身のマネジメントをより良く変えていくことが重要です。

難しいからこそ実現すれば差別化になります。風通しのいい職場を目指していきましょう

「風通しのいい職場風土」は誰もが望むことなのに、それが実現できない会社がとても多いです。

これをチャンスと捉えましょう。

他の会社ができないことですから、これが実現できれば差別化になります。

会社に利益をもたらすのです。

実際に世の中にはそれを実現している会社が存在します。

そして、人財が差別化を実現しています。

傾聴力のあるリーダーの元、自主性を尊重された社員さんが自分の能力・魅力を最大限に発揮するからです。

価格競争にも巻き込まれず、お客さまから支持されるようになるのです。

「風通しのいい職場風土」をつくることができれば、企業の不祥事も防ぐことができます。

コーポレートガバナンスやコンプライアンスを順守するためにも進めていかなければならないことです。

ぜひ戦略的に進めていただきたいと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声