ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

半沢直樹が2月23日にクランクイン・・・このタイミングでの続編に納得

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

7年ぶりのクランクイン

昨日、4月に放送されるTBSドラマ「半沢直樹」がクランクインしたそうです。

今朝、スポーツ紙が一斉に報じました。

何と言っても7年ぶりの撮影です。

待ちに待った方も少なくないでしょう。

私もそのひとりです。

以下、デイリースポーツを引用いたします。

2013年に放送され、最終回で平成のドラマ史上最高となる平均視聴率42・2%をはじき出したTBS系ドラマ「半沢直樹」(4月スタート、日曜後9・00)のシーズン2が23日、クランクインした。都心で撮影された最初のシーンに挑み、7年ぶりに半沢として帰還した主演の堺雅人(46)を取材。堺が「取り残されそうで、ちょっと慌てました」と驚いたほどの現場の熱量が、伝説の第二章開幕を印象づけた。

本来なら人けのない週末早朝7時のオフィス街が、50人を超えるエキストラで平日昼間と見まがうほど賑わっていた。大通りを挟んだ信号の向こう側まで人を配置する“半沢流”のスケール感は健在。スーツ姿で待機車から登場した堺がスタッフたちにあいさつしながら現場の中央に移動すると、大きな拍手が起こり、当人が「おおっ!」と驚くような仕草を見せた。

あいさつを求められると、やや気おされたように「が、頑張りましょう!!」と現場を鼓舞。撮影ではさすがの貫禄で半沢の帰還をカメラに焼き付けたが、現場入り直後の戸惑っているような姿が気になっていた。

撮影後のコメントが謎を解いてくれた。東京中央銀行の最強バンカー・半沢直樹が、数々の不正を明らかにしながら悪役たちに“倍返し”を続け、社会現象となった人気作の続編。クランクインの気持ちを聞かれると、堺はこう答えた。

「自分としては『しばらく止まっていた時計がもう一度動き始める』感覚なのかなと思っていました。そんな風に撮影が始まるイメージだったんです。ですが今日、実際に現場に入ってみると、スタッフのみなさんの勢いが『つきすぎている』といっても良いくらい凄かった。取り残されそうで、ちょっと慌てました」

そして「それは何故だろうと考えたんですが…」と続けた。

「前回のシリーズが終わったあとも、福澤監督をはじめみなさんの時計が止まっていなかったんですね、きっと。半沢以降に生まれたどの福澤作品にも、東京中央銀行は出てくる。

その間、監督をはじめとしたスタッフさんの中で“半沢”は生き続けていたんだと思います。むしろ、チームの中で“半沢”は成長すらしていたのかもしれない、そう思わされたクランクインでした」

「半沢-」の原作者・池井戸潤氏の原作で同じスタッフが手がけた「ルーズベルトゲーム」や「下町ロケット」「七つの会議」などのドラマ、映画を経て、堺は“時は止まっていなかった”という実感を持ったという。

「それもあって、今日はただのスタートではなく『既に走っているものに慌てて飛び乗る』というような幕開けでした。初日から、本当に凄い勢いです」

主演すらも気合を入れ直すほどの現場の熱量。早朝撮影とあり、前夜にぐっすり眠ったという堺は「もっと台本を読み返しておいた方がよかったかもしれないと思ってしまうぐらいでした。圧倒されてしまいました」と笑うしかなかった。

休憩中はスタッフとの再会を喜ぶように笑顔の絶えない堺だったが、撮影になると「これぞ半沢」な厳しい表情に一変し、ブランクの影響は感じさせない。“平成最高”が令和でどんな結果を残すのか-。7年の歳月を経て、当たり役をその身に宿した堺は「是非、新しい『半沢直樹』に、ご期待ください!!」とパワーアップを約束した。(デイリースポーツ 2020年2月24日)。

記事には東京中央銀行本店の前に立っている半沢の写真が掲載されていました。

それだけで感動します。

半沢のテーマが頭の中で鳴り響きます。

半沢直樹がこのタイミングで続編がつくられることに運命的なものを感じます

以下は私の勝手な私感です。

半沢直樹は前作が終わってからずっと続編が期待されていました。

しかし、なかなか実現しませんでした。

私は半沢直樹の続編がこのタイミングでつくられることにとても納得しています。

運命的なものすら感じています。

7年前から時代は確実に変わりました(前作が放送されたのは2013年)。

この7年間で私たちの世の中はいい方向に進んでいるでしょうか?

それとも悪い方向に進んでいるでしょうか?

残念ながら、後者を選ぶ方は少なくないと思います。

もしかすると、いい方向に向かっていると胸をはって言える人はとても少ないのかもしれません。

それは一体なぜなのか考えたいと思います。

リーダーがやりたい放題の組織では明るい将来はない

なぜ、私たちの世の中は悪い方向に進んでいるように見えるのでしょうか?

それは理不尽な組織が増えたように見えるからだと思います。

組織の不祥事は後を絶ちません。

その原因は案外単純で、以下の共通点があります。

〇正しいことを正しいと言えない組織。

〇間違っていることを間違っていると言えない組織。

これに尽きます。

そのような組織で働いている方は、心を亡くしていることでしょう。

そういった方が増えているならば、世の中はいい方向に行くはずがないのです。

これは、組織の常識と世の中の常識がずれてしまうことで起きます

特に、リーダーがやりたい放題の組織は、大抵が世間の常識と乖離していきます。

大切なのは、そうしないように苦言を呈する部下や側近がいることですが、多くがリーダーから煙たがれ遠ざけられます。

やりたい放題のリーダーの元にはイエスマンばかりが集まります。

リーダーは裸の王様になります。

イエスマンはリーダーのやることにも自分自身にも誤魔化しに誤魔化しを重ねて、気がついたときには取り返しのつかない状態になっているものなのです。

そのような組織に明るい将来は絶対にありません。

民間・行政を問わず、組織の不祥事について原因を究明するとここに行き着くのです。

どんな組織であっても正しいことは正しい、不自然なことは不自然だと言えなければ

どんな組織であっても正しいことは正しい、不自然なことは不自然だと言えなければいけません。

そして、ひたむきに誠実に働いた者がきちんと評価されるべきです。

それらは当たり前のことなのですが、それができないことが問題なのです。

ですから、敢えて言います。

そういった組織をつくっていくことが私たち一人一人に求められているのです。

半沢直樹に共感するのは、そういった部分でもあります。

この世の中は、誰もが幸せになるために存在します。

懸命に歯を食いしばってがんばっている方々、希望を捨てずに前を向いていきましょう。

もうすぐ半沢に会えます。

「やられたらやり返す。倍返しだ!」

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声