ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

誰もが前向きな意見を言えて生産性の高い組織をつくるためには訓練が必要です

  1. 人と会社・企業

一部の方が言いたいことが言える組織はとても多い

組織の生産性を高めるためには、社員さんのモチベーションを高めることがとても重要です。

モチベーションはリーダーが「やる気を出せ」と言って高まるものではありません。

そのためには、風通しのいい職場風土にしていくことが求められます。

理想は、誰もが言いたいことが言える組織にしていくことです。

でもそれは極めて難しいものです。

それができている会社はとても少ないです。

一部の方だけが言いたいことが言える組織は現状も多いことでしょう。

典型的なのは、上司だけが言いたいことを言って、部下が我慢をしているケースです。

また、部下が言わなければならないことが言えない組織も多いです。

言わなければならないことの典型は問題点です。

しかし問題点を報告したくても言えないのです。

それは報告する際に部下は嫌な気持ちになるからです。

これを組織の常識にしてはいけません。

こうした組織の常識に挑戦していくことがいい会社づくりには必須です。

傾聴力を身につけるためには

理想は部下が言いたいことを言える組織風土をつくることです。

言わなければならないことはなおさら言えるようにすることです。

そのために、上司は傾聴力を身につけることが求められます。

傾聴力を身につけるためには、はじめは我慢をすることが求められます。

具体的にどの部分を我慢するのか以下ふたつあげます。

〇部下の話を途中で遮らないで最後まで聴くこと
〇部下の話を絶対に否定しないこと

この我慢を積み重ねたスキルこそが傾聴力です。

多くの方が驚かれるかもしれません。

しかし、訓練を積み重ねることで前向きな意見が自由に言える組織をつくることは可能です。

簡単な訓練の方法を紹介します。

ルールは前向きな意見ならば何を言ってもいいことと批判厳禁

上司も部下も一緒の場をつくり、あるテーマについてディスカッションをしましょう。

テーマを例えば、「これからの会社に必要な人財」とします。

ルールは、前向きな意見ならば何を言ってもいいこと、誰の意見に対しても絶対に批判をしないことの2点です(批判厳禁、ブレーンストーミング)。

批判をしたらその方は退場というルールにしてもいいでしょう。

しかし、やり始めはとても難しいです。

意見がなかなか出てこないこともあります。

そのような時は、順番に言うようにしましょう。

慣れてくるといろいろな意見が出てきます。

ところが、それを良しとしない方が出てきます。

思わず批判的な意見を言ってしまい、ルールを破ってしまうのは上司です。

日頃の習慣が我慢できずに出てしまうのです。

言いたくなる(否定したくなる)気持ちをここでグッと堪えて、部下の前向きな意見に耳を傾けること(傾聴)を徹底することがポイントです。

すると、様々なことに気付きます。

「その通りだ」と賞賛したくなる意見を言ってくれている部下もまた多いのです。

いかに自分たち(リーダー)が問題点を吸い上げていなかったかがわかるのです。

彼らのモチベーションが下がることが組織の生産性を下げる最大の要因です。

このことを常に意識し、前向きな意見を自由に言える社風をつくっていきましょう。

前向きな意見が出てくる組織に

上司が部下の話を最後まで遮らずに聴くこと、また、否定しないことの2点はとても難易度が高いです。

だからこそ、訓練すれば差別化が実現できる組織がつくれるのです。

部下から前向きな意見が出てくる組織が会社をより強くしていくのです。

前向きな意見とは「問題点を自主的に見つけて、カイゼンを考えること」です。

問題点を自分で気がつくようにすることと、それに対してカイゼン案も自分で考えるようにすることの繰り返しで自主性が醸成されていきます。

物事や仕事が我が事になっていくのです。

また、リーダーは部下が例え1回失敗しても、2回目失敗しないように進めることが肝要です。

失敗を恐れる余り萎縮してしまっている状態では、自分の能力・魅力は最大限に発揮できないからです。

失敗は成功の母なのです。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください