ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

小学生を子供に持つ保護者が休んだ場合、日額8330円を上限に賃金を保証

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

対象期間は2月27日~3月31日まで

新型コロナウィルスによる脅威が身近なものとなりました。

今日から学校がお休みです。

厚生労働省は、子供の休校に伴い、保護者が仕事を休んだ場合に賃金を保障する制度の概要を発表しました。

雇用形態や企業規模にかかわらず、日額8330円を上限に賃金の全額を受け取れるようにするそうです。

ただし、子供が小学生の場合のみに該当するようです。

対象期間は2月27日~3月31日までということです。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

厚生労働省は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための小学校などの休校に伴い、保護者が仕事を休んだ場合に賃金を補償する制度の概要を発表した。雇用形態や企業規模にかかわらず、従業員が日額8330円を上限に賃金の全額を受け取れるよう企業に助成金を支給する。子どもが小学生の場合を基本とし、対象期間は2月27日~3月31日までとする。

小学校、高校までの特別支援学校、学童保育、幼稚園や保育所などが臨時休業し、子どもの世話が必要になった従業員が補償の対象だ。地域の判断で休校しなかった小学校に通う子どもでも、風邪の症状が出て新型コロナに感染した恐れがあり、看病が必要になった保護者の賃金は補償される。中学生と高校生の保護者は対象外とした。

テレワークなどで在宅勤務する場合は対象外。従業員側の判断で通常の年次有給休暇を取得した場合も対象外となる。企業が助成金を受け取り従業員の休業補償に充てるには、年次有給休暇とは別の有給の休暇を取得させる必要がある。

支払った賃金に相当する額を全て国で負担する。ただ、1人当たり1日8330円が上限だ。財源に雇用保険を使うため、失業給付(基本手当)の日額上限とそろえた。労働時間が週20時間未満の短時間労働者は雇用保険に入っていないが、こうしたパート労働者向けの補償は一般会計で賄う。厚労省は補償の対象人数や予算額の見込みについて「精査できていない」としている(日本経済新聞 2020年3月2日)。

命を守るためにも、様々な支援策がでてくることを期待します。

どうか予算をしっかりとつけていただきたいと願っております。

病院に行く方法も最善策が見えてこない

私たちは見たくない現実を見なければいけません。

新型コロナウィルスによる影響はもう日本全国どこでも及んでいると思っています。

昨日は静岡市でも感染された方がいたことを述べました。

その方のまわりの方々もとても心配です。

もし症状が出ているのにも関わらず、自宅待機が続く方がいるとすれば本当につらいことです。

もちろん、私も人ごとではなく、いつどこで感染してもおかしくない状況であると認識しています。

一刻も早く、早急に病院で治療が受けられるように環境を整えて欲しいです。
(まだそのようなことが想定されていないようですが)

せめて病院に行く際には、どうすれば感染拡大を防ぎながら行けるのか、最善策を教えて欲しいです。

マスクがあればいいのでしょうか?

マスクがない場合はどうすればいいのでしょうか?

悩まれる方も多いと思います。

交通手段1つ取っても難しい問題です。

タクシーやバス等の公共交通機関はまわりの方への迷惑を考えて控えたいです。

かといって、自分で車を運転して行っていいものでしょうか?

病院について、どのような装備で行ったらいいのでしょうか?

私たちは各地でこのような問題にすぐ直面すると思います。

ワクチンも最新情報が気になるところですが、迅速な情報開示をお願いしたいと思います。

経済活動も心配ですが、大切なのは人の命

仕事面でも影響が出ている方が増えています。

中小企業のみなさんは、早めに緊急保証制度等の資金繰り支援策を受けて、この脅威を乗り切れるようにしていきましょう。

このままいけば、経済面ではリーマンショック以上の影響があるかもしれません。

そうだとしても、私たちは大切なものの優先順位を崩してはいけません。

その筆頭は、人の命です。

企業で働く方々はどんな立場であっても決して無理をしてはなりません。

実際に体調が不調で「休みたくても休めないんだ」という方もいることも理解しています。

でも大切なのは命です。

これは揺るぎません。

休んでも必ずリカバリーできます。

私は1人の例外もなく、命が大切に扱われるべきだと強く思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声