ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

新型コロナウィルスによる緊急対応策・・・中小企業への融資も大切ですが

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

イベント自粛はこの1~2週間から10日程度延長

安倍首相は、2月26日から続いていた全国の大規模なイベント自粛を10日程度継続するよう要請しました。

第2弾の緊急対応策もまとめられました。

中小企業を対象に日本政策金融公庫等を通じて無利子、無担保で融資する5000億円規模の新しい制度を設けるようです。

これは、新型コロナウィルスによって売上高が5%減少する中小企業が対象です。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

政府は10日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、第2弾の緊急対応策を決めた。安倍晋三首相は全国の大規模なイベント自粛を10日程度継続するよう要請した。約4300億円を支出し、信用収縮防止のために1.6兆円の金融支援をする。小中高校の臨時休校で保護者が仕事を休業した際の費用を補填する助成金をつくる。

10日まとめた緊急対応策は2月13日に発表した措置に続く第2弾となる。対策は2019年度予算の予備費約2700億円を活用する。

日本政策金融公庫などを通じ、中小企業を対象に実質無利子、無担保で融資する5千億円規模の新制度を設ける。新型コロナの影響で売上高が約5%減少するなど打撃を受けた事業者が対象となる。

首相は2月26日、全国規模のイベント開催について2週間の自粛を求めた。

3月10日の対策本部では「政府の専門家会議の判断が示される間、今後おおむね10日間程度はこれまでの取り組みを継続いただくように協力をお願い申し上げる」と改めて呼びかけた。19日ごろをめどにこれまでの政策の効果についての専門家会議の判断が示されるとの見通しも示した。

「爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度持ちこたえているものの、依然として警戒を緩めることはできない」と指摘した。「引き続き国内の急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期だ」と理解を求めた(日本経済新聞 2020年3月10日)。

融資も大切ですが、もうひとつ大切な施策を提言したいと思います。

最も効果があるのは減税です

海の向こうのアメリカではトランプ大統領が近々減税措置を含めた大規模な経済対策を発表するそうです。

景気が過熱したら増税、冷え込んだら減税というセオリーを実践するトランプ大統領はさすがだと思います。

今、我が国に求められている最も効果的な経済政策は「減税」です。

同時に我が国では、残念ながら最も実現可能性が低いものでもあります。

しかし、やるべきです。

目先のことではなく、中長期的に経済を考えるべきです。

具体的には次のふたつです。

○消費税の廃止(せめて5%に)
○社会保険を半額以下にする(期間限定でも)

消費税については先日述べましたので、今日は社会保険の半額の効果について述べたいと思います。

働いている方の負担と会社負担の両方からなる

社会保険は正しくは税金とは言いませんが、多くの方が同じ意味で考えています。

働いている方々の負担と、会社の負担の両方からなります。

それが半額になったとしたら、ふたつのすごいことが起こります。

社会保険の額が半分以下になったら働いている方々の可処分所得は相当増えます。

企業も毎月のキャッシュアウトの負担が相当減ります。

なお、社会保険料の会社負担割合は給与のおよそ15%~16%です。

ものすごい額です。

社会保険の減額の効果は計り知れません。

経済を立て直すことはできるでしょう。

国民のために社会保険を使いませんか?

こんなことは言いたくありませんが、日銀が株価の買い支えをしています。

この1週間も相当な額が使用されています。

その原資は私たちの社会保険です。

今後、株の買い支え原資を確保するために社会保険料が増えたとしたら?

賃金が高まっていなければ、可処分所得は減ります。

それは明らかに間違っています。

社会保険料が増えることは、働いている人にとっても企業にとっても、実質増税です(税ではありませんが)。

実際に私たちの実質賃金は下がっています。

これは2018年と2019年を比べても明らかです。

また、多くの国民にとって株価は「関係ない世界」です。

株価がどんなに良かったとしても恩恵を受けないからです。

社会保険が直接的に国民のためになるように、今こそ減額をお願いしたいと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください