ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

リーダーは組織目標を達成するために何をすればいいのでしょうか?

  1. 人と会社・企業

最も悲惨なリーダーは

リーダーの役割を単純に言うならば、組織目標を達成することです。

それを実現するためにはどうすればいいでしょうか?

一生懸命やっているのですが、中には部下から尊敬されず、組織目標も達成できないリーダーもいます。

これはリーダーの「あるべき姿」ではありません。

こういったリーダーに共通するのは、自分の思い通りに部下を動かすことに一生懸命になっている点です。

「自分の思い通り」を優先するため、部下の意見を聴くことがなかなかできません。

自分が絶対に正しいと思い込み、部下の提案を否定することが癖になっているリーダーもいます。

例えば、報告・連絡・相談のシーンでも、部下に対して常に叱っているリーダーも少なくないのです。

自分の思い通りにならなければ、圧力をかけることもしばしばです。

そんなことをしても部下は「やらされ感」で仕事をするだけです。

それでも自分の思い通りに動かなければ、部下に対して実力行使します。

降格させられたり、賃金を減らされたり、配置を換えられたりします。

部下は恐怖によって萎縮して仕事をするようになります。

このような組織の生産性が高いはずがありません。

組織目標も達成できないのは当然のことなのです。

しかし、リーダーはそれに気がつかず、さらに部下に圧力をかけます。

もう今の時代はパワハラになりますが、こういった組織のリーダーは少なくないのです。

自分の思い通りに部下を動かそうとするリーダーは、組織の生産性を高めるために最も大切な部分を見失っています。

それは社員さんの自主性です。

部下から尊敬されるリーダーに共通する点は

反対に、部下から尊敬され、組織目標を達成し続けているリーダーたちはどのような共通点があるでしょうか?

それは、部下のモチベーションを高めることができるという点があります。

そのために必要なスキルは「傾聴力」であり、部下の自主性を尊重しています。

それゆえ、自分目線ではなく部下の目線で物事を見るように注意しています。

例えば、報告・連絡・相談のシーンでもリーダーは部下の言葉を遮らず最後まで聴きます。

頭ごなしに部下を叱ることもありません。

部下は上司が最後まで自分の話を否定せずに聴いてくれることで、問題点と改善案を出しやすくなるのです。

それによって「BAD NEWS FIRST!」が機能する組織になります。

このようなリーダーになるのは簡単なことではありませんが、訓練を積み重ねることでできるようになります。

なお、部下から尊敬されるリーダーは、必ずといっていいほど次のような言葉がきかれます。

〇自分は部下のおかげでここまで来ることができた
〇自分は部下に支えられてきた
〇自分は部下に育ててもらった

部下への感謝の気持ちを常に持っているのです。

部下の能力・魅力を最大限に発揮することに注力しましょう

繰り返しますが、リーダーの役割は、組織の目標を達成することです。

そのために、部下のそれぞれが持っている能力・魅力を最大限に発揮することが求められます。

その源となるのがモチベーションであり、それを引き上げるためにリーダーは傾聴力を磨き、部下の自主性を尊重することが求められます。

自分目線でなく、部下の目線で考えることも必須です。

それらができれば、部下のモチベーションは高まり、組織の生産性も高まります。

組織目標も達成しやすいのです。

言葉にすると簡単ですが、難易度はとても高いです。

難しいからこそ訓練して習慣化していきましょう。

ぜひとも挑戦して欲しいと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください