ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

間髪入れず、一気呵成に、これまでにない発想で、思い切った・・・

  1. 人と会社・企業

間髪入れず、一気呵成に、これまでにない発想で、思い切った・・・

安倍首相が14日に記者会見を行いました。

新型コロナウィルスへの対応について、感染拡大防止と経済財政政策を間髪入れず講じると述べました。

オリンピックについては予定通り開催したいという意向を示しました。

安倍晋三首相は14日夜、新型コロナウイルスへの対応を巡り記者会見に臨んだ。感染拡大防止に力を注ぐと同時に「機動的に必要かつ十分な経済財政政策を間髪入れずに講じる」と述べ、大型の経済対策の編成に意欲を示した。

世界の株式市場の動揺に触れ「世界経済のさらなる落ち込みも懸念される」と指摘。「感染拡大防止の後には日本経済を確かな成長軌道に戻すため、一気呵成(かせい)にこれまでにない発想で思い切った措置を講じる」とし、政府・与党で具体策を詰める方針を示した。

主要7カ国(G7)や20カ国・地域(G20)首脳などの枠組みを活用し「経済政策を含め国際社会の結束した対応をリードしていく」と訴えた。

中止・延期論が出ている7月24日開幕予定の東京五輪は「感染拡大を乗り越えて、無事予定通り開催したい」と強調した。「国際オリンピック委員会(IOC)を含め関係者と緊密に連携することに変わりはない」と語った。26日に福島で国内聖火リレーに「立ち会いたい」と意欲を示した。

新型コロナを対象に加え13日に成立した改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言は「国内の感染状況を踏まえれば、現時点で出す状況ではない」と指摘した。同時に「国民の命と健康を守るために必要であれば、手続きにのっとって法律上の措置を実行する」と話した。

ウイルス検査態勢については、3月中に1日8000件を実施できるように増強する方針を明らかにした。治療薬の開発に関し「米国や欧州、世界保健機関(WHO)を含め世界の英知を結集することで一気に加速させたい」と意欲を示した(日本経済新聞 2020年3月15日)。

みなさんはどのような感想を持たれましたか?

私も感想を述べたいと思います。

「間髪入れず、一気呵成に、これまでにない発想で、思い切った」等の言葉が目立った印象です。

刻一刻と事態は変化しています。

本当にその通りに実施して欲しいと願うばかりです。

一方で、具体性に欠ける印象も持ちました。

これまでにない発想で・・・大型減税をお願いします

アメリカは景気が悪化するとすぐに減税を実施します。

まさに「間髪入れず」といった感じですが、これがすごいところです。

我が国ができないことでもあります。

減税は我が国にとって「これまでにない発想」となるかもしれません。

そもそも、景気が過熱したら増税、冷え込んだら減税というのは、経済学の「いろはのい」なのですが・・・。

我が国は景気が悪化した上で増税をしてしまいました。

その結果がGDPに現れています。

これを改善する意味でも「間髪入れず、一気呵成に、これまでにない発想で、思い切った」減税策をお願いします。

株価は大きく下がることでしょう・・・もう無駄遣いはやめて

株価はまだまだ下がることでしょう。

こういう時にユニークな手法に頼っていた我が国は打つ手がなくなるのです。

それは、日本銀行がETFを実施してきたことです。

これはある意味、「これまでにない発想」だったと思います。

しかし、問題は中央銀行が恒常的に市場介入するという点です。

1日に1,000億を超える資金が日銀から市場に投入されることもあります。

日銀の黒田総裁によると、その損益分岐点は日経平均株価で19,500円と言うことも明らかになりました。

現状の株価では含み損が発生しているのです。

株価に関しては「引くに引けない状況」になってしまっているかもしれません。

しかし、今こそこのやり方をやめるべきです。

東京オリンピックは精神論で進めようとしてはいけない

東京オリンピックについて今の段階で大変気になるのは、コンティンジェンシー・プラン(不測事態対応計画)が全く考えられていない点です。

政府や東京都、組織委員会からは「7月24日に開催する」「開催したい」「延期は考えられない」といった言葉が目立つだけで、本当に安心してオリンピックを開催するにはどうしたらいいかが論じられていないような気がするのです。

「根性論」で新型コロナウィルスがやっつけられるならば苦労しません。

このまま進めばやばい状況になるとわかっているのに、敢えてそれを考えず、目をつぶって突撃しているような印象すら持ちます。

これが日本人の問題点ではないでしょうか?

本当に選手のことを考えているとは思えません。

現場で働く人たちも疲弊してしまうことでしょう。

私はある期限までに終息宣言が出せなければ延期にするべきだと思います。

その期限を示す必要があると思います。

様々な人の思いがありますが、いちばん大切なのは人の命です。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください