ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

内閣官房の男性が・・・なぜ命が失われてしまったのでしょうか

  1. 人と会社・企業

こんなことがあってはならない

新型コロナウィルスによる肺炎が発生した武漢市からの帰国者が滞在する国立保健医療科学院で悲しい事件がありました。

滞在者の受け入れ業務をしていた内閣官房の男性職員が倒れていたそうです。

埼玉県警は飛び降り自殺をした可能性があるとみて調べています。

心が痛くなる事件です。

この男性はとても重要な役割を担っていたはずです。

なぜ尊い命が失われなければならないのでしょうか?

男性に対して心より哀悼の意を表します。

以下、共同通信の記事を引用いたします。

新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国湖北省武漢市からの帰国者が滞在する、埼玉県和光市の国立保健医療科学院=同市南2の3の6=で1日午前、滞在者の受け入れ業務をしていた内閣官房の男性職員(37)が倒れているのが見つかった。職員はその後死亡が確認され、県警は飛び降り自殺をした可能性があるとみて調べている。

県警によると、1日午前10時15分ごろ、どさっという音を聞いた滞在者が「人が倒れている」と119番。搬送先の病院で死亡が確認された。

男性職員は警視庁から内閣官房に出向中で、1月31日から科学院に泊まり込みで働いていた。遺書は見つかっていない(共同通信 2020年2月1日)。

このような事件はあってはならないと思います。

菅官房長官は「原因は確認中だ。優秀な職員を失って極めて残念」とコメントしています。

原因について途中経過でもいいですから、発表してくれることをお願いします。

このような緊急事態はいつ起こるか分かりません。

その時に再び悲劇が繰り返されないためにも。

命が失われるという異常なことに対して原因の究明を

新型コロナウィルスによって世界中が予期せぬ事態に陥っています。

後手後手の対応がそれを加速させます。

そのような中での今回の事件はあまりにも悲しすぎます。

どのような理由であれ、尊い命が失われることが異常だと考えるべきです。

目先のことではなく、本質を見ていくべきです。

何よりも大切なのは人の命です。

様々な憶測が生まれると混乱を招くため、こうしたことは伏せておくことがいいと述べる方も見受けられますが、私は違うと思っています。

一刻も早く事態を改善するためには「BAD NEWS FIRST!」が鉄則なのです。

巧遅よりも拙速です。

それができないから不自然な事件が起こるのだと思います。

人は緊急事態の時ほど優先順位を誤りやすい

昨日は新型コロナウィルスによるいじめや差別があったことについて述べました。

人は優先順位を見誤るものです。

本当に大切なものをつい見失うのです。

緊急事態の時にそれは顕著になります。

目先のことばかりに心を奪われてしまい、本当に大切なものがわからなくなってしまうのです。

「人として正しいか正しくないか、自然か不自然か」で物事を判断する癖を身につけることも必要ではないでしょうか?

人の命よりも大切なものはありません。

その大切なものが失われてしまう事態を見過ごしてはならないと思います。

原因究明と改善を願っております。

そして、人に対してやさしい世の中になって欲しいと強く願っています。

一人一人が人にやさしければ、もっといい国になると思います。

反面、自分自身には厳しくあるべきです。

このバランスが崩れてしまっているところに悲劇の原因があるのかもしれません。

いい世の中にしていくためには、私たち一人一人にかかっていると思います。

これはいい会社をつくる上でも同じです。

一人一人の成長の総和が会社の成長になるのです。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声