ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

4月に予定していた中国の習近平国家主席の来日が当面延期に

  1. スポーツ

今は両国がお互いに安全になることを最優先すべき

日本政府は4月に予定していた中国の習近平国家主席の来日を当面延期すると発表しました。

菅義偉官房長官が5日午後の記者会見で発表し、「新型コロナウイルスの拡大防止を最優先する必要がある」と述べました。

以下、日本経済新聞の記事を引用いたします。

日本政府は5日、4月に予定していた中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓としての来日を当面延期すると正式に発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、準備を円滑に進められないと判断した。感染症の収束状況や両国の政治、外交日程を見極めて時期を再調整する。7~9月の東京五輪・パラリンピック後の秋以降が有力との見方がある。

菅義偉官房長官が5日午後の記者会見で発表した。「新型コロナウイルスの拡大防止を最優先する必要がある」と述べた。

中国外務省の趙立堅副報道局長も「最も適した時期に、環境と雰囲気が整った上で実施し、円満に成功を収めなくてはいけない」と話した。

習氏の国賓来日は2019年6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)にあわせて実施した首脳会談で安倍晋三首相が要請した。20年の「桜の咲く頃」に招くと確認し、4月上旬を念頭に日程を調整してきた。

日中両国は国内の感染症対応に追われている。日本政府は2日から全国の小中高校に一斉に休校するよう要請した。中国は5日に開幕する予定だった全国人民代表大会(国会に相当)を延期した。訪日時に成果を打ち出すための事務レベルの準備協議も滞っていた(日本経済新聞 2020年3月5日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

私はまずは良かったと思います。

このまま強行したらさらに被害が拡大したことでしょう。

今は両国がお互いに安全になることを最優先すべきです。

中国と韓国からの入国者の制限に・・・ようやく動き出した

習近平国家主席の来日が延期になったことで国もようやく動くことができそうです。

政府は中国と韓国の入国者全員に医療施設等で停留か2週間隔離した上で入国許可を出す方向で調整に入ったそうです。

以下、読売新聞の記事を引用いたします。

政府は5日、新型コロナウイルスの感染防止策として、中国と韓国からの入国者全員について、検疫法に基づき、医療施設などで停留するか、政府指定の施設で2週間隔離したうえで入国許可を出す方向で調整に入った。中国と韓国に発行済みの査証(ビザ)は効力を停止し、観光客の来日自粛を要請する(読売新聞 2020年3月5日)。

なぜもっと早く決断できなかったのかと誰もが感じることでしょう。

時間を取り戻すことはできません。

この責任は大きいですが、実施しないよりは余程いいです。

効果はあることでしょう。

少しでもいい方向に向かうことを願います。

東京オリンピックにも少しだけ光が。最終判断の時期を明確にするべきでは?

上記の政府の判断によって、東京オリンピック開催の可能性が少し広がりました。

少しと言ったのは、日本では新型コロナウィルスの感染が収束しているようには見えないからです。

開会式は7月24日です。

海外からくる選手や観客が安心して来日できるようにしなければなりません。

中には、早くから日本に来て身体を慣らす選手もいることでしょう。

最終判断の時期は、IOCの委員が示した5月下旬(公式見解ではないそうですが)が妥当なのでしょうか?

我が国のオリンピック組織委員会も最終判断の時期を設けるべきだと思います。

それまでに終息宣言が出なければオリンピックは延期するとするべきだと思います。

選手の気持ちを考えれば、早めの決断の方がいいと思います。

寸前までわからない状況の方が不安になるでしょう。

敢えて申し上げますが、「延期を考えていない」という中で準備を進めることの方がリスクがあると思います。

延期の可能性がゼロとは言えないからです。

「神様ではないからわからない」というのは通用しないと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声